豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

読者さん
もしかして、もとみさんて恋愛至上主義者?
no name
身も心もめちゃ淡泊 。くどいのは苦手、セックスも嫌い

(noname直りませんね)

 

はい、本題です。
恋愛ネタが多いのは、ご相談が多いから必然とそうなってしまうということもありますが、年齢を重ねるほどに
恋愛感覚を持っていらっしゃる方と、持っていらっしゃらない方を比べた場合、持っておられる方のほうが断然と若々しいです。

年齢を重ねるほどに、おっちゃんか、おばちゃんがわからない人っていませんか。

もう恋愛なんて、遠い昔

とおっしゃる方、シニアと呼ばれる世代が集まられる施設でも、やはり水面下ではこのような感情のやりとりがあった上で、交友関係が決まっていくこと知っておられました?

人間、最後まで残るのは性欲だと言われています。

セックスをする、しないの話しではなくて、最後まで求めるのはやはり愛、それも一対一の愛だということです。

その他大勢の人からの寄せ集めの愛ではなく、私にだけ注いでくれる深い愛。それを求めるのです。

恋心、下心が持たれたほうが、スペシャルにやさしくしてもらえます。だから、歳を重ねるほどに、恋をしましょう。特に、50代を過ぎたら。ホルモン活性化のためにもね。

ただし、境界線を超えないように。大人的に、優雅に洗練されたスタイルでまいりたいものです。

 

50代からの恋 見た目の話

 

以前に書いた、見た目のお話し

これは、恋を熱く求めるお若い方に向けて書きました。50代は当然、見た目での勝負は無理です。負け続き。

相手を見る場合も、見た目だけでだと・・・恋心を抱くことはないでしょう。

けれどね、神さまはとても素晴らしい感覚を授けてくださっています。

私たち、45歳~55歳までを管轄する木星期は、すべてのなかに善を見出せる叡智が備わっているのですよ。

 

蓮

幸運を示す木星は、素直に認めることを教えています。

若い頃は、反発し少しでも可能性を探しに、遠いところまでわざわざ出かけていきますが、この年齢域45~55歳になると、もう反発心などなく、今の自分に与えられたものを、授かりものとしてすんなりと受ることができるようになっています。

木星は金星の拡大版でもありますから、そのなかにちゃんと愛も含まれているのです。

ありかだい、あたりがたい。

見た目からでは決してわからないその人のなかにある善、愛を感覚的に見つけられるし、受け取れるのです。

相手がハゲていようか、歯が抜けていようが、でっぷりと脂肪がついたお腹をしていようが、その人のなかにちゃんと備わっている人間としての倫理観に触れると、バゲも歯抜けもデブも許せて、人生いろいろあったね、よぅ生きてこなさったと、全肯定したくなります。

自分が愛と善の眼差しで見ていると、相手も同じように見てくれているのを感じられます。

このとき相手から見た私は、豊潤な美しき女性、ヴィーナスそのものでしょう。

ヴィーナス

こんなふうに想える人が傍にいたら、人生はより豊かで幸せになるのではないでしょうか。

ちょっぴりの恋心

そこから何かを得ようなんて思わないし、相手から何も求めない。求める必要もない。

そんな心のスペースがほんの少しあると、いい塩梅で性の魅力が備わり、見た目での男女の判別可能になると思うのですけれど。

 

病気やお金、孫の話ばかりでは、寂しい
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

片思い、いいね

 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。