豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

今日も幸せですかー?

ガッツ

今日は、そんな気分じゃないあなたに贈ります。

 

不幸な人生を創る罪悪感と自己嫌悪


このブログでいつも書いているように、幸せはあなたの心で感じるものです。

言い換えると、感じることしかできない、あやふやなものなのです。

お金を得たから、恋人をゲットできたから、結婚できたから幸せになるのではないのですね。求める形、目的はそれぞれでも幸せを感じるためのきっかけでしかありません。

幸せを感じる心
それを邪魔するのは、

罪悪感と自己嫌悪です。

まずは、罪悪感を抱くとどんな自分を創っていくかをお話ししましょう。

 

罪悪感持つのは面倒くさがり屋さんがすること


何か問題が起こったとしましょう。

( ゚д゚)ハッ! 私が悪いんだ

と思うことで、手っ取り早くものが片付きます。

相手との話し合いしなくて済みます。
自分責めるだけで行動しなくて済みます。
ひとりジッとしているだけで済みます。

海

罪悪感という感情の波に浸るだけ~

けれど
ジッとしていても、心は活発です。

私が悪い、私が悪い、私が悪い


これを続けていると悲しくなってきます。
苦しくなってきます。

すると、人と関わることが怖くなります。
ビビります。
体動きません。

海

ひとり寝ころぶだけ~♪

自分が悪者になることで、現実世界で、対人関係で、簡単に決着をつけられるのです。

心の世界では苦しい。
悲しい。

でも自ら行動しないで、幸せになることは絶対にありません。

心(精神)は軽くて自由。
いつでもどこへでも行ける。
光り輝く温かい場所にも、ヒンヤリした不幸な洞窟にも。

肉体は重くて、運ぶにもお金と時間がかかります。(車や電車、飛行機など)考えて決意して行動を起こすのは、実は大変な労働とお金と時間を必要とする行為なのです。

なので罪悪感抱いて家でひとりフケてる人は、ケチな面倒くさがり屋さんなのです。

次に、自己嫌悪を抱くとどんな自分を創っていくかをお話ししましょう。

 

自己嫌悪は本当は自分大好きな人がする行為


自己嫌悪は、自分を嫌い、うとましく思う感情です。

嫌いの反対は好き
これ幼稚園の子供にでもわかること
好きだから嫌いになるのです。

何事も陰陽一対。
反対のものがないと、好きも嫌いもどちらの感情も湧いてきません。

自己嫌悪を抱く人は、物事の片方しか見ない。まず、ここに気づきましょう。

実は自分大好き。

子供

大好きな自分。
それを自分で認められない。
素直に表現できない。
なので、もちろん人も認められない。
人嫌い。

誰かさんと比べて、自分を卑下しまくったとしましょう。

けれど、こういう人ほど相手の悪口を言い出すと、自分を卑下した数よりもずっとたくさん言えますね。

自分より好きになれる人がいない
そんな自分も嫌いになってしまう。

けど、それって悪いこと?
自分が一番好きで何が悪い
どこが悪いんだ?
そう自分が思うんだから、いいじゃないか。


ここからはじめてくださいね。

 

罪悪感と自己嫌悪のまとめ


背中

 

罪悪感と自己嫌悪を隠して
今日も元気だ
いい人やってても背中は真実を語る。

その背中
他人にしか見えない。

 

 

自分に素直になろうね

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

 

 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. motomi
    • motomi
    • 2016年 6月 29日

    待ってましたよ。
    長くかかったね。
    またよろしくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。