豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

すべてはここから お母さん好きですか

で、勢いよくいったけど撃沈で、すべてはパソコンからでございました。で次の対策をしている最中ですが、昨日の録音記録を会話形式で、キーボード連打にてお届けします。

インタビュアーになってくれたのは、めぐちゃん。以下、もとみ=㋲ めぐちゃん=㋱と省略させていただきます。

㋲では、めぐちゃん、よろしくお願いします。
㋱よろしくお願いします。
ブログを読んで今の私やん! と思いました。
㋲え~っ、そうやったんですかぁ!?
㋱ほんまに、すべてはここから。
これ、私のことやん。

㋲私もそうでしたけど、これまで鑑定させていただいた多くの方もそうでした。お母さんのことが好きでないと、愛の受け取り方や与え方が下手、苦手な方が多かったです。またそうした自分に罪悪感を抱いてしまう、この悪循環でしたね。

㋱それは、そう思った人がいう話で、私自身、母との関係が悪いことにすら気づいてなかった。気がついたのは、8年前に第一子を妊娠してから。いや、それより私の話ばっかりしてるけど、いいの?
㋲今日はそういう日なんでしょう。話して。これを聞く人のなかで、自分と重さなる人は必ずいると思うから、どうぞどうぞ遠慮しないで。

どう

㋱まず、妊娠中に父が嫌いになった。それまで2階からテレビを放り投げたり、仕事をすぐに辞める問題の多い父だったけどそう気にならなかった。外ではおとなしい、切れたら怖い存在だったのが、妊娠中に思春期の娘のように大嫌いになっていった。娘を出産して実家に療養しに帰るとき、いやでいやでたまらなかった。

㋲でも一応は実家に帰って、産後の体を休めに行きました。ほんでから?

いやでいやでたまらんかった気持ちはずっと続いていて、母は働いていたので、それなりに気をつかって過ごしていた。そのとき母に対しては何も、悪いなあという気持ちだけ。

㋱そして第二子を妊娠したとき、つわりが血を吐くぐらいひどく、母に訴えたらいちいち文句言われて否定された。ゲーゲーしながらもスマホでヒマつぶししてるとき、たまたまインナーチャイルドを見つけて読んだら、まさしく自分これやん!!!! とやっと気がついた。

㋲やっと知ったんやね?
㋱やっと知った。
㋱そっこかお母さんのことがきらいになって
㋲そこから?
㋱そこから!
何で、血を吐くくらいつわりで苦しんでいる娘の話を、そうか、そうやったんか、の言葉が言えないのか。とどめは、ブロッコリーの芯が固かったこと。私、柔らかいのが好きやの。なのに、なんでこんなことぐらいしてくれへんの!って。そこから、津波のようにろんな感情がでてきてしまった。

㋱実は私、第二子は母親に一度も会わせてないねん。
㋲えっ!? 今、1歳半やん
ほんまに!?
㋱そう、一度も。
㋲あははっ、すごいな~
㋱笑ってくれて救われたわ。これ真面目に受け止められたら、自分を責めてしまうもん。

笑顔

㋲あははっ、すごいな~
㋱話しが長くなるわ

ええの? 私の話ばっかりで。
㋲やっと話せるタイミングに来たんやね。いいよ話して。
㋱まだ10分の1も話してないねんけど
㋲いいよ、いいよ
㋲お母さんからは連絡ないの?
㋱ブロッコリーに腹が立って帰った後にあって、そのときにはじめて思うことを言った。二階からテレビを放り投げるくらいの父やったから母も大変なのはわかってたけど、ずっと我慢してた。迷惑をかけたらあかんて。本当はすごくさみしかった、本当にさびしくてさびしくてたまらんかった。

その気持ちをぶつけてみたら、母は忙しかってんから仕方ないやろ、って。私は、ただ謝ってほしかった。こめんね、の一言が欲しかったのに最後まで言ってくれなかった。

㋱それからは、父が出産祝いや誕生日祝いを持ってきてくれる。母には、来んといてっていうてある。会いたくない。

近所に住んでいるから一度、私の家の前をバイクで通ったとき表に出ていた自分を見つけられたけど、すぐに玄関に入ってカギをしめた。母はドアを叩いたけど、今、出たら殴りたくなってしまいそうになる自分がいたからドアは開けなかったし、子供にもこんな姿の自分を見せたくなかった。

偶然でも会いたくない。近所の大型スーパーには行くと、会わないかとドキドキしてしまう。

㋲じゃぁ、まだ許せない真っ只中にいるんやね。

㋱そんなときに、もとみさんと出会って家においでいって誘ってくれて、えっ? 何この人、包み込んてくれる人やん、よぉわかっている人やん、美しい人やんって。

㋲そうでしょう、そうでしょう
もっと話してええよ、もっともっと。

モデル

㋲私のブログを読んて共感してくれてインタビューアーになってとお願いして、マイクの録音スイッチいれたらこういう話の流れになって、もうめぐちゃんが完全にこういう場を求めてて創ってしまったね。じゃ、これからお母さんにしたいことがある? 

㋱今は自分を癒したい。もとみさんは今、母が可愛いと思えると書いてあったように、いつか自分もそう思える日がくるのかな。

㋲来る来る
でもね、そうしようと思っている間は来ないね。

~続く~

ここまでで録音記録は、18分ほどです。
話はまだまだ続きますが、キーボード連打辛いな。

もとみ

 

 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。