豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。
( ↑ ランキングボタンです)

1/18の宇宙エネルギー
そろそろ山羊座も終わり


本日も麗しき、ヴィーナスエネルギーから参ります。

ひらめきの流れ

思いつきの行動
完全なオリジナルを目指す

海王星とキロンと火星に挟まれているヴィーナスは
人生の目的を探しながらも
新しい価値を生み出すために
ひらめきに触れようとします。

ソーラーエネルギーは、お茶の葉を読んでいる女
なんでもない事象からの未来予測

まとめると

物事を全体に見渡せるようになると
現実世界以外のところから
力を取り込み、
未来予測したくなるのです。

今日のヴィーナスもソーラーエネルギーも
精神主義で

思いつくまま、ひらめきを優先し

偶然をシンクロととらえて
直観による霊能者的な判断をしたい。

占いの経験などなくても
人間にはもともと備わっていた感性で
女性は皆、巫女でもあるし魔女にもなれる。

現実のルールや、思い込みを外せば
誰にだって、できることなのです。

隠れた欲望、リリスはソーラを刺激し
そんなひらめきを使って
支配欲を増殖させますが、目的を持ったり
利得が関わると
インスピレーションは得られない。

ひらめきの流れの中
自分ひとりの世界に潜り込むには
月は天秤座で
他者の動向や評価を
つい気にしてしまうのです。

 

1/18シンクロカード
吊るし人 海王星


One Wowldカード

海王星は、すべてを溶解し
あらゆる境界線を越える天体です。

中央に書かれている目は
逆さを向いてますね。

すべてを逆転させて
見ることを促されているのです。

病気になれば、自分の医者になるし
奉仕活動すれば、偽善に気づくし
負けを認めれば、精神の勝者になれます。

自分は被害者だと叫べば
その時点で、加害者になるし

べてを受け入れてしまえば
自分のカルマに、気づくことができるでしょう。

気づいたところで
何かできるわけでもなく
背負いながら生きていくしかない。

運命を受け入れていくことで
そこから無限の
内なる創造性が広がっていくのです。

 

1/17のエネルギー検証
二極の世界は渦巻き巻き巻き


1月17日 価値観を同じにすると宗教グループになるんだよね 臆病で屈折してる魚座の金星

実践して迫力を持つ
シンクロカードでは二極、でしたね。

指導者の立場に立ちたいなら
Sっ気たっぷりにガンガン指導すればいいし

指導者の立場に立たずに
迫力持ちたいなら

実践を積み重ねまくってて、生活を送らないと。

どれとほど素晴らしい机上論を並べるより
畑で大根の1本でも作っている人の方が立派。

体を動かし、現実生活で実践していないのなら
それは無いに等しいと同じ。

山のてっぺんの景色を見ようが、見まいが
エリートであろうが、なかろうが

現場を知らない者は
自分の価値を広める力は持てないのです。

失敗しても、脇汗かくほど緊張しても
体験を優先しましょうね。

 

シンクロカードの二極では

相反するものが表裏一体となって
どちらかひとつでは存在しない状態。

これは
男女で例えるのが一番わかりやすいですね。

 自分が女性であること
男性と一緒にいれば自覚できますね。

男性は、左脳的だし
女性は右脳優先

女性は柔軟性があるけれど
男性は、ありそうでない。

普段、言いなりになってくれていても
肝心なところでの決定打は男性で

特に結婚するとかしないとか
責任が伴うことの最終決断は
男性次第となりますね。

違うから一緒にいれるし
男女で生きるのが、本来の自然の姿です。

自己否定するのも
自己認識するひとつの方法で

わたしたちは、二極の世界に住んでいて
相反するものがないと自分がわからないのです。

好き好きも
嫌い嫌いに、転じる瞬間があるし
その逆もしかり。

好きも嫌いも、同時存在です。

こんなふうに捉えてみると
自分の住む世界が昨日のシンクロカードのように
渦巻いていること、実感できませんか。

実は、夕食に
たこ焼き食べ過ぎて、脳が動き
ません。

脳でもある腸
消化エネルギーに使わせたい。

今日はここで終わっときます。許して。

 

あなたへの愛は、燃えてますわ。
ボタン押してくださいませね。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

太陽回帰ソーラーリターンで年運を読む 誕生日前は胎内記憶がよみがえるから魂の故郷に帰りたい

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。