豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

愛に関することは、考えるほど複雑になります。

恋人を望んでいるのにできない
結婚したいのに、結婚相手と巡り会えない

この現実は
30年ほど前、私の周囲では皆無でした。

誰でも恋人という存在がいたし、時期が来れば結婚しました。

ローカルな京都だからということもあるでしょうが、愛は考えるほど自分の気持ちはわからなくなるし、損得勘定をするほど好きなのかどうなのかわからなくなってくる。

恋愛は、脳ではなく
ハート(本能)でするものです。

愛そう、とすると愛せない
運命の人、と求めると出会えない

現実は、いたってシンプル。

鑑定数8000人、自分の経験も通して、運命の人と出会う3つの前兆をお贈りします。

 

運命の人と出会う3つの前兆 その1
あなたと職場の人間関係


京都アグニ

職場の人間関係がそこそこ円満ですか

苦手な人もいる
嫌いな人もいる
けれど、対応の仕方はわかっている。

時々ぶつかったり、険悪なムードになりそうな時もあるけれど、とりなし方も知っている。ストレス抱える日もあるけれど、楽しいと感じられる日もある。

転職も考えるけれど、とりあえずしばらくはこのままでいいんじゃない?

誰とでも、そこそこ仲良し
まぁ、楽しくやってます!

そう思えるあなたがいれば、運命の人と出会う前兆のひとつは引き寄せています。

運命の人とは、人生のパートナーとなる人です。

私と特定の誰かさんとの関係
職場の人は、私とその大勢の対人関係です。

相手がひとりか、不特定多数だけの差。

占星術では、結婚相手を見るポイントは昔
戦争相手をみる場所でした。

敵国の様子を知らないと
自分がどう動けばいいかはわかりませんね。

敵国を知り、作戦を立てるうちに
自分の強味も弱味も知れる。

このブログは大人の女性に向けて書いていますから、甘いだけの夢をうたうような内容は書いてはおりません。正直に現実をお伝えすると、結婚生活とは、ある意味、戦争なのです。

生まれも育ちも違う二人が
同じ屋根の下で寝食を共にして
仕事をし育児をし
互いの家族や友人と関わりながら生きていく。

そこには、とても長い歴史
親よりも長く、密な時間を過ごすのです。

その間には、うれしいこと以上に大変なことが多く、協力できる間はいいけれど、互いのエゴが邪魔して孤立してしまう時期もある。

そんな中で、相手を見て自分を知り
相手を通して、さまざまなことを学び
私たちは大人になっていくのです。

不特定多数の人と、そこそこ円満に日々やりこなし、時々楽しさや充実感を覚えられないでいると、運命の人と出会って交際しても、楽しさや充実感を覚えることはできません。

相手がひとりかその他大勢か
楽しさや充実感の、濃度の違いがあるだけで

相手がひとりだと
楽しさや苦しみも、濃度が濃くなるだけの話。

その他大勢の人のなかに
職場の人の中にわたしを理解してくれる人はいない

こう考える人は
結婚しても、パートナーに理解を得られることはないのです。

 

運命の人と出会う3つの前兆 その2
ひとりの時間を楽しんでますか


京都アグニ

ライフスタイルをエンジョイしている

ここでは趣味や、友人と過ごす時間は省きます。

プライベートの何気ない時間を、どれほど楽しくひとりで過ごせるか。

ひとりで部屋で過ごす時間、料理したりテレビ見たり、お昼寝したり。

この他愛もない単調でありきたりな時間を、ひとり楽しみ、幸せー💛と楽しむことができる人は、運命の人と出会う前兆のひとつは引き寄せていることになります。

なぜなら

運命の人との出会いは人生のスペシャルなビッグイベントでも、出会った後は、日常生活の繰り返し。

ドキドキときめいたり、ハラハラするのも最初の3か月間だけ。後は日常へとシフトしていき、恋から愛が育んでいけるかどうかの段階に入っていきます。

この愛を育む能力というのは、他愛もない単調でありきたりな時間を愛せる人です。恋愛期間は、非日常のイベントで、結婚生活は変わり映えしない日常です。

ただ、ここで注意してほしいのは
大人の女性は、こだわりが強くなりがちです。

ライフスタイルを〇〇志向にと
食材はこれでないとダメとか
〇〇は〇〇ブランドでないと、とか。

基本的に男性は、母親的な要素、癒しを女性に求めます。愚痴や弱味を聞いてくれる、話やすい雰囲気。

多くは、カタカナ文字の創作メニューは苦手だし、イベントなんて面倒くさい。日常にオシャレも、精神向上するためのお勉強も求めてはいません。

相手のこだわりの強さを感じるほど、気後れしてしまうし、洗脳される恐怖が抱かせてしまう。

これまで多くの女性を見てきてもそうでしたが、モテる女性というのは、飛びぬけておしゃれでもなく、美人でもなく、突出しているものを感じさせない素朴さ、こちらの気を緩めさせるムードを持つ方です。

誰だって、毎日がんばって疲れてる。

気を緩めて
デレデレ、ダラダラしていたい。

外で張り詰めた緊張をゆるめられる心地良さ
気を遣うことなく話せる雰囲気
こんなオーラを発せる女性を求めているのです。

 

運命の人と出会う3つの前兆 その3
運命の出会いを求めなくなったとき


京都アグニ

このままでもいいかなーと思ったとき

仕事もそこそこ充実してる
プライベートも気楽でまぁ幸せ💛

運命の人と出会いたいけど、このままでもいいかなー 

今の暮らし、気にいってる💛

こう、思ったとき、もうすぐそこまで運命の人はやって来ています。

恋人が欲しいけど、どうしてもというわけでもない。要らなくはないけど、できたら今の時間を失うのが惜しい気もする。

あきらめたわけでもなく
熱く望んでいるわけでもなく
どっちでもなく現状に満足している状態。

これが、スピリチュアルでよくいわれる
今に生きている

今ここ状態です。

欲しいけど欲しくないかもという
この時が本当のベストタイミング

これが運命の時です。

現実は、運命の人と定義づけて王子さまが現れるのを待っていても多分、永遠には現れないでしょう。

運命の人が現れる前兆とは
相手の特徴にあるのではなく
わたしの中しかありません。

今の私を
今の生活を、何の力も入っていない状態で愛したら愛してくれる人が現れるという、とてもシンプルな法則が働いているのです。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

 

セッションメニュー一覧 京都アグニ

トップページ

 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。