豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

誰でも、自分以外をよく見てしまう傾向があます。

きっと幸せなんだろうな
お金持っているんだろうな
愛されているんだろうな、と。


隣の芝生の青さ
近づいてよくよく見たら全然青くない。所々、枯れてるぐらいだし。

だいたい頭で考えることは、現実を超えてます。
どこかで自分を卑下して、なれそうにない自分を認めることで努力を放棄しているだけ。それは、よくいわれるインナーチャイルド、両親に対する思いでも物語っていますね。

こうあるべき
こうあって当然

そんな基準値で見るから、現実の親に幻滅し、満たされなかった思いに嘆くのです。

大人になったあなた
欠点だらけでしょう。

それと同じで、他人のことも同じように見ています。

こうあるべき
こうあって当然

その基準値から見て、いろいろな色付けしているから、そりゃあもうステキな人でしょう。そんでもって、さらに自分を卑下するネタにしてしまうから、どんどん自分が嫌いになっていきます。

 

ステキな人 近づいてよく見ると

 

幻滅しか待ってませんよ。
だって相手、盛ってますから。
いいように見られるために。

でもね、そこからなんです。
好きが愛に変わるのは。

憎たらしいけど、仕方ない
ムカつくけど、ほっとけない
あんなことあったけど、忘れよう


そんな境地になったら、愛している証拠。
愛は許しですから。
許してしまえるの。

あの人嫌い、この人が嫌だと言う人は、実は愛は欲しくないのです。好きだけでいいんです。

それもひとつの選択。
心かき乱されることなく平和に暮らせて、それもまた楽し。

でも、独身ならそのままいけるけど、結婚したり子供がいたらそうはいかないでしょう。このラインをいつかは、突破しなくっちゃ。

愛するのも、愛されるのも
自分が自分でなくなる体験をしないと生れてこないのです。

だから、大人にしかできない行為なんですよ。愛するのも愛されるのも。

 

これを占星術で例えたら、蠍や8ハウス。
重苦しい場所です。
内的な理解を育む場所なので、心理拘束感は半端ない。逃げ出すこともできず毎日向き合わされますが、究極の体験を通した後は

ゼロポイント

じゃじゃ~ん
生まれ変わったよ、私です。

ここで死に切れてないと、恨めしやのゾンビのまま生きることになりますから、新しく生れまれるまでの重苦しい体験が必要なのです。

ここを通過したならば
この後の愛の形はそれぞれ。
他人を見ても単にうらやむなんてことはしなくなります。

どんなにステキな人を見ても、いろいろとあるんやろうな、と見えない部分を想像し、人は皆同じ。がんばってね、と愛のエールを送れるようになるのです。

 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

愛の洗礼は厳しいの

 

 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。