豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

面倒なランキングボタンです。
ctlボタン押しながらクリックすると別ウィンドウで開いて戻る必要がありません。

大変でなければ、宇宙とつながるようポチしてくださいませね♥

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

8/14お誕生日の方
おめでとうございます♥

今日の宇宙エネルギー


月は牡牛座に
逆行の水星と手をつなぎ、どのような変貌を遂げるかはわからない、未知数のエネルギーを地上に届けます。

このエネルギーの中で
好きと嫌いの大きな振り幅の中で
過去から分析し
新しい愛の価値観を探し続けます。

これまでにない選択をしないことには
いつまでも過去と同じ繰り返し。

場所や相手を変えても
また、今の自分に突き当たります。

今、選択に悩んでいるなら
どちらも選ばない選択というのもあるのです。

月は、太陽・火星とスクエア
過去の何を切り捨てて、未来につなげるかです。

あなたの公的なパートナー
または、交際する人々

そこには、どのような愛を共有しているのでしょうか。

日々の目的となる太陽サビアンは
伝書鳩

サビアン読み
本日の金星メッセージを中心にお届けします。

☆…………………………

金星サビアン
広場で、手書きの巻物の前にしている男

昨日は食べすぎて
まどろんでいたら
いろんなヴィジョンが浮かびあがり
わたしの曼荼羅ができあがった。

イメージできる映像は
パラレルの世界から引っばってきたもので
そのどれもが実現可能なわたしの姿。

どんな環境で生きるかを
わたしは選べるし
実現できる力が備わっていることを
夢の中で思い出した。

わたしの可能性を広げるために
社会と接点をどう持とうか

月のわたしの部屋ではない
家のすぐそばにある広場
公的な太陽の下で曼荼羅を広げて考える。

大好きと大嫌いが極端で
好きになれば
自己犠牲してまだも尽くすし
大嫌いになれば残酷にもなれる。

この相反するエネルギーを
どう使いこなせば
創造の力へと変えられるのだろう。

飛べない鶏のように
羽をバタバタ動かしても
重い体は持ち上がらなかったけれど
それによって、限界を知り
霊性を取り戻すことができた。

高く飛ぶことを目指すより
目的地に確実に到着する伝書鳩に習って
決められたことを
決められた通りにきちんとこなし
人の役に立てる、わたしになりたい。

長期的に地道な訓練を重ねた者だけが
高次のメツセージの担い手になれるように
わたしの能力を日常生活で訓練するのです。

☆…………………………

note 
7/23獅子座の新月から自分にかける魔法(一ヶ月間)
マインドブロック外すお話も書いていきます。
https://note.mu/kyotoagnih/n/n8231fcdb3240

 

昨日のエネルギー検証


中毒した鶏、でしたね。

8/13 無理だって でもやりたいんだよね

願望を叶えるために、かなりの無理をするという意味で、薬物中毒患者のように何かに取り憑かれている状態です。

鶏には一応、羽はある。

羽をバタバタさせれば、限界を突破したら飛べるのではなかろうか。

重い体であることを忘れて、飛ぶことだけに集中して、自家中毒を引き起こしています。

 

前のサンダンスもそうでしたが儀式や願望実現の魔術には、意識を別次元にトリップさせるために、煙や薬草を用います。

これを覚醒とか、トランスといいますね。

どのような状態になるのか知りたかったけど、トランス状態に陥れる薬草もなければサボテンも手には入らない。

この本で、脳内だけでそのような気分になってみました。

こちらもめちゃ良かったです。
意識変容に興味ある方は、是非読んでください。

 

覚せい剤は悪ですが
大麻は善という声が、あちこちで上がってきていますね。

神さまは最初、雲から麻の糸を垂らして地上に降りてきたと言われるように、大麻は日本古来から最も大切にしてきた植物で、生活に欠かせない文化そのものでもありました。

ええ、わたくし
大麻を吸引したことはございませんが
麻は大好き。

生活の至るところで使用しています。

洋服はすべてリネンかコットン
こちらはコットンドレス。

近所を散歩中
無難を好む娘から
、その服は恥ずかしいからやめてほしい、と言われていますが着ます!

お盆休み中ですから、短めに終わっておきます。

ごゆっくりお過ごしくださいませね♥

 

大変でなければポチよろしくです♥

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。