豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

女性なら誰もが気になる加齢。
でも、生きてるんだから歳をとるのは当たり前。
抵抗する人ほど、老けが際立ってくる。
この加齢を華麗に変えて美しく生きるためのお話しを、私の独断と偏見からお贈ります。

 

普遍的な女性の加齢によるターニングポイント


・思春期を過ぎた頃から20歳まで

京都アグニ

まだ、自分の宝がいかほどのものなのか実感できないお年頃。

おしゃれも盛んですが、流行を追いかけているだけで、自分の持ち味の良さを知って磨いている子は非常に少ないです。

自分以外の何者かになるために、がんばっているといってもいいでしょう。

素のままで十分に美しいお年頃。
何もしない粗野でも、厚塗りのやり過ぎでもチャーミングさ満点。


・20歳を過ぎてから25歳まで

私、自分の息子たちを見ていて思いました。

20歳に向かうまでは、メキメキとカッコいい男になっていく。

これまで幼児でしたから、洗練のされ方が目まぐるしいスピードということも手伝って、急激なまでの発展していく生の様というのは、それだけで美しかった。息子たちのお友達を見ていても、そうでした。

が、何ということでしょう。

成人式では、あれほど華やかで可愛かった女の子も、21歳すぎた頃から確実に劣化がはじまっている。

見た目は、当然若い。
けど確実に下降している。
生の放つオーラがくすんでいくといいましょうか、若さが奪われていくのです。

身体能力のピークは、19歳までというのがうなづけましたです。


・25歳から35歳

京都アグニ

仕事に結婚に育児にと、忙しいお年頃です。

大人の疲れを覚える時期でもありますが、この頃はさほど差がでません。

エステ行ってようが行かまいが、経済力があろうがあるまいが、さほどそう差は生まれない。

それなりに、きれい。
それなりに、若い。

ボロボロに疲れ切っていても、ちょちょいとおしゃれすればシンデレラ。

ターンオーバーがちゃんと働いている時期ですから、ほんの少しの努力、ほんの少しの意識改革でキレイにすぐ戻れる年齢です。

自分でおばさんと言う人が多いお年頃でもあるけれど、それはこの先の坂を知らないからだけなのですよ。


・35歳から40歳

京都アグニ

意識している人と、そうでない人の差が少しずつ顕著になってきます。

自分にお金をかける人は、隙のない若い印象を放ちます。

お金をかけられない人は、内面の充実度が本物であれば美しい。虚栄だと、くすみます。

セックスレスが増えていく頃でもありますが、気乗りしなくてもセックスは定期的にしましょうね。セックスすれば、ホルモンが活性化され、心にも影響を及ぼします。

妻や母、上司になって、たっぷりと母性を育てた人
もしくは男性から愛されている実感を得られている人は、やはりキレイです。


・40歳から45歳

新陳代謝が落ちてくるに従って、体に敏感になる人とそうでな人の差が開いてきます。

敏感な人は健康に、そうでない人は病気までいかなくても、神経疾患にも悩みやすいお年頃となります。

ここで、健康生活をとるとおしゃれから離れていきますから、どのような暮らしをしているか外見にはっきりとわかるようになります。

気のいいおばちゃんになるか
キレイなおばさんになっていくか。

でも今は、総体的に皆さん、きれいです。
そして、センスもいいですね。

見た目の美にこだわる人は、アンチにお金を注ぎ込むようになりますが、できるなら、この時期に出産するのが最高の美容法、健康法だと私は思います。

京都アグニ

 

私自身、42歳で第三子を出産し、共に高齢出産した方を見て思い実感したことは、体内の老廃物が出産や母乳によって排出されて、体内バランスそのものが整いました。

出産直後のシミはひどかったですが、母乳あげているうちに消え、おつぱいのしこりも消失し、お肌も格段にキメが整うなどいいこと尽くし。

気に入らなかったのは、腰にたんまりとまとわりついて離れない脂肪。それだけです。

セックスか出産で代謝アップ!
これ推奨します。


・45歳から50歳

京都アグニ

季節の変わり目ごとに加齢を実感し、予想していなかったことが次々と起こります。

きっと、これは何かの病気
そう確信し診察を受けても、たいていは加齢、もしくはストレスという診断結果で終わります。

この年齢域には、美意識が生きる意義にも関与してきます。

これからの人生をどう生きるか
どう生きたいか
実現不可能なことを冷静に判断し
何を維持し、どれを捨てていくか
意図と選択で、その人の美の在り方が決定されていくように思います。

見た目の美にも、個性がでてくる頃ですね。

アンチに手をだし更に励む人は、この年齢からイタい人になっていく人が多いような気もします。


・50歳から

京都アグニ

これからの人生の短さを、ある日、急に突如として実感します。

ここで加齢を華麗に変えられる人は、はっちゃけます。

人目気にしない。
自分のやりたいことをやる。
失敗しても恥かいても、経験することをとるのです。

美に対してこのエネルギーを使わない人は、仕事に使うようになります。

60歳なんて、現役バリバリ。
20歳の頃より、若々しい

そうでない人は、攻撃に使い怒り顔、不満顔に変わっていきます。


・65歳から70歳

人は、誰でも病気します。
家族が先立ったりと、人生の深い悲しみ、苦しみや孤独を味わうお年頃です。

母や父を見て、叔母や叔父を見て、周囲にいる大先輩方たちを見て思うことは、ここを乗り越えた人というのは

無敵!

京都アグニ

何でも来い!

京都アグニ

かかって来い!

 

ここまで来たら、性別年齢不詳の人生アーティスト
どの方を見ても、いで立ちも超個性的でカッコいい。

京都アグニ

すべてが独創的
マイアート
創造主の完成です。

 

私もここ目指してますの

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。