豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

月はさそり座、知性の水星とオポで内面の探求が盛んです。
今ある関係、過去も含めて、どんな会話を交わしたか、その時の自分や相手の心の動きを何度も再生し、見えない答えを求めます。

体はひとところにジッとしていも、心の活動はこれ以上ないほど活発。静かに深く、どこまでも潜り込んていきます。

この月は21時48分にいて座に。これまでの鬱積した気持ちから、徐々に抜け外の世界へと向かいます。


愛と金を示す金星は、欲望の門を出て自己生殖能力を高めますが、言葉や感情として表現するには難産で苦しく葛藤を伴います。自分にとっては共通性のないもの、苦手なもの、手をだしにくいもの、異色な組み合わせを試し訓練していく必要があります。

 

太陽サビアン
開いた墓の前にいる未亡人

 

過去に別れを告げる
受け取る人
与えられたものを使いきる
新しいものを探す
自分の足で歩く

タロットカード

 

ソードの8
制限 干渉
8は圧縮です。剣の圧縮ですから、良識にもなるし支配にもなります。

星の意味と合わせると
今日の月は、どっぷりとした感情体験を求めるので、こういうときは他の意見を聞き入れたり、考えを変えることはがなかなかできません。

重苦しい鬱積した感情の出口を探してはいても、自分の思考が制限するために、そこにとどまってしまうのです。こういた拘束力は、さそりの月が求めているもの。

人によっては、誰かの考えに洗脳されて、そこから出られなかったり、それはしつけとなる場合もあるでしょう。剣の制限は、教育でもあるのです。

今、あたなを縛っている思考は、あなたにとって心地よいものでないなら、偏見によるものなのかもしれません。同じところをグルグルと考えをめぐらせるだけで、本質を見抜けていないということもあります。その思考も使い果たしたら、新しい可能性を探し出します。

それは、今夜遅くになりそうですね。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

新しい可能性にポチッと

 

スマホの方へ
ズズズーッと下までスクロールを

 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

    • oyazi.s38
    • 2016年 4月 25日

    確かに思い当たるところ。

    あります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。