豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

おんなの道シリーズ 
私のごく身近におられる方、鑑定を通して知ったお客さまの中から許可をいただいた方の人生ストーリーを出生図の星を交えながら書いていく第三弾です。

40代にしておきたい21のリストその20に登場した彼女です。親近者から、このブログの餌食になってもらいます。

40代にしておきたい21のリスト その20 年下の友人を持つ 私のバトラー


彼女との出会いは、10年以上前です。
彼女は、画像にあるように、そうダイナマイトボディ。

40代リストの画像とは実は大きく違いますの。嘘ついてごめんなさい。むっちりムチムチ、そばいるとつい、むんず胸をつかみたくなるほどの豊かなバストの持ち主です。

今は健康上の理由からダイエットに励み、成果が着実にでていますけど、それでもまだダイナマイト級。日本人男性は、巨乳好き多いですから、横にいたらきっと触りたくなるでしょうね。


さそり座といて座に星が集中していて、好きになったらとことん愛する一途さ、いて座の大らかさがうまい具合にミックスされて愛情深くいつも明るく元気なタイプです。

出会った頃は、彼女は、正直いってパッとしない子でした。
どうしてそうするのかな ?
と思うようなところがあって、私なりにいろいろ気になるところはあったんですけど、お節介オバサンするわけにもいかず傍観していたんです。

いて座のマイナス面が、人生をあまりいい方向へと運んでいないように思えました。

なぜか私のことを好いてくれて、近寄りもせず離れることもなく時々会う関係でしたが、徐々に彼女が変化しだしたのは今の彼と出会ってからでした。

さそり座は
愛する人ができると変わりますね。
命が吹き込まれるような、そんな感じ。

最初の頃は、ドタバタと七転八倒してましたが、交際年月を重ねてお互いの距離、立ち位置が決まるとメキメキとキレイになって賢い大人の女性になっていくではありませんか。ビフォー アフターの写真を、撮っておけばよかったと思うくらい。

お互い子供がいての大人の交際
それも良かったんでしょうね。


自分の子供を育てながら、相手の子供の面倒も見ながら。同居も入籍もしてはいませんが、父と母の役割も担うようになっていきました。

彼女は愛情深いので、自分の子と彼の子をわけ隔てなく世話をし今では、彼の子供の子供、祖母としての役割まで担っています。それも、れしい笑顔で。

細かなことは一切考えない
これ大事ですね。

もし、彼女が細かいことを気にとめ、いつまでも引きずるタイプだったらあのダイナマイトボディにもなってませんが、きっとこれほど長く交際は続かなかったでしょうし、ケンカばかりして破局を迎えていたかもしれません。

大人になってからの交際は、付随してくるものがいろいろとありますからね。お互いが過去をそっくり引き受ける度量がないと続いていかないのですよ。

度量ある彼女と付き合う彼ですから
当然、彼にも度量があります。

いて座は精神性を重視しますから、彼は尊敬に値すほどの懐深い人。荒々しいやんちゃタイプの彼ですが、そんな彼を数年間の間に手なづけてしまった彼女。

彼女はめちゃめちゃ甘え上手。
そして、自覚はしていないけど、めちゃめちゃ尽くしています。

ドSの彼にドМで応え文句は言っても、彼に言われたこと、頼まれたこと、すべてに対応します。

彼女いわく「動けるデブ

まぁ走る走る、おそろしいほど機敏。
彼女を見ていて思うのは、こんなふうに尽くされ愛されたら男性は皆、出世できるだろうな と。

10万しか稼げない人でも、こんなふうに信じて甘えられたら100万稼ぎたくなるはず。実際、彼はとても稼げる人ですが、長い交際期間の間には、決して順調でない辛い時期がありました。

精神的に病みそうになったときも、あったようでしたが、彼女はそんなときも彼を信じて、今と同じように愛し尽くして、笑い、ただただ甘えていた。

 

これ、できます?

夫や長く一緒いる恋人に
つい説教したくなりません?
10年も一緒にいたら否定したりしません?
ウンチク垂れたくなるでしょう。

彼女、ないんですよ。
私にだって、未だありません。

私のことも、ただただ好き
そんな空気しか伝わってこないのです。

今後も入籍の予定はないけれど、一生面倒を見る、俺のそばにいとけ と言わせる乳、じゃなかった彼女。去年は外車を買ってもらい、今度は、新築のお家ですって。

私には逆立ちしてもできない尽くしっぷりを、嬉々としてやっている彼女をひそかに尊敬しているのでした。
  にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
ランキング参加しています。
応援クリックお願いします


 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。