豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。
悩むのは女子だけじゃない。
そうでした、男子も悩むのです。
ブログからお願いしてもなかなか反応してもらえないので、そこで知人男性に無理やり質問をいただいてきました。

男アイコン
Q 恋人にいつ出会えるの? 運命の人って人生に何回出会えるのだろう? SEX AND THE CITYのキャリーが、ラッキーであれば1-2回と確か言っていたが、 本当にそうだとしたら、そのタイミングを逃したくない。じゃーどうすれば、その運命の人と会えるのかな?

ムスリマアイコン2
A ここでは運命の人との出会い、その真意についてお答えします。

このブログは、もう占いはという大人の男女に贈るサイトですので、エンタメ系の盛り上げ、ロマンチック要素ゼロ。夢破ることになるかもしれませんことをご了承の上、読み進めてください。

スピ的な考察からだと、運命の人は5~7人ほど用意されているそうです。当然、顔や性格、出会う時期などそれぞれ違いますが、誰と付き合っても結局は自分のカルマ解消が目的です。

カルマ解消と書くと、何やら逃れられないドロドロしたものと感じてしまう方が多いようですが、要は心のクセです。そのクセに気づき統合するために相手は存在するということですね。

私で例えると


一度結婚して離婚し、そして再婚して現在に至ります。

最初の夫と出会った日に、この人と結婚すると感じました。そして結婚生活が10年ほど。そして、再婚し今現在16年。
二度目の夫と出会ったとき、運命も何も感じることなく、感情の盛り上がりや決意もないまま再婚という流れになりました。一度目と二度目の夫は、当然、性格も考えもまったく違います。

でも再婚して10年経った頃、一度目の夫に感じたこと、自分のなかで生まれた葛藤にまた苦しむことになりました。要は、同じ時を経て、自分の思考癖、心の癖がでてきたのです。

これを一度目で克服できなかったから、また同じ壁を突きつけられたわけですね。パートナーに対する私の心のクセ、思考回路に対応などなど。

これ一度失敗していても、なかなか乗り越えるのは辛かったです。
これまでの自分にないものを自分のなかで生む作業。これを世間では、妥協とか忍耐とか諦めとかいうけれど、体験した人ならわかると思いますが、違います。

なぜなら、これまでとは違った愛が生まれたからです。このときにはしめて、ひとつカルマ解消に至ったな、と実感できました。わかりやすくいうと、私が私という原石で、相手は研磨。相手からすれば、私は相手の原石を磨く研磨です。

私も、まだ途上中ですが、運命の人とは愛を知る相手。いいかえれば、人生、生きることは愛を知るためにあるのかもしれません。結婚でも恋愛でも、そこに至るまでの道は遠く険しいのです。

 

男アイコン
タイミングを逃したくない、どうすれば出会えるのか。
ムスリマアイコン2
A タイミングは占星術で知ることができます。
けれど、歳とるほど感性は鈍ります。出会った瞬間に運命を感じた。そういう体験を求めても、思考が邪魔します。

思考が働くほど、感情からは離れていきます。好きとか嫌いとかではなく、なぜかしらないけど心に引っかかる、気になる。そう感じる相手は、星が絡み合っています。

でも、選ぶのはあなたで選ばないと何も始まらないし、仮に交際をはじめたとして、運命的な絡みがお互いの星になければ、お付き合いは続いてはいきません。そうなると、その人は運命の人ではないのです。

ずっとずっと出会いを求めているのに、探しているのに出会えない。そんな方は、まだ運命の人と関わる心の準備ができていないのかもしれない。怖くて。

人によっては誰とも深く関わらないことで、自分のカルマ解消を果たそうとしいるのかもしれない。自己愛。これは、顕在意識では確認できないので自分で納得はなかなかできませんね。
ただ単純に、まだ時期が来ていないという場合もあるでしょう。
 個々それぞれ違います。

 

カルマ解消した後は

 

私自身も含めていろんな方の交際、結婚生活を通して見えたことは、互いのカルマが解消されると環境が変化し離れるということです。仕事や家族の事情によってや病気や死別など理由はさまざまですが終わったらまた次、というように次のカルマ解消に向けてまた次のサイクルに入る、といった感じです。

 
運命の人というのは、あなたにとって自分の一番嫌な部分を見せてくれる人なのです。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
ド級なシビアさ
でも真実です

改行反映されず
読みにくくてごめんなさい

 

 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。