豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家
京都アグ二の金子元美です。

お誕生日の方 おめでとうございます♥
☆…………………………

目次
〇本日の宇宙エネルギー
◯宇宙のうた

〇検証記事
1.ときの声を上げるタカに変化する旗
2.結婚結婚結婚結婚

☆…………………………

ポイントだだ下がり👇♥
と書いたら押してもらえた(≧∇≦)b

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

今日の宇宙エネルギー


双子座の満月です。

月のサビアンは
生意気に自己主張する少女トプシー

保守的なもの
共同体から離れてわたしを主張するという意味で

太陽は昨日に引き続き
ときの声を上げるタカに変化する旗

この満月エネルギーを海王星が吸収します。

この3天体は、すべて11度で
先月の牡牛座の満月も同じコンビネーションで
同じ度数でした。

この流れを読むと
海王星が示すスピリチュアル性と
未知への探究心が不可欠だということでしょう。

単にスピリチュアルに浸っているのではなく
普段は見逃してしまうような些細なこと
掴みきれない言葉や形にできない思いなど
わたしにとって必要なものだと感じるのなら
それを丁寧にすくい上げて大切に扱う決意をしましょう。

それを大切に扱うと決意したなら
これまでの人生を脱線する必要も出てきます。

既存のルールや規律
その場が作った守りのスタンス

海王星は、フォーマットを作らない
これまでのものを崩し溶かすエネルギーです。

満月サビアンが示しているように
わたしがわたしであることを主張するためには
既存のものには従わない反抗心がでてくるでしょうし
それが次の行動意欲とつながり
ときの声を上げるタカに変化する旗になるのです。

同じことを繰り返し
慣れたことばかりしていると
海王星は眠りに誘います。

眠りの無意識の世界から戻るとき
何かしらのものを持って帰ってこれたのなら
それは気づきに変わり
あなたを目覚めさせてくれるのでしょう。

 

宇宙のうた


見知らぬ土地
未知の世界に行きたいわたし。

新しい世界に入ったら
参入者として試験を受けねばならず
わたしの資質すべてをチェックされ
すぐには対等に扱ってはもらえないだろう。

その場でずっと続いてきた
習慣や暗黙のルール

それを見習い従わなければ
未知の世界に馴染むことはできず
かといって、いくら腰を低くしていても
歓迎されるとも限らない。

わたしは、ずっと誰かと一緒に
生きることを望んではいるのだけれど
取り囲まれてしまうのは嫌で
つい反抗心がでてしまうのは
どこにも行けず、誰とも生きれず
逃げる子供のまま彷徨うのだろうか。

毎日、手慣れたことを
手慣れた手順で繰り返すのは
未来への憧れだけを強くして
あれこれひとり考え、疲れて眠る日々

あの人と心理戦で挑んでも
いつも読みきれず
意外な攻め方をされて負けてしまう。

水星の逆行に手伝ってもらい
記憶の中から未来を紡いでいこうか。

蓄えた知識から引っ張り出すのではなく
生活の中に因果関係を探しだせるヒラメキを
海王星から引っ張ってこよう。

ヒラメキが降りてこなければ
待ちながら想像するプロセス
そんな時間が
わたしだけの思考体系を創り
考える道筋を創ってくれるはず。

急ぐことはない
わたしはわたしのペースで進めばいい。

誰かのスピリチュアリズムや
情報に乗っかって
わたし自身を見失わないように
わたし自身が反応したものを
人生の旗とすればいいのです。

☆…………………………

今年の5/26の双子座の新月トピックです。

書き込みしてくださった方は
ご自分の成果のほどをご確認くださいませ♥

5/26 双子座の新月

☆…………………………

ここから更に深いお話へ

note 
自分にかける魔法の説明書(毎朝8時半頃更新)

https://note.mu/kyotoagnih/n/n71937a2f0fda

 

昨日のエネルギー検証


12/3  双子座の満月前 気づきが行動を促す日 

ときの声を上げるタカに変化する旗、でしたね。

意識の一番下にある領域は、言葉は通じず
シンボルやイメージだけしか通用しないといわれています。

このサビアンの、ハタです。
(わたしはマントラと表現しました)

アファメーション等でも
否定型、長文は用いないというのは
こういうところからです。

もともと潜在意識では
単純なものしか認識できず
深い領域には原始的な力が眠っていて
ここをイメージでキャッチできると

パワフルな力が目覚めるのです。

火事場の、バカ力のようなものですね。

生命の危機に遭遇したとき
生や死をイメージする何かしらのヴィジョンを一瞬で描き
内側から信じられない膨大な力がみなぎり体を突き動かします。

この力は、頭であれこれ考えて
出てくるものではないし
出そうと思っても出せるものではないように
潜在意識の一番下にある力
わたしたちの原始的な力を引き出すプロセスです。

 

結婚結婚結婚結婚


昨日セッションして、よく理解できました
という反応をいただきましたのでご紹介します。

うちのアホ息子、二人の事例です。

正確な年齢は忘れました。
多分35と33歳くらいでしょう。

もしかしたら、もう少し上かもしれませんが
このくらいと思っていてください。

長男は、太陽・水瓶座、月・双子座
次男は、太陽・魚座、月・蠍座の
風と水の優位な子たちです。

母親のわたくしがこんなですから
個性は強烈で、自分独自の世界を持っています。

二人共、なぜか人気があり
小学校3年生くらいの頃から毎年
バレンタインの日はチョコを山盛りもらい

それをすべて食べて
翌日はお腹を壊して必ず欠席するという
アホさ満開の息子たちでした。

毎日、息子の友人たちと
彼女が出入りする賑やかな家でして

母親のわたしは
これまで付き合う彼女、全員に
「息子はやめとき」と言い続けてきました。

それほどアホで
それほど自己中なタイプでした。
(書いていて辛い( ;∀;)わたしそっくり)

仕事をする年齢になり
自営し、それなりに人も使い
食べていくには困らない暮らしを
送っていますが、結婚は避けていました。

長男は、彼女を取っ替え引っ替えし
次男は、ひとりの女の子と長く交際し
途中、別れてはくっつきを繰り返しておりまして
この彼女(今の嫁)にも

「息子だけはやめとき!」

と言い続けてきました。

ある時、嫁に相談されまして
息子に本音を聞いてみることにしました。

いいですか、皆サマ
よーく読んでくださいましね。

あるオトコの本音を。

母親という立場から離れ客観的に見て
どこからどう見ても、草食ではございません。

完全に肉食系
仕事にも友人にも女性にも

常に意欲満々の
今時、骨董品というくらいの男性上位思考です。

それであるにも関わらず

結婚は嫌だ! 言い続けておりまして

何で? と聞くと

・オンナは夢ばかり見て面倒くさい
・期待しすぎ
・現実を見てない
・寄りかかることばかり考えてる
・ぐちゃぐちゃ訳わからんことばかり言う

・結婚したら遊べない、家に縛られる
・σ(゚∀゚ )オレの働いた金を小遣いとしてもらうのが理解できない

で、ございました。

オトコ目線を知れば
納得できませんでしょうか。

日本経済がサッパリで
車も売れなくなっているこの時代
今時、結婚したいと望むのは

年寄りの金持ちジジィぐらいでしょう。

このオトコの本音は、少なからずも
他のオトコにも共通していると思いますので
このあたりを逆手にとって
母性豊かな、逞しく生きる女性を
アピールしてはいかがでございましょう。

長男は未だ、流れる風のように生きていて
次男は、嫁に押し切られて結婚いたしまして
今年で3年目(多分)

先日、漏らした嫁の本音です。

「お母さんの言うとおりでした。
〇〇と結婚生活を送るのは大変です」

母親のわたくしからすれば
息子と結婚したら、苦労するのは目に見えていたので

「息子だけはやめとき!」

と言い続けたのですが、嫁からすれば
わたしを認めてもらえないが故と思っていたらしく

いや、ちゃうねん
ホンマに、苦労するねんて
嫁の言うことなんか聞かへんし
せやろ、ホラホラ苦労してるやん。

でもね、嫁のホロ

尊大でわがままな夫とででるから
うちの息子と結婚しなくても
夫に手を焼くのは、あなたの運命やし

なんとか乗り越えてな

乗り越えられた時、恋人時代にはなかった
深い安心感と信頼関係はできていますから。

それまで応援はしますから。

 

結婚生活は、わたしを磨く場のひとつで
決して夢描き恋焦がれるものではなく
あるのは現実生活そのものです。

他人同士が切磋琢磨しながら
子供や互いの家族を通して
ひとつのまた大きな家族になっていく。

この輪に参加する意識を持って
これまでにはなかった愛を体験し
一緒に生み出していく場です。

仕事のように
帰宅したから離れられるものではなく

わたしの人生舞台、そのものなのです。

ウェディングドレス着て
オメデトーと言ってもらえるのは

たった一日限り

大人のわたし
妻や母になる始まりのセレモニーなのです。

 

今宵、満月21時スタートですわ♥

今夜から新システムです。
まだ知らないあなたサマ、いらしてね。

改定「ネットワーク魔女クラブ 」毎月の新月・満月21時より開催

これまでにいただいたご感想 京都アグニ

応援ポチをプリーズ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

 

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。