豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

今宵は七夕です。
大人になったあなた、今さら?
けれど幸せを願う女心は何歳になっても変わりません。

それに今日は恋愛運好調なのですよ。
目的を持って生きている人は、人生の臨界点超えありの星の配置です。

さて、この星のエネルギーを享受できる星座はどれでしょうか。

 

七夕じゃなくても願いは書かないとはじまらない


昔、短冊に願いを書く行為は、字の練習だったそうです。

一年に一度しか会えない彦星と織姫に自分を重ね、願いを書いていたかどうかはわかりませんが、笹の葉に吊るし、願いが叶うという解釈に変化していったようです。

忘れた頃に叶う
そんな意味も含まれていたのでしょう。

今は魔法のノートとか、いろいろとありますが、書く行為は本当の自分と出会うためですね。

書くことで思考を整理する人もいますが、それは毎日書いている人のこと。

普段はやらない願いを書き出すのは、自分を知るためのひとつのツールの働きをしてくれるのです。

京都アグニ

書かなくても願いは書けるというあなた

実は、そんなことないんですよ。

願いは、あなたの中にある輪郭のないもの。

それをぎゅうっと煮詰めて、願いという一節の文字に絞り込む作業は、結構時間がかかるものなのです。

この絞り込まれたものが願い。

この願いが、思考と一致していれば願いは叶います、願望実現ですね。

私の願いは○○と簡単に答えられるものは、意外と世間や他人のものであったりします。

大人になった私が今さら・・・

そんな気持ちは脇へ置いて、あなたの心を掘り下げて星へ願いを託してみませんか。

 

七夕の今日は恋愛運絶好調 


愛の星、金星は、男性を示す火星へと導かれます。

その舞台となるのは、あなたのテリトリー内から過去へ、懐かしく安心できる思いや場所が引き寄せてくれるでしょう。

キーワードとなるのは

・太陽の下
・ローカルな場所
・少人数の仲間
・同じ価値観を持つ者
・同じ目的を持つ者
・セミナー 講習会
・閉ざされた環境
・口コミでの集まり
・飲食の場

・女とふたりの男
・同郷

・過去の人

そしてその中でも

自分の気持ちに正直に生きたい
生まれ変わって生きたい
人生に大きな変容を本気で願っている人です。

 

大人の恋愛から結婚へと距離を縮められる星座は


私は○○座
としているのは太陽サインだけです。

本来は、10個の天体、その天体同士の絡みでみますが、ここでは割愛し、一番強く影響を受けるを書いておきますので、自分が持つ星があるか探してみてください。

無料ホロスコープ作成はこちら
(別リンクで開きます)
https://goisu.net/chart/

 

チェックするサインは、蟹座・蠍座・山羊座。

astrology-signs-163520_640 (11) (2) astrology-signs-163520_640 (13) (2) astrology-signs-163520_640 (7) (2)

 

チェックする天体は、太陽・月・金星・火星です。

太陽サインmoonvi ka
(太陽シンボルはウィキペディアから拝借しました)

 

サイン3種と、天体4個の組み合わせのどれかを持つ方は、今日の恋愛運は高いということになります。

例えば、太陽が蠍座、火星が山羊座とか、金星が蟹座とか。

さらにこの、太陽・月・金星・火星の天体の度数、これが15度と23度前後を持つ方は、今日の恋愛運はさらにさらに非常に高いということになります。

 

本日、恋愛運絶好調の星座を持つ人は


いつもより積極的に過ごしてください。

好きな人がいてもただ待っているだけでは何も起こらないように、自分から糸を紡いでいかないことには何もはじまらないし、よほどお互いに運命的なタイミングが重なっていないと盛り上がっていくこともありません。

目的を持って動く
体を動かさないなら、思いを投げて待つ(これも動くのと同じ行為です)

今は草食男子が多いから、ほぼお膳立て完了、心配不要、怖れ無要の状態にしておかないと繋がってはいきませんからね。

水面下での準備は必要です。

恋人がいないなら、種をまく。
今日、蒔いた種は、水をやり続けると育っていきます。

自分の持つ星が何もコンタクトしていない人は

次の機会まで願いを絞り込んでおきましょう。

星に願いを

 

星に願いを込めてポチッと
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。