豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

3月の宇宙エネルギー


3/4から金星が逆行に入ります。

金星牡羊座、逆行の意味としては
愛やお金に関すること、それにまつわる価値観やセンスなど過去を振り返りながら磨く、ということになりますが、現実生活では自分の中で強い衝動が強まっていきます。


3月12日に乙女座の満月
太陽は精神主義的な現象

精神に価値を置いて
そこから得られる価値を得る

月は動物のトレーナー
本能のコントロール

20日に春分
宇宙の元旦を迎えます。

28日の牡羊座の新月
風になびくリボンのついた大きな帽子、東に向いている

情報に敏感に反応し素早く動く


まとめますと

これまでの恋愛体験において
自分の気持ちに正直に
ありのままの気持ちでぶつかったことがない方

衝動に任せてヴィーナスエネルギーを発散されたことがない方は、12日の満月へと向かって、あなたの中で愛の衝動が強まっていくでしょう。

これまでの相手との関わり
自分の思い
相手の態度や反応を何度も振り返りながら、自分の中でエネルギーが蓄積されていくのです。

満月のヴィーナスエネルギーは
野生の鴨の群れ

衝動に任せてしまうと
どういう展開になるかはわかっている。

自分の中で納まるのを待つしかなくて
時間をやり過ごすしかないのです。

この動物的ともいえる本能をなだめ訓練させることで、美意識や恋愛に対する価値観、センスが磨かれていきます。

美意識が必要とされるお仕事をされているなら
今は苦しくても
この経験はのちに大きく役立ちます。

恋愛されていない方なら

お金を稼ぎたい意欲が増し、相手に刺激を与えながら獲物を狙うハンターとなり、粘り強く取り組まれるでしょう。

これまでの過去のやり方を振り返り
これまで得たビジネスの法則をもとにし

物質だけでは得られない
精神性に価値を置きながら、これまでとは違った手法を生み出そうとするのです。

恋愛していても
していなくても

そのどちらにせよ、あなたが意図したことは自分の中で大きく膨らんでいき、衝動を抑え本能をコントロールすることで、あなたの愛やお金に関するセンスは間違いなく磨かれていくことになります。

 

宇宙の元旦から新月の流れは

甘い癒しだけのスピリチュアルは終わり、魂の純粋な輝きをさらに新しい感覚で取り戻し生きていく流れに入ります。

誰もがお金や物質だけでは幸せになれないことを知っていて、けれど生きていくためにはお金が必要で、知らず知らずのうちに執着してしまう自分がいる。

そこから魂を開放し
考え方や心のあり方を変えていくのです。

これまで交際していた人の関係の中から
自分なりのモラルに合わない人とは永遠のお別れをすることになり、新しい流れに入るために、広げていくのではなく、付き合う人も考えも厳選し狭めていきます。

自分にとって確かなもの
自分なりの理想の世界へ向かうために
必要なものだけを残していく

ミニマムな人生の始まりです。

そして新月では
無意識に情報に反応し、少しでも多くのことを知って、あっちこっちへと動き視野の拡大を求めていきます。

この情報を受信するアンテナは
あなたの脳、直観です。

ただやみくもに受信するだけでなく
あなたの直観とリンクした宇宙の情報をキャッチして、自分で考えるようにしてください。

あなたというフィルターを通して濾過し、あなたのだけのエッセンスを抽出しないことには、雑多な情報に埋もれ、いつまでも迷子のまま、現実が何も変わってはいかないのです。

そのためにも
4月15日まで続く金星逆行期間を、どのように過ごすかがとてもとても重要です。

どんな情報も
どのような素晴らしい教えも
扱うのはあなた自身であることを忘れないでください。

知っただけでは、何も変わりません。

そのあなた自身がどのような意識を持って毎日を過ごし、何を実践し続けているのかが何よりも重要で、この地球では、体験がすべて。

それを知っている人が
情報を扱い
意識を使って現実を変えていくのです。

美人になりたい方
美しく生きたい方

大いに苦しまれてくださいね。

苦しみを深みのある美に変えられるか
単なる欲望にまみれた醜さとなるか
どちらになるかは、あなた次第です。

毎日の過ごし方は、宇宙エネルギーを参考になさってくださいね。

 

 

クリックしてくださいませね💛

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。