豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。


今日は少しシビアなお話しです。
深いのは苦手とい方は、本文すっ飛ばして応援クリックだけ押してくださいね。笑


私たちは生れてくる日を自ら選んで、この地上に降りてくると言われています。この所以は、私たち人間は、他の動物とは違って自由意志を持っているからです。選択できるのです。


変えられないのは宿命
変えられるのは運命
これも自由意志で選択できることを指していますし、日本という恵まれた国に生まれ住んでいる私たち全員は、強運ともいえますね。


そんな中で生活し生きている中で、なくならない欲望というものがあります。このブログでは、私のこれまでの経験と仕事を通じて知りえたことをお話しし、占星術を実践的に使ってあなたの欲望を叶えていきましょう、というのが目的です。


占星術では、生年月日から出生図を作り運勢の流れやタイミングをみていきますが、進行法という手法を使うと一年ごとの自分を知ることができます。

ひとつのサインが30度。もし、太陽が○○座の1度とすれば、30歳のときに次のサインの1度を生きていくのです。

この度数、ひとつひとつに詩的な表現があり、それがサビアンシンボルというものですが、こちらからもおおよその予測を立てることができます。もちろん、他の天体との絡みもありますが。


私は、これまでに8000人以上の方を、鑑定させていただきましたが、ほぼ星の促す通り。私自身もそうですし、執拗にいろんなことを聞き出せる友人や家族なども検証してみましたが、ほぼ出生図に示された通りに生きています。

太陽を人生そのものとし、90年生きるとして体験できるサインは、3つか4つ。出生図と進行図に示されていないことは、現実に起こりにくいのです。

速度の速い進行の月は、人生をおよそ90年弱とした場合、12サインを3週ほどできますがそれは感情体験でしかありません。こういう経験をしたい、こんなふうな心の受け止め方をする、といったような。

さまざまな引き金を引かせてはくれますが、連動させる天体が出生図と進行図に示されており、時流のタイミングが合い、当人がそれまでに目的に沿った土を耕し、芽を植えていないと現実化させることはむずかしいのです。

出生図の配置が人生(土台)の骨組みとすれば、そこにどんな建材を持ってきて、どのような間取りで自分の家を完成させるか。

人生とは、建築技法や建材を好きなように選べるだけ、と思うのか、限られた中で選ぶ楽しさを生きる喜びとするのか、そこで個々のスタイル、人生の質の違いがでてくるところですね。
ここのところ、よく知ってしいのですけど、欲望という名ではあれ、あなたが今生で手に入れたい建材なのか、それともただ快楽から欲しがっているだけなのか。


快楽からのものは、次々と形を変えてくるので、自分の中でいつまでたっても芽としてまとまらず、発芽させていくことはむずかしいです。

また、渇望すること、手に入らない経験が、あなたの求める欲望のひとつの形ということもあります。


私の話でいうと、本当のところ欲しいものは、すでに手に入れました。もういいかな、とも思ってはいます。今の状態で十分満足だし、お金が足りなくなれば、何をしてでも働けばいい。日本なら何しても生きていけるだろうなとも思っています。


基準が低いと言われればそれまでですけど、自分のこれからの運気をみたときに、もう若くはないこれから、どこまでやれるか、自分を試したい欲望にとりつかれてしまいました。


死ぬまでにまだ遊べるな  そんな気持ちです。

今からまだ先5年後、10年後になると思いますけど、お付き合いくださる方はタイムリーに、
そうでない方はこのブログと私の存在、覚えていらしたらその時に検索してくださいね。

 

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
応援クリックお願いします

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。