豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

芸能人から学ぶ憧れ幸せ結婚生活を続けている美女の生き方 樋口可南子さん

こちらの続きで、松本伊代さんを今回はさんを取り上げたいと思います。

力まなくても幸せは続くよの
松本伊代・ヒロミ


松本伊代さんは美女ではありませんが、あの脱力加減が仲良し夫婦の秘訣なんじゃないのと、このあたりを占星術から読み解いていきたいと思います。

ヒロミさんのブログ名は、時遊人。
そのネーミングが納得の、水瓶座に天体が3個集中してあります。そこに夢と拡大天体がハードに関わっているので、大きく出すぎで道外す、となりますね。芸能界を干された時期がありましたが、外されたからこそ時間や空間に縛られない水瓶座の時遊人を獲得されたと思います。

そう人生は、すべて魂のシナリオ通りです。

内面はナイーブで、かなりの小心者といいますかデリケート。超神経質、超細かい、超辛辣。この辛辣さを毒舌と言われたりしているようですが、毒舌というより当人にとっては、精妙に分析した結果の揺るぎない真実でしかない。容赦なさすぎるので、これを寛容に受け入れられる人はそういないでしょう。

自分で言っておきながら、自分で心に傷を負い、自分を追い込んでいくタイプです。

 

一方、伊代さんの太陽サインは、海水浴をする美女たちで、ずっとアイドル。おばちゃんになってもアイドルです。

きっと天然だろうな、と思って出生図を見ると、フワフワ感は見た目だけ。内面はしっかり者で寡黙。かなりの極限状態に置かれても、耐え忍べる忍耐力の持ち主です。仕事に対してはかなりの勤勉さ、尋常じゃない量もこなしていきます。

考えてみたら、そうでもないと寝ずにアイドルできない、青春しないでずっと働き続けられませんね。

芸能人はイメージが大事です。

そのイメージが壊れる時というのは、事件起こした時か結婚や離婚による変貌の遂げ方によって左右されますが、それよりも何よりもコメント力。発言によってどうにもこうにもなります。そんな中でも、寡黙なタイプはイメージが崩れにくいのではないでしょうか。

高倉健さんが、いい例ですね。

伊代さんも、あまり話さない。

というか、話せないんだと思います。感情の表現力が乏しいため、自分でどう何を話していいかわからない。青春時代、誰もが恋やファッションやショッピングして友達とのおしゃべりに夢中になる時期、彼女は仕事しかしていませんから。

与えられた膨大な量の仕事をこなし、セッティングされた会話しかしてない。その時期に必要な天体の訓練がされてないと思います。

なのでいつまでもフワフワしたキャラ、松本伊代のイメージを崩すことなく年齢とキャリアを重ねてこれた。嫌味がないのも、こういう理由からでしょう。

彼女のヴィーナスエネルギーは、夢の世界が関与しているため、自分が持つイメージそのまんまをいつまでもキープし循環させ続けられるパワーを持ちます。

好きになったヒロミさんは、いつまでも好きなヒロミさん。
毒舌吐いてテレビ干されようが、好きなヒロミさん。
無収入になろうが、ジム経営で成功しようが、好きなヒロミさん。

妻からこのような気持ちでいつも見られていたら、ヒロミさん幸せですね。

このヴィーナスエネルギーをお金として読むと、感情のつながりができると安定した常識外れの循環となります。これはファンと、ヒロミさんと。ヒロミさんに出資してたとしても、循環するから入ってくる。なので伊代さんは、一生貧乏とは無縁なのです。

 

ヒロミさんのブログ見たら、伊代さんとのツーショット多いですね、ヒロミさんも大好きなんでしょうね。

以前に見たテレビ番組で、ヒロミさんのテレビ出演復活は、伊代さんの働きかけがあったからと放映されていました。

真実かどうか星からの考察だと、陰から無言で尽くす妻。当人に直接促すことなく、テレビ局との橋渡ししながら黙ってその時を待っておられたと思います。

その番組で、テレビにカムバックできたヒロミさんに言いたいことは? と聞かれた伊予さん。何て手紙で答えたと思います? 

結婚してくれてありがとう。

ヒロミさんが結婚してくれなかったら、私は誰とも結婚していませんでした、と。

ヴィーナスエネルギー、そのまんまのセリフです。風化しないの、汚染されない。

結婚生活かれこれ20年近くになって、妻にこんなこと手紙で書かれたら、そりゃぁもう可愛くて愛するしかないでしょう。

こんな妻になりたいね、です。

次回は、桐島カレンさんを予定しています。

 

クリックしていただけるとうれしいです

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
にほんブログ村

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。