豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

今の自分、どれだけ自己肯定できますか


やさしくされて当然
好かれて当然
愛されて当然
もらって当然

いろいろとありますけど、自分のことを肯定できると言い切る方も、いざその場面になると、そのような態度にはならない方、けっこういらっしゃるんです。

えー私が
そんなそんな
いいんですか

よく間違えられるんですけど、謙虚さと自己肯定感というのは、まったくの別物です。ちょっと間違えると、謙虚のつもりが心の貧相さと映ってしまいますから、大人の女性ほど気つけてくださいね。

アイキャッチ画像のように若くなくても、手足が細くなくても、美人と言われなくても、私たちは十分に愛されて大切にされて優先される存在なのです。

もう、ここでも思い込む。
信じ切る。

これ大事、何より大事。

信じる力は、運気にも関係してきますからね。もうそのくらい、自己肯定感はすべてにおいて大事なのです。

ない人は、何をやってもダメになっちゃうくらい。この重し込が強い人は、生まれ持った資質を、存分なまでに使いこなせるようになります。

年齢重ねるほどに強くなって、歳を重ねるほど人生うまく運ばれていくし、幸せになっていかれてますね。

私のごく身近にある事例でお話しさせていただきます。

 

自己肯定感はドラマを生む


退屈女
あー浮気したい

退屈している女が呟きました。

当然、男は怒ります。
浮気したら別れると。
そしたらその女は、男を真正面から見据えて

退屈女
あなたには絶対にできない!

と言い切りました。

男はナメられていると思い、怒り詰め寄ります。

そしたらその女、何と言ったと思います。

退屈女
私が何をしてもあなたは私を愛するよ、フン!

鼻で笑いよりましたよ、鼻で。

男は、少々憎しみも抱いたようですが、やっぱりねメロメロなんですよ。メロメロ。


別の事例では
日頃の不満をぶつけられ、男から
別れを切り出された彼女。
そしたら彼女、何て言ったと思います。

振られそうになってる女
私を失ったことで、あたなはもっと苦しんで生きていくことになるね、フン!

こちらも鼻で笑いよりましたよ、鼻で。

一緒にいると苦しい。
けれど別れたらまた別の苦しみがはじまる。
彼、未だ苦しいままで彼女といます。


また別のある事例では
ファッションスタイルを指摘された女性がいました。
個性がすぎて、ちぐばぐだったみたいです。
そしたら彼女、何て言ったと思います。

ファンキー女
これが私ブランドなんだよ、フン!

こちらも鼻で笑いよりましたよ、鼻で。

 

真実は人の数だけ 信じる数だけ存在する


自己肯定感の高い人は、自己肯定感の低い人とくっつきます。

これは占星術では読めますが、占星術を知らなくても、あなたの潜在意識ではすべて知っていて、自分が高ければ低い人を、低いなら高い人を引き寄せます。

人間関係は自分の投影、鏡です。

一見、相手と異なっているように見えても実は自分。弱い自分がいるから、弱い相手を見て強くなれる、強い自分がいるから、強い相手を見て自分の弱さを知るのです。

凹凸加減がぴったり収まる相手を求め合い、自分でわかっていても、わかっていなくてエネルギーが引き合うパワーゲームが常に繰り返されているのです。

例えば、自分のミスを人前で笑える人は、自己肯定感が高いです。笑えない人は、低い。失敗しないよう行動に制限をかけていくようになりますね。

だから自己肯定感の高い相手を見て、自分にはできないストレスを減らし、好きで(憧れ)いられるんですね。


このパワーゲームでずっと主導権を握っていたいなら、自己肯定感に隙間があってはなりません。
孤独になっても、裏切りにあってでもです。

隙間ができるというのはニセモノ
こういようという意志はメッキ。
自分の血肉にはなっていませんから、隙間からどんどん漏れて、評価というウィルスに侵入されてしまいます。

なんでもそうですが、そのように見せているだけのものは、少しの不安が命とりとなり、愛される価値、自分の価値を失ってしまうことになるのです。

愛してくれる存在がいようがいまいが、私は○○という肯定感。

これでいいんだ
これでしかないんだ
他に何がある?

という絶対的な自己肯定感。

どこにいても誰といても、何を言われようが、世界の中心は自分にある。
この付加価値をどれだけ保てるかで、あなたの愛される価値が決まっていくのです。

宇宙は、自分を愛し大切に扱うあなたを応援してくれます。

 

私が中心
フン!とクリックを
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。