豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みなさま、こんにちは。
13番地の魔女の家、京都アグ二のカネコモトミです。

タイトルにあるように、ココロ満タンに元気に過ごされていますか。

先週はサイトの写真撮影に、近所の神社の森の中で撮影してきました。ショールを手に、あちらにひらり、こちらにひらりと。

最初はバカバカしいというか、恥ずかしいというか、複雑な気持ちだったんですけど、体を動かしているうちに、だんだんと楽しくなってきました。

心がついていかないときって、体を動かすと変わりやすいですね。形を作っていくと、それに合わせて意識が入っていきます。儀式もそうですね。

感情を司どるのは月です。

月は日に日に形を変えていように、感情も刻々と変化します。だから、こう思わなくちゃいけない、こんな感情を抱く自分はきらいなんて、思わなくていいんですよ。

むしろ、そう思うのが当たり前。

ずーっと、同じ気持ちでいるほうが不自然だし、美容にも健康にも悪い。大切なのは、いつまでも引きずらない、掘り下げないことです。

だって、またすぐ変わるんです。

目にしたものに、またすぐココロ動かされてしまうんですよ、私たちは。だから、そのときに抱いた感情にはどっぷりつかりましょう。

こうしたほうが運気の波の、うねりを強くすることができます。それにね、オーラも輝くんですって。悲しいときは、悲しみをたっぷり味わう。怒りのときは、怒りの中に自分を置くと。

大人の女性らしくと、無理に自分を立て直そうとしたりしないで、泣くなり、怒るなり、妬むならとことん怖ろしい女になってみましょうよ。

そのときの感情に浸かりきったほうが、抜け出すのも早いですから。

マイナス感情を抱き続けても自分は今、こういう気持ちでいるんだ、と確認して自分で自分の母になってあげるんです。

あー、よしよしと。

月が満たされている星を持っている人は、幼少期にそういう体験を必ずしてるし、結婚していなくても、母になっていなくても、その体験を持つ人は、人にしてあげられるんです

気負いなく自然に。

よしよししてもらえなかった人は、自分でしてあげましょうね。

私も、そうやって、人と一緒に泣けるようになりました。甘えたり、自分を出せるようになりました。

前向き、後ろ向きのどちらであろうが、いつも心満タンでいればいいのです。

ノリついでに、魔女風に。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。