豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

生きていると、いろんなことが起こります。
楽しいことばかりを願うけれど、楽しいときはアウトプットしかできません。
放出です。

苦難のときは、内にため込む力が強くなります。インプットです。

このため込む力は、その人のエネルギーとなり、運気の波が上昇したときに、発展や喜びへと変わります。

この喜びをマックスに味わうために、インプットする時間が必要なのです。

今日は、そのため込む力
恐怖や執着心をどのように攻略するか、それをお話ししたいと思います。

こちらの続きです。

ホロスコープ読み 一度死ぬ体験が必要 それは明日を生きるため

恐怖心で心パンパン 執着心でドロドロ


蟹座は無意識も示します。
普段は浮かび上がってこない怖れや孤独。

それが恐怖心や執着心となって、あなたを包み込んでいきます。

どちらかというと恐怖心は自覚しやすいですが、執着心というのは、自覚しにくいものです。

恐怖心は、未来への思い。
いつ来るか
どう来るか
いつもビクビク

恐怖

一方、執着心は、自分の感情の波に呑み込まれて、ただ苦しくもがき続けます。

執着

あんた怖いよ


人に言われてハッと気づく
それでも、すがります。

恐怖心に執着心
このどちらも苦しいし怖い
これ以上ない感情体験なのです。

 

この感情体験、蟹座のめざましとは


恐怖心に執着心はパワフル。
ひと時も離れることができないくらい圧倒的な力、封じ込める力を持っているのです。

ちょっとやそっとの誤魔化しは通用しないし、半端ない集中力。人生において、こういう体験をするという人は実は、とても強い人なのです。

人生に起こることすべては、あなたが生まれ持った星のバイブレーションによるもの。

シナリオを描きストーリーを展開させているのは、あなた自身なのです。

映画

 

私の体験記 友人の体験記


恐怖心パンパンの私の場合

まだ占星術も知りません。
若いだけが取り柄の頃でした。

ストーカーされました。
盗聴器をつけられ窓ガラス破られ、いつどこで見られているかもしれない恐怖と毎日戦いました。

別の人から電話で脅されました。
それもやさしく囁くように。怖くて怖くてたまらないので、強い人にすがろうとします。警察は、強い人ではなかったですね。

身の安全を確保しようと考えれば考えるほど、空回り。終わりがない。実態がつかめないから、いつまで続くかもわからない。それがまた怖い。恐怖のループにグルグル入り込んでいきました。

このとき私の進行の月が蟹座を横断中でした。

コチコチに凝り固まった心を緩め、感情表現できるよう促してくれたのだと思います。ここまでの体験がないと、人生の幅を広けられなかった。

その時の私の太陽の状態は、夢多い人生観。

自分が抱くはずの夢の数を、何人かのストーカーに乗っ取られてしまっていたわけです。

 

執着心ドロドロの友人の場合

恋人と別れました。
かなり年齢を重ねてからの別れです。

もともと彼女は執着するタイプなので、その姿は半端なかった。
もう二度と好きな人ができないかもしれない、この気持ちが彼女をゾンビにしました。

恨みをこぼすこと2年間。携帯電話を手にして、かけたい気持ちを抑えること3年間。遊びに出かけても、ご飯を食べても仮死状態。

彼女の生まれ変わった姿は、恋愛至上主義から両親を献身的に介護する娘です。

友人
恋 ? めんどくさーっ!  ボケたお父ちゃんとお母ちゃんの相手しているほうが楽しいわ

 

ゾンビ時代を知っているから、この言葉が嘘でないのがわかります。

彼女の愛情は、あふれんばかりに毎日両親に注がれ、元家族であった元夫にも注がれています。

 

まとめ


・蟹座のめざめは、新しい自分の情感との出会い

・恐怖心や執着心が半端ない人ほどパワフルな人

・人生のお化け屋敷に入ったら、かぶりものだと冷静になる

・怖がるほどおもしろがられて、お化け役が熱演する

・執着するほど自分を見失い出口も見失う

・明けない夜はない

京都アグニ

 

出口探してね
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

 

 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. motomi
    • motomi
    • 2016年 7月 06日

    いつも応援ありがとうございます。
    全然すごくないけど、まず知ってもらわないと何もはじまりませんからね。
    50過ぎても夢もって諦めない姿を見てもらって、皆さんにも自分らしく生きてほしい。
    これが当ブログの目的です。
    シェアよろしくお願いしますね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。