豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

40代にしておきたい21のリスト その4は 

 愛されている思い込み


私は、女性は秋に歳をとると思っています。夏の暑さで心も体も鈍感になる季節が過ぎて、ひと息つける涼しさを感じる頃、内にも外にも深く向き合える準備が整いはじめます。

そんな頃、鏡を見てギョッとしたことありませんか?
ここに、こんなシミはなかったはず、このたるみは、急に空気が乾い今だけのもの、えっ、私の目は体はこんなにもと、驚愕するような現実が次々と襲いかかってきますね。

追い打ちをかけるように、これまで感じなかった体の痛みなどもリアルに忍び寄ってきます。こういったとき、私は、もう愛される価値のない女かもしれないと、見た目だけのことなんですけど大抵の女性は、ガックリとうなだれてしまうでしょう。

今の夫や恋人を逃してなるものかと。

でも、幸せなライフスタイルを送られている大人の女性は、こういったとき、やたらめったと奮起したりはしないんです。それなりのお手入れはほどこされるんですけど「あー  まっ、しゃぁないな」と、大阪おばちゃん的。

このゆるさ加減を保てるのは、それでも私は愛されている という思い込みなんですね。

この思い込み、あなたにありますか。


これは、恋人やパートナーという存在がいなくても、ご両親との関係があまり良好なものでなくても、信頼できる友人がいなくても、言葉を交わすのがコンビニの店員さんしかいない毎日でも
それでも持てますか、という思い込みです。


なんてさびしいと思うあなた
そんなあなたは、まだまだ青いです。若いです。
現実は、見る人の数だけあり
事実も正義も人の数だけあるのです。

何人かで同じシーンを見ても、抱く感想が違った経験をしたことはあるでしょう。ならば
自分に都合のいい思い込みをしたほうが絶対幸せだし、その人が放つ幸せな気持ちがキラキラ感を放ち明日へとつながるのです

昨日、私は近所の森へ散策に行きました。

陽がさしてきて、私が歩くのと同じ速度で太陽もついてきます。木々に隠れて、また太陽が顔をだして、また隠れて。このとき、なぜか私、めちゃくちゃ愛されている、と感じてしまって涙があふれてきたんですね。

現実には、おばちゃんがひとりで森を散歩して、風邪でもひいてんのか鼻ズーズーいわしてんなぁ、となるわけですが

私の現実は、太陽が伴走してくれている。これまで生きてきた、今日までずっと一日も欠かさずに、それを知らそうともしないで。そっと静かに毎日見守ってきてくれたんだと、もう愛と感謝の嵐です。

当然、夜を管轄してくれている月にも感謝を捧げましたです。

この愛されているという思い込みの力は、あなたの人生どころかこれまでの価値観をすべてひっくり返してくれほどとてもパワフル。
ぜひ、試してみてください。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。