豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

蠍座のマジョリティー
シングルマザーAちゃんの近況です。

これまでの様子は、こちら。

母でも幸せになりたいシングルマザー編 再婚して子供と幸せになりたいの

Aちゃん

最近、不思議なくらいに気持ちが落ち着いています。

彼は、自営業をやめて就職できた仕事を頑張っています。

先日、給料が良かったからと、子供の服を買ってくれて、ステーキもご馳走してもらいました♪

ちょっとしてもらうと、すごく嬉しくてまだまだ紗栄子には近づけないなーです!笑

わたしの親の反対があるので、どうすれば良いのか。

モヤモヤ考える事があるけど、私の心が落ち着いてる間は、このままで良いのかなって思ってます!

わたしも、仕事では、任せてもらえる事が少しづつ増えてきて、自分は出来るんだと、自分を褒めようと努力してます♪

期待するなら自分に
相手は変えられない
自分が先に変わる

この言葉を常に意識しています♪

人には期待しないで、してくれた事に感謝する。そう思ってたら、些細なことで腹が立たなくなり、妹にも、こないだ偉そうにレクチャーしてあげしました!笑

自分のことは、自分では、なかなか分からないものですね、

この先、どうしたいのか
彼氏とずっと居たいのか

親に反対されてるのに
再婚したいのか

それは子供にとってどうなんだろう

今の仕事ではなく、もっとやり甲斐のある仕事かあるじゃないか。

いろいろ悩んで考えます。

もっと芯の通った
私は、何が何でもこうする!

って言い切りたいです

うーん

やっぱり子供が幸せになれる
確信があったら再婚したい

が・・・ほんまなんかな?

まだそんなん言ってるんか!って元美さんに怒られそうです。

怒りますかいな。

幸せのカタチは人それぞれ。
生きていれば、気持ちも考え方も変わります。

変化していっていいし、変化しなくてもいい。すべては当人が何を望み、行動するかです。

ここで改めて、Aちゃんのホロスコープでを読みます。

蠍座の新月直前の生まれ。

新月が新しいテーマを持って生きるスタート地点とすると、直前生まれは、目的を持たずに周囲の状況に合わせて生きることが人生の主軸となります。

だから、今のAちゃんの生き方は、自分に合った生き方となりますね。

蠍座は、ひとりで何かを始めたり
自ら何をするのを望まないサインです。

わたしの愛する人
その人だけと一緒に生きる、のです。

相手ただひとりにすべてを投影し、癒着するので心理的にかなりハードで辛いです。

誰しも、目的を持って生きていない間は太陽ではなく、月と水星、金星までしか使わずに生きます。

良い悪いではなく、女性は、太陽を使わなくても生きていけるのです。

Aちゃんは、蠍座の月・水星・金星で同化する。

彼がわたしで、わたしが彼

感じ方も、受け取り方も、考え方も
一緒に過ごすほどに同化していく。

今は彼が一生懸命に働いて、子供に食事にと、ちょいリッチな思いをさせてくれているから、深い安心を得て幸せを感じることができています。

Aちゃんの幸せ
それを手にし
感じながら今を生きているのですね。

Aちゃんの蠍座の太陽・木星は、彼氏でもあり父親でもあります。

10月に木星が7ハウス蠍座、単純に読めば婚期です。

占星術的に読むと、隠れているものすべてを表面化し、そのときに持っているもの、良くも悪くも拡大されていきます。

現状が続けば、木星の社会系やである結婚となってもおかしくないし、太陽・木星でこれまで放置していたものがあるなら、それが見えるかたちで差し出されます。

現実を示す土星は8ハウスにあり、12月山羊座に入り更に力を増します。

Aちゃんのプログレスの月も天頂に向かっていて、心理サイクルで読めば上弦の月で、これまでの一部刷新しての微調整が必要なときとなります。

それが結婚となるのか
同棲となるのか
家族の反対にあって、家族との交流を疎遠にするのか

それはそのときの当人の選択です。

金星サビアンは、キャンプをつくっているインディアンたちで

テリトリーとは別のところで、関係性を持ち安心した暮らし、新しい環境を作る、です。

Aちゃんにとっては、テリトリーは両親や妹たち
新しい環境は、子供と彼との暮らし。

それがAちゃんの求める幸せの形なので、家族とは少し距離を置かないことには、彼との暮らしは手には入らないのかもしれません。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

セッションメニュー一覧 京都アグニ

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。