豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

いやほんと、何もしない50代美容法


自分では気づかない、何もしてない、それこそが才能で強味なんですって

いやほんと、美肌対策なんて何もしてないんですけどね。

湯シャンからの続きで、思い出しましたことがあるので書いてみます。

風呂上りに、自分で作り続けているクリームを7年近く塗ってます。ここで、手作りクリームにびっくりされた方、いやほんとカンタン。1分で作れますから。

名付けて ピカピカ美女クリーム
材料
スイートアーモンドオイル 60ミリ
みつろう7グラム
シアバター 大匙 3

全部を小鍋に入れて、みつろう解けたら完成。仕上げにお好きな精油を20滴。これだけ。これをアームウォーマーで優雅にちんたらとやってたんですが、小鍋でやったほうが断然早い。

これを顔にくちびる、毛先に踵にと、ひとつでまかなってます。友人や家族に好評で、これもまた手土産にしたりプレゼントにしたり。アトピー肌にもOK。

ピカピカ美女クリームの材料を、全部オーガニックで揃えても千円くらい。友人が某化粧品会社の研究開発所に勤めていたのですが、原価は10分の1以下ですってよ。

どう

ちょっと奥さん。びっくりするでしょう。コスメ価格って、一体何なんでしょうね。ピカピカ美女クリームは、本当に好評なので、一度試してみてくださいね。

 

50代から美容で絶対に不可欠なもの


年齢を重ねるほどに、美しさに欠かせないのは、やっぱりツヤです。

髪とお肌にツヤがあれば、他の難を隠し、絶対に美しく見えます。

若い子で、ハリのあるお肌をしていても、ツヤのない子多いでしょう。あれは、とても勿体ない。

誰だか忘れたけど、美容家の方もおっしゃってました。皮脂のテカりは油紙で吸ったりせず、指でなじませてツヤに変えてくださいと。

私も、そう思います。

50歳過ぎたら、真夏でも脂ギッシュにはなりませんから。ツヤがあれば、シミやしわ、たるみへ向かう相手の目線を外せますし、ファンデ塗るならマットはやめて今日からリキッドにしましょう。

ついでに髪もツヤ髪で。

ケミカルなヘアケア用品やお染めを長く続けていると、枯れたほうきみたいになるので、そろそろ卒業しましょうね。面倒くさいけど、ヘナカラーはおすすめです。

 

飢餓状態がツヤをつくる


何もしない時間は必要です。

ン万円だして買ったコスメやケア用品。使いはじめたときに、その効果にビックリすることあるでしょう。毎日、鏡をみるのが楽しくなるくらいに。

でも一か月過ぎ、二か月過ぎ、その効果が日常、あたり前になってきた頃、その美を手に入れるためのお金を無性に惜しくなってきた頃に思いませんか。

これってホンマに効果あんの
なんか、しなくてもそう変わらんのちゃう と。

こう感じた頃に、断捨離するんです。
お肌の、髪の。
もう何もつけない。

お肌が粉ふこうか、笑って干ばつ状態のひび割れがいこうが、何もつけずにジッと我慢します。

冬や春だと乾燥しすぎて、髪が逆立つくらいの静電気もおきますよ。でも我慢、何も塗らない。

そうしてるとね、人間の体とはよくできているもので、体内からの分泌物がセッセと出だすんですね。緊急事態発令されているからコスメによって怠けていた細胞が、自力で何とかしようとするんです。

美女治癒力が最大限に発揮される瞬間です。

その頃に、化粧水たっぷり与えてピカピカ美女クリームを塗ると、するとどうでしょう

光輝く、美女になれるのです!
もうおデコから発光してるし。(思い込み大事)

本当に何もしてないし。

京都アグニ

2016/8 52歳と半分

京都アグニ

メイクは、京のすっぴんBBクリームとアイライナーとマスカラだけ。
リップにもピカピカクリームを。

 

宇宙エネルギーで人生もピカピカに
こちらもよろしくお願いします

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
にほんブログ村

 

50代必読 美肌をつくる美容法 手アイロンの威力

 

50代美肌美容法 手アイロンの次は大豆クリーム シルクのような美肌に

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

    • S
    • 2017年 1月 14日

    女性誌を見ると、アンチエイジングとか、やたらと並んでおりますが、二十代の美しさが最高のもの、としているような気がして、全く響いてきませんでした。二十代目指しても絶対無理だし(笑)
    そして私自身、老化をあんまり気にしたことがないまま四十路を迎えました。使っている基礎化粧品は一つだけ、しかもかなりお安いものですし、ファンデーションも10年以上使い続けてます。元美さんの考察、とても納得です。
    そして、とはいえ振り返ると確かに元美さんの節目は何やら人生の出来事があり、見た目にも変化が出てきたような気がします。何歳になっても自分の場所で輝いていたいですね、って化粧品のキャッチコピーのようになりましたが。

  1. motomi
    • motomi
    • 2017年 1月 14日

    S魔女さま
    コメントありがとうございます。
    基礎化粧品はチープなもので十分でございますわね。S魔女さま、ねっ、ねっ、ねーっ♪と肩を組みたい気分ですわ。四十路でいらっしゃるから、まだまだプリプリでいらっしゃるだろうけれど、若いときからあれこれと塗りたくっている方は、年齢を重ねるほど、お肌がくすまれてるようにお見受けします。これからまた節目を迎えますがもっとシンプルチープになって、自分なりの輝きだけを増していきたいです。わたくしたち、それを実証しましようね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。