豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

恋すると苦しくて苦しくてたまらない
今日は、独占欲キョーレツ嫉妬深いあなたに贈ります。

 

独占欲キョーレツ嫉妬深さの中にあるものは


結論からいうと
相手に幸せにしてもらおうとする期待です。

自分ではできないから、相手を使って自分を幸せにしようとするのです。

私の大切な大切な道具ちゃん

それが自分以外の人と、楽しくお喋りしていたらどうでしょう。

嫉妬メラメラ
独占欲は津波級

自分から離れていくかもしれない
そんな恐怖心もバリューセットになれば、あなたの心は、きっとこんな状態でしょう。

京都アグニ

 

けれど、独占欲キョーレツ嫉妬深いタイプほど、実際はこんな顔しているのです。

京都アグニ

心、読めなーい。

そんでもって、独占欲キョーレツ嫉妬深いタイプほど、自分と愛を勘違いしていることが多いので、気づくことを避け、耐え、自分が描く相手になるまで待ち続けたりします。

京都アグニ

気づくことを避けている人は、人を避けた暗い道ばかりを歩きたがる。

 

あかんあかん!
そっち行ったらあかん!

自分を知ろう!
明るい道は歩いたほうが気持ちいいって

京都アグニ

 

独占欲キョーレツ嫉妬深さは愛が深い証拠 


愛は、閉じとれば閉じるほど深く感じるものなのです。

コアな趣味でない限り、セックスを人に見せびらかしたりしないでしょう。

それと同じで、互いの愛を確かめ合うのは、ふたりきりのほうがより感じられる。

ふたりきりになればなるほど秘密を話したくなったり、ほかに人には絶対に言えないようなことも言えちゃったりする。

そして愛を深めていくのだけど、ホロスコープに水(感情)の要素が強い人は、交友関係を狭めてより愛を感じていく、これが自然な愛し方でもあるのです。

水(感情)過多なのは、言い換えれば感じ方に敏感だということ。

なら、もっと心地よいものを感じようよ。

そんな暗くて苦しいもの感じるのやめよう。

相手に感じさせてほしいと願うから、苦しくなる。

自分で感じられるように、自分がどうしたいのか、どうなりたいのか、そこだけに焦点をあてて感じるようにしよう。

 

はい、では今日から実践レッスンです


京都アグニ

・独占欲キョーレツ嫉妬深さは悪くない

それだけ、あなたの愛が深い証拠。
そんなステキな自分、幸せにならないとおかしい。

じゃぁ、あなたの目の前にいる人
あたなを大切にしてくれている?
口だけ男になってない?
あなたが思うように、あなたのことを思ってくれているかな。行動してくれているかな。

シングルマザーに捧ぐ 口だけ男に騙されるな! つかんで欲しいなら自分で私をつかめ

そうでないなら、感情を切り離して相手のこと、自分を少しは冷静に眺められるようになるよね。

 

・相手は自分を幸せにしてくれる道具

こう思うのも悪くない。
女の特権でもある。

でもこれやると、相手の動向がいちいち気になってイライラして、確実に老ける。愚痴る女になる。

すべて相手の責任にして、結局は自分が骨抜きのゾンビになってしまうことを知っておいてほしい。

だから道具は、自分になろう。
それが確実で早いから。

 

・幸せになるためにはまず自分の素晴らしさに気づこう

嫉妬や独占欲の中にあるのは、勝ち負け意識。
自分は優位でいたい、負けたくない競争心が根底にあるから。

これに気づいている人
相手じゃなく自分に勝とうよ。

自分を認められない自分を負かそうよ。

そこをたぐっていくと、自分の自身のなさに行き着くんだけど、私こんなオバチャンになってもこれだけ自信持ってがんばってるんだよ。

毎日毎日ブログ書いてるし!

あなたは、私よりもずっと若い。
首にシワもなければ、これからよりどりみどり ← 古い?

いくらでも明るい道を選べるの。
相手の動向に敏感になるのはやめて、自分の欲望に敏感になろう。

それを叶えるために今、自分のやってることは自分にとって◎か✖か。

考えると面倒くさくなる。
考えないで、ただ感じるだけ。

気持いいか気持ち悪いか。
嫉妬深い人ほど、感じるの得意でしょ。

ただ、それだけやってください。


 

あなたという女性が幸せになる
そばにいる男も幸せ
その真ん中にいる子供も幸せ
それを見ている家族も友人も幸せになる
宇宙平和の道は、まず自分が幸せになることからです

 

私に幸せを

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。