豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

内からのキレイを目指す、50代の美容ニュース
冷え取りを始めたきっかけ


子宮筋腫が7個ほどあるのが判明したのが、42歳高齢出産前の定期検査のときでした

出産後は、女性ホルモン全開で絶好調。

すべての不調を吹っ飛ばすくらいの勢いある母性パワーにあふれていたため、取り立てて医療行為は行わず、そのまま放置しておりました。

断乳し自然のホルモンも枯れ枯れになってきた頃、不正出血に腰痛、万年の冷えからくる手足のしびれなど。更年期障害も重なってたのか、自律神経からくるモロモロの日々の不調にパニック症などに襲われるようになりました。

冷えは万病の元と聞いておりましたが、改善は長期の取り組みが必要だし、成果もそう簡単にはでない。

どないしようとか悩んでいたんですが、試しにと花冷えの寒さが身に染みる4年前から取り組みはじめることにしました。

でも

冷え取り靴下って、高額ですね。

何でもやると決めたら本気でやらなければ気の済まない私は、毎月毎月これでもかというくらい、あちこちのメーカーの取り寄せ履き比べをしてみました。

もうこの頃、洋服代を軽く超えていて毎月の原稿料、すべて靴下に消えましたよ。より効果を得ようと、パンティーに肌シャツ、スパッツもシルクに変えました。

シルクスパッツって、2枚履きしたとして、洗い替えもとなると4枚必要でしょ。お外用にと見栄えのいいのを一番外に履くとしたらもう高額スーツ値段に匹敵する。

チープなものは、丈が中途半端で肌触りが全然誓うし、下着、それもシニアカラーにデザイン、こんなにお金かけて勿体ないと何度思ったことか。

真冬はシルクより、ヒートテックの方がぬくいのとちゃう、と何度も疑い続け、旅行に行く時はピンチハンガー持参。

それも最低、40P。

この数ないと、洗って干さないと、おっつかない。真夏の炎天下でも最低4枚履き、多い時は8~10枚履き。真夏にもスパッツ履いて、お風呂でも半身浴、頭寒足熱を忠実に守りました。

 

冷え取り生活を4年続けたその結果


筋腫は病院行ってないからわからないけど、不正出血はなし。

閉経と共になくなったのでしょう、多分。
病院行ってないからわからない。

私の仕事部屋は2階なんですけど、真夏にクーラー&扇風機ナシでも過ごせる体になりました。

辛くないのです、暑さが。
のぼせ皆無
ホットフラッシュもなし。

そしてお腹の冷え、腰痛は消えてしまいました。

長時間座り続けていても、足が浮腫まなくなったし。目の下にできるクマも、年齢のわりにはナイと言われます。平均体温35度と少し、血圧は下が50の上が90は変わらず。体温上昇させるのは、やはり難しいみたいですね。

自律神経からくるモロモロの不調は改善されましたけど、冷え取り効果なのかどうかは正直なところわかりません。

こちらは、野口整体や瞑想の方が、効果あったような気がします。

靴下

もうね、冷え取りはじめてから、おしゃれ心を捨てました。

上半身はフツーだけど、足元見たらおかしい。これに慣れる覚悟が要ります。

そう、何をするでも覚悟が要るのですよ。
おしゃれよりも健康。
冬はブーツオンリー、それ以外の季節、どこ行くのでもスリッポンかスニーカー。画像のNAOTの靴はおすすめです。

靴下は毎日履くからその効果がかわかりにくいのですが、パンプスやストッキングをはかねばならなくなったとき、冠婚葬祭など体が一変に不調を訴えてきます。

まずね、パンティストッキング。

ナイロン

ナイロン繊維特有の感触と匂い、それがどれだけ神経を平常に保てなくしているかがわかります。

人間が持つ、ピュアな感覚を奪いますね。ノイズのように常に刺激してきて、イライラきます。この感覚を覚えてから、洋服も化学繊維のものは着れなくなりました。

なので、洋服は、シルクか麻かコットンのみ。締め付ける洋服もダメになったので、ヨソ着も家着もそう大差なくなりつつあります。

それにパンプス。
これはもう、偏頭痛起こして卒倒しそう。

20代、パンプスで暮らした自分は幻か。

それと年齢を重ねると足幅も広くなってくるのでしょうね。

京都アグニ

こんなの見たら拷問。

 

50代引き算だらけの美肌美容法 ピカピカ美女クリームレシピつき

 

良いね、と思ったらクリックお願いします

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
にほんブログ村

 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。