豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

9月の星読み 宇宙エネルギーの前に


木星天秤座入り
このキーワードでにぎわってますね。

いきなりですが、厳しいことを書きます。
幸せを確実につかみたいなら、言葉の甘さに酔ってはなりません。

毎瞬毎瞬、幸せな気持でないとこれからも幸せではいられないのも確かですが、期待ばかりが膨らんで地上から足が浮いていては、現実生活で何も手にできないままです。

流行りのキーワードに心揺れる人は、流行りが終われば終わり。

一時的な高揚感を味わっただけで、次の流行りに期待します。こんな生き方を続けていても、なにも手に入りません。このスパイラルから一刻も早く抜け出してください。

木星は一時的なもの、具現化するのは土星。
土星は、時間の神です。
具現化し生活に根付かせるには時間がかかるし、余分なものをそぎ落としていく厳しさも必要なのです。

木星の収縮版、金星も甘くない。
生贄を欲しがるのですよ。
まず、あなたの愛を先に捧げないと。

以上を頭にいれた上で、下記を読んで自分に問い、現状と照らし合わせ活用してください。

 

9月の星読み 宇宙エネルギー


9/1 乙女座で新月 日食
9/9 木星が天秤座入り
9/22 水星逆行終了
9/23 金星 蠍座入り
9/27 冥王星逆行終了
   火星 山羊座へ

 

9/1 乙女座で新月 日食


日食は、新月のビッグ版です。
半年ほど影響が続くと考えてください。

日食時では、乙女座に天体が4個も集中し、ご縁を示すドラゴンヘッドも含みます。乙女座を支配する水星は、8/30から9/22まで逆行します。

どういうことかというと
乙女座そのまんまがテーマとなり、過去をほじくり修正していくことで、ご縁がつながり、人生が拡大していきますよ、ということです。

乙女座のテーマとは
雇用に関すること
組織への従属

生活習慣や健康
奉仕、
規則性など

過去を振り返りながら、進化した乙女座へとバージョンアップしていきます。

あなたの出生図のどのハウス(人生の場所)で起こるか、こちらが重要なので、後日にハウス別にアップしますね。9/1の新月読みも参考になさってください。

ややこしいわ
と思われる方
人生の新しいテーマが乙女座の日食ではじまる

これだけ覚えておいてください。

 

9/9 木星天秤座入り


2016年木星の天秤座入り 結婚運は? 幸せの在処はどこに ハウス別編

いよいよ女神の審判がくだされます。

半年間、あなたが取り組むテーマは乙女座にあり、そして次のサインの天秤座で展開されていく。

真のパートナーシップを望むなら
まずあなたから愛する
愛の生贄を行ってくださいね。
すべてを捧げないと。

これは男女におけるパートナーシップだけでなく、人間関係すべてにおいていえることです。

ここで広げられるだけ広げ、来るもの拒まず、受け身一辺倒で過ごした後、9/23から関係を絞り込まれていきます。

自分からそうしなくても、人は皆好き嫌い、合う合わないがありますから、自然とご縁ある関係は密度が濃くなっていくでしょう。

ここで、思考を使わない。
頭空っぽにして、体が求めるままに。
それが間違いない方法です。

欲望に負けたとしても、それがあなたの本望なら従いましょう。というか、従うへぎです。ここで、結果を考えてしまうと、経験を捨てることになります。

経験を捨てて安全を選びとることは、進化しない自分、進化しないまま金星の蠍座を過ごすことになります。

 

9/27 冥王星逆行終了
   火星 山羊座へ


長らく逆行していた一番パワフルな冥王星が順行に入ります。

意識の一番深いところでの掘り起こし作業が終わり、あなたの人生における集中テーマが決まります。

社会変動を眺めながらあれこれ考えてみたけど、結局は日常の中にしか幸せはない、その中にこそ価値がある。根本的なことに気づき、それをテーマに着地する人が増えてくるでしょう。

ここでは、本質を見抜く力も必要になってきます。

行動を示す火星は、ローカルな土を耕します。自分の社会作り。

早い人は、9月末から宇宙エネルギーを具体化に使うことになるでしょう。


 

 

毎日どう過ごすかは
今日の宇宙エネルギーを参考にしてくださいね

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
にほんブログ村

 

 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。