豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

15年ほどのお付き合いになるKちゃん。
私の記憶からはすっかり消えてましたが、当時のエピソード、そしてKちゃんの変化をご紹介しますね。


lady

「叱られ記録」で、記憶として残っているのはクリスマス頃の話です。この時に元美さんに、クリスマスで出張コンサートをということでご依頼を頂きました♪

もとみ
おいくらでやってくれる? 

 

Kちゃん
自分ではわからないので、元美さんのご予算で大丈夫です

 

と返答した時に。

Oh NOoooo0!!!

もとみ
自分で自分の価値を決められないなんてNOooo! 

 

Kちゃん
目が覚めました・・・

これまで、そういうことから逃げていたと思いました。
確かに私はこれで生きていこうと、どこかで動き出した時だったので。そのときは一生懸命考えて。

Kちゃん
今後3万円と設定します。ただ、今回は初回サービス価格の1万円でお受けします

 

とお返事したのを覚えています。
とにかく必死でした。

3万はおそらく今から考えると結構破格です。笑
自分で自分の価値を安く見積もっていました。

この時は「責任を持つ」必要があったこと
それなくしてはただの
うま素人、で
終わっていたなと思います。

で、続きを書くと。

時間は20分
20分の時間と3万円に見合うサービス提供と演出。衣装に企画に、タイミング、プレゼト。。。ありとあらゆることを考えました♪

自分は自分のサービスを、自分で価値を決めそれを実現してお金をいただくということ、をまさに実感しながら、自分ありきの精神を教わったと思っています♪

そしてその後
報告などを
メールでした時

メールが長いーーーっ!!!

もとみ
文章が長い! もっと短くしなさい!

 

ダメ出しされました・・・(´;ω;`)ウゥゥ

でも、これはなかなか治りません。

誤解される」「間違ってとられる」ことが嫌だったんだと思います。だから、少しでも誤解やズレがないように、丁寧に描きすぎて結果長くなる。笑

今でも変わりませんね・・・

 


ムスリマアイコン2

可愛い子には
ビシバシ言いたくなるみたいです。

昔むかし私、実践を積む場を探してフリーマーケットやイベントに出演していた時期がありました。ド素人にちょい毛が生えたようなときですから、ビクビクと500円スタートではじめました。

そしたら
喜んでもらえるどころか来られる方ほぼ全員、とてつもなく厚かましいのです。無理して対応する自分が、ほとほと嫌になって徐々に金額を上げていきました。

その結果

金額を上げるほどに
丁寧に対応してくださるのです。

必ずといっていいほど
私への
感謝と愛がセットになっていました。

今現在のセッション料金は、これまでの労力と費やした時間、それを換算したら破格値だと思っています。

お金を支払うときの決意は
相手や物への愛のエネルギー量であり
必ず自分に返ってきます。

決意も中途半端
金閣も中途半端では
何も得られなくて当然。

自分に対して
自分なりの価格基準は持つべきで
これはお金だけでなく
すべての人間関係に影響を及ぼします。

あなたが持つ自己価値そのまんまが
相手からの扱いに反映されるからです。

安いからといって、他の選択を捨てる考え方は、自分の価値そのものを下げ、運気も落ちていきます。

この選択を繰り返していると、いつまでたってもド・ストライクのものとは出会えない。いつも自分り折り合いをつけて、妥協して生きていくのが普通感覚になってしまうのです。

高ければいいってものでもありませんが、カン違いを起こしてしまう可能性があるので、そのあたりも内容に沿った、適正価格基準は持ちましょうね。

そのものについてくるエッセンス
目に見えないものも換算できる
センスを発揮してくださいね。

 

自分を知るための自己投資
破格値です。

セッションメニュー一覧 京都アグニ

 

 

私への愛をポチリと
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

 

もとみ

 

 

 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

    • 山本直恵
    • 2017年 1月 30日

    記事を拝見して芋づる式に思い出す教訓です。
    断捨離でまだ使えそうな物を譲る時、身なりが良かったり
    裕福そうな人に出会う事はまずありません。
    自分が使用して、それと一緒に成長し、卒業して脱け殻になったものを
    引き取られるのだから今の自分と同レベルの筈がないんですね。
    知恵をつけてバージョンアップした時、今着ている服が急にみすぼらしく思えて
    困っていたら、未来の自分が着る服を買おうと言われました。
    最初こそ戸惑いましたが考えてみれば、今まで服を買う時
    いつまで着るか、次のシーズン自分がどんな姿になっているか
    なんて想像せずに゛今゛の感覚で選んでました。
    買うは未来で売るは過去、なんですね。

  1. motomi
    • motomi
    • 2017年 1月 31日

    なおえさま
    コメントありがとうございます。
    あなたの本来の美しさがいかほどのものなのかを、ここで皆さまにご披露したいくらい。自分を安く見積もられていますよ。あの写真のお姿で、毎日をお過ごしになってください。シンデレラのようなストーリーだって待ち受けているような気がいたします。未来の自分を描きながら今を過ごすのもいいですけれど、今その姿に、意識次第ではなれるんです。今ですわ、今。

  1. この記事へのトラックバックはありません。