豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

今日は大人の女性に贈るメッセージです。
人気店、噂のお店ができると、つい行ってみたくなるのが女心。女性は、常に新規開拓したがってますからね。

その際、予約可能なお店ならいいけれど、並ばないと入れない、買えないものもあります。こういったとき、あなたは好奇心が勝って並ばれるのか、それとも並んでまで要らない、と思えるのかどちらのタイプでしょう。

結果からいうと、どちらでもいいんでけどね。
自由ですから。
自分がご機嫌になればいいんです。

ただね、並ぶことが平気、人気店なんだから当然、といった感覚はどうなんでしょう。

 

一番の後をいく人はずっと後のまんま

 

人気店を、人に変えてみます。

自分なりの目標を持っているのに、ある人の後に並び続ける人は、いつまでもそのまんま。ずっと誰かの後です。

自分にないものを真似するのは勉強にもなるし、必要な段階があります。けどね。並ぶことが当たり前になっている人は、いつまでたってもオリジナリティの発掘はできないし、いつしか一番手から離れられなくなります。

自分では離れたと思っても、また別の一番の人の後に並んでます。

石井ゆかりさんがメルマガ発行されて人気が出だした頃、チャート読みブログでは、こぞって皆さん文体を真似ておられました。もう誰が書いてるのかわかなかったくらい、皆さん同じカラー。

真似も一旦、自分に取り込んでから外にださないと。そっくりそのままじゃ大切なあなたの創造力をはく奪されしまい、そこから這い出せなくなってしまいます。

いつしか自分もと、野望を抱いている方ならなおさら。

その人にとっては成功の道へと続いたかもしれないけれど、成功の形、辿る道、歩き方はひとりひとり違うのです。そのあたりのこと、一番手の背中を見続けていると、錯覚してしまいますね。

多くのセミナーに参加し勉強しても、描いている自分にちっともなれないと思うなら、そういった要素を疑ってみましょう。

ステキな一番手を見つけたら、ほんの少しの間だけ並ぶ、しつこく並ばない。

それか、数人の一番手に同時に並んで、いいとこ取りしてさっさと去る。

これが一番です。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
とっとと帰ろ、自分の場所へ

 

 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。