豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

私が毎日毎日ブログを書き続けているのは、下記記事に書いてあります。

当ブログの目的 現実と精神の二重世界を生きて結果をだす

そして今、星は両方手にいれることを促してくれています。

2016年秋に訪れる木星はあなたをラッキースターにしてくれる この夏すべきまとめ

経済と精神の豊かさ
仕事と家庭
両方手に入れるには、ふたつの世界、現実と精神世界(スピリチュアル)の両方で生きる必要があるということです。

このスピリチュアル
誰もが生まれながらに備わっている霊性

今さら意識しなくて元々あるものなんですが

こっちの方が現実生活より厳しい

今日は、そのあたりをお伝えしたいと思います。

 

スピリチュアルは甘くない 嘘やごまかし一切通用しない


スピリチュアルときくと、ふわふわと柔らかいものを想像しがちですが、とんでもない。

やさしいどころか、まったくといっていいほど甘さは通用しません。

何せ相手は自分。

他人は騙せても、嘘やごまかし一切通用しない世界なんですから。

 

私、愛にもお金にも豊かになります!

京都アグニ

 

ホンマになれるんかいな・・・

京都アグニ

 

自分が好き!  今日から自分らしく生きる!

京都アグニ

そない言うてもなぁ・・・

京都アグニ

 

恋人つくるぞ!

京都アグニ

出会いないし・・・

京都アグニ

私、今年に結婚します!

京都アグニ

結婚相談所イイ男いない・・・

京都アグニ

 

毎日毎日幸せでーす!

京都アグニ

疲れる日もある・・・

京都アグニ

私には、明るい未来しか待ってなーい!

京都アグニ

高齢化に増税、仕事ないで・・・

京都アグニ

思考がいくら明るくても、潜在意識がこんな調子では、現実は変化はしてくれません。

スピリチュアルとは、一瞬たとりとて嘘やごまかしが一切通用しない、とてもとても厳しい世界なのです。

 

スピリチュアルに生きるとは


私たちは、霊性を成長させるために生きています。

スピリチュアルに生きるとは、愛と喜びに目覚め本来の人間の本質的な状態になって生きることです。

それに目覚めるために、まず決意します。

ひとりで実行するより相手がいたほうが早いですから、現実生活での恋愛や結婚、仕事などを通して体験を重ねて、魂の成長を促していきます。

その先の目指すところは、個を超えた世界。愛と喜びにあふれた世界です。

ここで勘違いしやすいのは、喜びとは

これも喜び

京都アグニ

そして、これも喜びです。

京都アグニ

 

ここまでいくには私もまだまだですが、話を現実生活に近い次元にまで落として戻します。

スピリチュアルに生きるとは

・まず、自分らしく生きる

この世にあなたは、あなたしかいません。
この肉体、この気質はあなただけのもの。
この世の乗り物で、代替えがきかない希少価値の高い、現代科学をはるかに超えた高性能な最高級品なのです。

この最高品質の自分に対して、信頼できない、可能性を見いだせないのは神や宇宙、そして自分を侮辱しているのと同じこと。

これでは、現実生活は良い方向へと変化しないのは当然ですね。

 

・精神世界が反映されたのが現実世界

精神は4次元以上の世界が重なっている世界で、目には見えません。

オーラや魂は光で現されますが、この光が4次元以上の世界の積み重なりと思ってください。

この光がぎゅぎゅっと凝縮て目に見える形となって現れているのが、あなたの肉体です。

精神が変わると行動が変わり顔が変わるように、人生も変わっていきます。

この精神磨きのプロセス

これが生半可なく厳しいのでございます。

常に自分の意志を問われ続け
グラつくと現実生活もブレブレ

現実生活で欲を出しすぎると空回りし
批判や中傷すると振り出しに戻る

自分の怖れが強いと、壁となって立ちはだかり
罪悪感抱き反省が過ぎると貧困になる

過去の選択、意図や思い込みが
今の自分を制限し

欲望は情熱を保つ作用を果たし効率よく運んでくれるけど、その先にある個を超えた目的、使命を忘れると途中でソッポを向かれてしまいます。

一瞬たりとて怠けさせてくれない厳しさがあるのですよ。

スピリチュアルとは、決してふわふわとした柔らかいものではないのです。

はき違えている人は、いつまでたっても貧困。
精神も現実世界でも貧乏のまま
これを肝に銘じておきましょう。

 

 

ぎゃっ! 辛口
カルマ1点加算

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

 

ライフサポートセッション 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。