豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

40代にしておきたい21のリスト その9は

 年下に恋をする


もう恋なんて、という方、すでにパートナーや恋人がおられても、年下の男性からお金のからんでいないシーンで、好きです、と言われたらどんな気持ちがするでしょうか。

想像してみてください。
パンと張ったハリのあるお肌、カサついていない唇でそう言われたら。

お世辞だと疑いつつも、好みのタイプでなくても、誰だって女性ホルモンが体中から、一気に噴き出してしまいますよね。この一瞬の至福感を、お金に換算するとしたら一体いくらになるんでしょう。

なんて、あさましい発想ですが、これはお金以上の素晴らしい効果があると思うのです。そしてこの効果を、自分の魅力で言わせることができたなら。


40代ともなれば、若い子にはない、豊富な経験と知識を持っていますね。それがこの年齢にしか出せない可愛さや若々しさと変えられるのか、それとも傲慢さ老化として現れるのかが、くっきりと分かれるところでございますね。

どちらか片方にメーターがふりきってしまわないよう、年下に恋をしましょう、というご提案です。

恋ですから、片思いでも十分心のハリを作ってくれます。恋にまったく興味ないと言う同年代の女性に比べたら、片思いしているだけでも十分に若々しさがかもしだされると思います。

けれど、ここで少し欲張ってみませんか。
自分より年上や同年代に好かれるのは、そこそこの魅力を保っていれば、まぁアリでしょう。それが年下、歳をひとつふたつ、みっつ、はてまたいつつ、むっつと下がるほど何が必要になってくるかわかりますか。

年下男性から見た、大人の女性としての最大の魅力は、そう母性なのでした。

実は我が家では、前夫の仕事つながりと、長男の仕事の関係と、次男の交友関係で多種多様な
20代から30代前半の男子が出入りします。

私からすれば、どの子を見ても息子感覚しかないのですが、その男子たち、どんな愛に飢えているかと申しますと母性なんですね。自分を愛し、育ててくれる母性。

今のママは、みな若くてとてもキレイ。そして若くてキレイなママほど、息子の恋人になりたがるんです。その若くてキレイなママに育てられた息子たちは、成人しても母性を求めてしまうんですね。


でもその母性も、世話焼きかあちゃん母性は対象外みたいで、洗練された美しい母性を求めているのです。好き嫌いだけの薄っぺらさに上に乗っかって、駆け引きを楽しむ面倒なことを望んではいなくて、母性という広く深い不変の愛の土台の上で
恋人として甘えたいし、自分にも甘えてほしい。
そして、これまで鑑定したお客さまからの星の特徴と合わせると、海王星という境界線を溶かしてしまう天体が関わると、ひとまわり近く年下でも、恋人として付き合うのは大アリで、結婚しちゃう例もいくつかみてまいりました。


一番多かった事例は、7~8歳差でした。
どの方も、女性のほうは戸惑いまくりでしたが、うんとお若い年下の男性のほうが動じていないというか、まったく悩んでいないのが特徴的でしたね。

ここまで進行させなくても、一瞬、身も心もキュンとリフトアップ効果大のホルモン効果を求めてみる、そんな大人の女性を楽しんでみてはどうでしょうか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。