豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

好き好き大好きたまらん好き

あなたは今、大好き!と言えるものありますか。
このアイキャッチ画像、たぶんこの子は歩くのが楽しくて仕方ない頃なんでしょう。
好き、好き、歩きたい、立っち、立っちと
弾ける表情がすへでを物語ってますね。

これ、大人の女性ほど絶対に必要です。
大好きで、もう楽しくて仕方のないこと。
特に、まだ恋人やパートナーがいない方は、絶対に必要です。

なぜなら、自分の住む世界の中で、たまらんくらい好きなものがない人は、容姿がどれほど美しくても、何の魅力もないように見えてしまうからです。
生活臭しかない、それは悲しすぎる。


それに、今はキレイで普通
キレイで当たり前の世の中になってきました。

そんな中で、未来の恋人、パートナーに見つけてもらおうと思ったら、好き好き大好き、それもたまらんくらい好きな気持ちを持っていないと、光らないし見つけてもらえませんから。

簡単にいうと、自分の世界を持つているかどうかなんですけど、この好き渡合が高いほど、間違いなく個性は光ります。

だって、そんなに楽しいものって何なのか、どれどれと見て見たいと興味が湧くでしょう。同じ視点に立って、見てみたいとなるでしょう。

今で例えたら、魚くん。
魚に対する好き度が半端なくて、魚に興味ない人も話しを聞いてしまいますね。好き好きがずーっっと続いて、ここまで来ちゃった。
そう、半端なく好きな気持ちを持っていると、人に魔法をかけられるのです。

これ、大人の女性は、たいてい中途半端にやっちゃってますね。

好き好きと言うのが恥ずかしいのか、熱が伝わってこない。
この熱はエネルギーですから、静かな熱じゃ自分も相手も動きませんよ。

この人アホかいな

好きさが高じて、そこまで思われてやっと、人より少し光り出す程度ですから。
自分にも人にも魔法をかけてしまうくらい、魚くんを見習って好き好き濃度を濃くしていきましょう。

 

その愛してるはニーズじゃないの?

 

そしてもうひとつの確実にモテる、愛してるの感覚

愛してると思っているもの、それはニーズで成り立っていないか、よくよく観察する必要があります。


ニーズなんかじゃない!、と言い切れるあなた。
それは、まだ半分しか手に入っていない状態だからでは。
もしかして、愛するべき存在、と自分が決めているのかもしれない。

愛する対象が何であれ、何をしようが、自分に対してどういうことをしてこようが、ずっとこちらの愛する気持ちが不変でいられることが愛だと思うのです。

ここには当然、何の期待もありません。
ただ在る、在ってくれる、もうそれだけで私が幸せになれる。
泣けてくるくらい幸せ。

そんな気持ちを持てる、愛する存在、対象がありますか。

 

私の場合は、この域に達しているのは私の子供たち。

残念ながらまだ夫はこの域には至っていません。
もちろん好きだし愛しているけど、まだ途上中。
これからそうなっていくのかもしれないし、ならないかもしれない。

一緒に生きるようになって10年や20年ほどで、逆に恋人や夫をただ在るだけで愛する存在です、と言える人の愛の感覚って少し謎。これは一生かけて、なるものだと思ってます。

占星術からみても、パートナーをみるポイントは、昔むかしそのむかし、敵国を見るポイントだったのです。
相手の出方を見て自分の出方を決める
相手を観察しながら自分を知る

要は、自分を知る鏡
真っ向、対立の位置にありますから、当然ニーズの要素が占めていきますね。そのニーズが何も満たせない状態に相手がなったとき、その時にはじめて愛の質が問われるんじゃないでしょうか。

心が弾けてしまうほどの大好きの感覚
ただ在るだけで涙が出るほど愛しさがこみあげてくる、このふたつの感覚

誰の中にもある、金星と月、女性性と母性ですね。
このふたつを持てる女性や男性なら、確実にモテますよ、男女問わず。

時にはマリアになり、時にはヴィーナスって、そりゃぁ無敵でしょう。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
占星術だいすき!
ワンクリックお願いします

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。