豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

数日前、髪を染めてきました。
どうです、ツヤツヤでしょう。
髪だけプリプリ。

ヘアケア


昨日の記事で、ヘナ染めをおすすめしたんですけど、実はこれは酸性カラー、ケミカルです。自然派一辺倒ってね、モッサくなってしまう落とし穴があるのご存知でした?

もう、はるか昔、友人と将来の夢を語り合ったときがありました。

私は木綿かシルクの服だけを着て、無農薬の野菜を食べ、川のせせらぎを聞き、夜は満天の星を見て田舎でのんびり暮らしたい、そんなことを言った思うんですが、そのとき友人の返事が、じゃぁ、どんどん汚いおばちゃんになるんだね、と。

ひえっ、と思いましたけど、これ的外れでもありませんよね。自然の中で暮らすのは、とても厳しいものです。寒い暑いだの、UVだの言ってられませんもの。

それからは私、今の時代と環境の恩恵をたっふりといただこうと、いいとこ取りして生きることに決めました。自然派一辺倒もケミカル一辺倒そのどちらにも向かわない、その時々で自分が幸せを感じられる方を選択していこうと。

で、酸性ヘアカラーです

美容院行くのが面倒で、ヘナ染めを5年ほど自宅でしてきたんですけど、ある日ね、ビックリしたんでございます。自分では見れない後ろ髪、白髪のかたまりに。

他人は、後ろを見ます。一番印象深く残るのも、後ろ姿ですよね。
もうそれからもケチらずにヘアカラーは、美容室でしてもらおうと。ヘナをしてもらうときは時間がかかるので、塗ってもらってそのまま自宅に帰れる美容室を2件確保してあります。

髪とそのときの自分の気分によって決められる、何と幸せな時代に生まれてきた私たちでしょう。この恩恵を、たっぷりといただこうではありませんか。

 

で、50代の女性が抱える髪の悩みです

 

私は髪が多くて、ネコ毛の女性がうらやましくて、うらやましくて。どれほど憧れを抱いたことでしょう。サラサラと流れる髪、横分けしても盛り上がらない頭頂部。あれこそ、美しい女性のシンボルのひとつだとずっと思ってきました。

でも50歳過ぎた今、あれほど多くて悩みの種だった髪は、横分けしてもそう盛り上がらない。湯シャンするたびに、排水溝にたまる抜毛の量。
ほら?

 

もとみ 髪


日ごとにおでこの面積が広くなってきているような。
気のせい、いいや、そんなことはない。

髪フサフサの3歳年下夫も、日増しにおでこの面積が広がってきているもの。昼寝から起きてきたとき、ビックリしてしまうときだってある。もしかして昔、そり込み入れてたん? と聞いてしまったほど。

肌と髪のツヤは大事だと申しましたけれど、違う形でツヤが増してくるのも困ったものがありますね。

こうやって50代は、ある日突然に自分の変化に戸惑い、何をあきらめ、そして持ち続けていくか。

あきらめなければならないことがあると、心は確実に老けます。だって、他の選択肢ないんですもの。でもここで、この分岐点をどう受け止めるかです。

もう若くないといつも心に秋風を吹かせて、どんどん乾燥させていくのか、選択肢がなくなっていく身軽さを喜ぶのか。もうね、老眼も進んでいるんだから、そう見えませんって。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
幸せな選択をしていきましょう

 

髪は薄くなっても
人生を濃くしたい人は
ここをクリック

 

 

 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。