豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家
京都アグ二の金子元美です。

お誕生日の方 おめでとうございます♥
☆…………………………

目次
〇本日の宇宙エネルギー

〇検証記事
1.満月から生理のお話
2.出雲の縁結大祭

☆…………………………

ポイントあがらにゃい♥

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

今日の宇宙エネルギー


月は蟹座に
満月パワーを吸い込んで
木星・海王星とグランドトリン。

豊かな創造力を表し
共に共感できる仲間がいれば
この思いは広く深く広がっていくでしょう。

現実は思い通りに運ぶことなく
辛いものかもしれないけれど
あなたは食べることには困っていないし
夢見て眠れる場所もある。

木星は社会生活の恩恵で
海王星は金星の高次のエネルギー

そして、月は受け取りです。

今ないものを取りに行こうと励むばかりでなく
今在るもの
与えられているもの

それに気づいて
思いを一緒にすることから豊かさは始まります。

逆行中の水星は土星と共に在り
月とオポジション
相手の思想から受け取ったものを
身近な対人関係で活かしていこうとし

火星・天王星

何かアクションを起こすときは
これまでとは違う言動を起こすことを前提にし
過去の失敗を教訓にしながら
未来を、そして自分を改革しようとするでしょう。

金星・太陽・海王星

美しい愛
美しい人生
愛して止まないあの人

いつもよりも愛に対する感度が上がり
ロマンチックな情景に浸りやすいでしょう。

思いだけが拡大していくため
現実は幻滅を感じる不幸なものとして映りやすく
このエネルギーを特定の相手に向けると
理解はされることなく溝を作ってしまうでしょう。

夢が行き過ぎると
愛やお金で大きな損失を出してしまうかもしれません。

その結果、被害者や犠牲者になりやすいでしょう。

夢は夢の世界で
現実は現実の世界でと
意識の仕切りをつけて過ごしてください。

太陽サビアンは
ピラミッドとスフィンクス

法則を見出すことで
これまでの見方が変わることを意味しています。

あなたからすれば理解できないこと
不透明でつかみきれないもの

古代の知恵を借りて、現代にも共通しているもの
それを探し出してみると
わたしの心の在り処
求めて止まない理由を知ることができるでしょう。

☆…………………………

ここから更に深いお話へ

note 
自分にかける魔法の説明書(毎朝8時半頃更新)

https://note.mu/kyotoagnih/n/n71937a2f0fda

 

昨日のエネルギー検証
満月から生理のお話


12/4 双子座の満月 マントラで根源的な力を引き出そう

満月でしたね。

自分の内側から満たされたもの
感じ取られたでしょうか。

昨夜は、ネットワーク魔女クラブでございまして
内容を

覚えていれば

明日にでもお届けしたいと思います。

新月・満月のときに生理になる方が多く
新月なら新しい始まりのときで
満月ならこれまでの受取り期間です。

ここをチェックされるだけでも
自分が今、どのサイクルにいるかの
目安をつけられますね。

生理があるときは、体が重くなって
億劫に感じるものですが
なくなればなくなったで
あの時の感覚が懐かしいものとなりました。

失くなってはじめてわかることは

生理というのは、女性にとって
とても大切な器官で
体全体のエネルギーを凄まじく
動かしてくれるものだったということです。

生理なくなりますでしょ。

そしたらエネルギー回転しませんの。
いや、ホント。

体力のあるナシを言っているのではなく
ホルモンバランスが狂って
嫌な方向に動くか
それともまったく動かない。

滞るというか、停滞するというか。

生理というサイクルが肉体を
躍動的に動かしてくれていて
なくなればセックスか
恋してアドレナリン大放出して動かすか
目的持って意識で動かすしかない、感じ。

幸いなことにわたくしは
野口整体で気を通しているし
イノシシのような性格をしておりますから
停滞したままということはございませんでしたが
この切替ポイントがうまくいかないと

更年期に襲われ続けるのではないでしょうか。

更年期も、人によってあったり、なかったり

この差は、やっぱり
心(意識)なのでしょうかしらネ
?

 

出雲の縁結大祭でしたね


抽選倍率が年々上がっているらしく
参加するのも大変らしいですね。

わたくしがはじめて行ったのは
修学旅行生のときでした。

学内一人気ある男子に密かに恋い焦がれ
修学旅行中に告白された思い出があります。

流石の縁結び出雲大社と
喜んだのもつかの間すぐに別れてしまいました。

モテ男だったので
トーゼンといえばトーゼンの結果で
後から考えれてみれば別れて良かったオトコでした。

これは出雲サマのお計らいかと歓びましたが
その後に付き合ったオトコは
どれもサッパリでございました。

若かったわたしは
意味がわからなかった。

なんで、こんな絶世の美女に
王子サマが来ないのか

なぜなぜナッシング? (・・?

大人になった、今ならわかります。

ええ、根性が悪かったのでしょう。

困ったときだけの神頼み
そんなの何の計らいもしてもらえなくて当然。

人間関係だって、困ったときだけ頼んでも
誰がしてくれるんや、という話ですわね。

すべては日頃の行い&当人の努力ですわ。

努力してても、ツボ外してたらあきませんよ。

自分目線でだけで物事を見ていると
これもまた、ツボ外してますよ。

人にも神さまにも可愛がってもらえるよう
普段からお付き合いをしながら
自力で足りないところを、力添えしてもらうのです。

縁結びだからと喜んで出かけ
そのときだけ神頼みしても
聞き入れてはもらえませんて。

うちの可愛い豊かな子も行きました。

水星逆行に入ったとこで
心配してたら案の定、はがき忘れてた。

 

どないすんのやー?

 

これでご縁が決まる訳ではないのでね🎵

写メでOKだって。

 

ええ時代やな。

 

ひと安心だけど・・・
大祭への参加を辞めると思われる(笑)。

興味なくなってきたから。
出雲大社は、早朝参拝しに行くけどね❤

 

はぁ〜?

飛行機乗って行ってんのに
大祭に参加せぇへんのかー?

 

大祭へ参列すると
受付時間やらなんやらで
宿の朝食もゆっくり食べられないし
出雲大社もゆっくり観られないんだ。

歌手の竹内まりあさんの実家の宿
古いけど、出雲大社に一番近い宿❤

天女だって♥

 

ココロのままに・・・やな。

 

早朝、気持ちいいー
神様いるね❤


ど~ん(笑)

この子のアッケラカンさに
ゲンコツおにぎりに見えなくもないですが
神サマが可愛がるのは
こういうタイプなのではないでしょうか。

縁結びの大祭だけに参加してサイナラより
日の出と共に早朝参拝し
じっくりと心落ち着けて境内を回り
神気をいっぱい浴びて帰る子のほうが
神サマも「また来いよ」と言ってくださるはず。

彼女には、とてもとても好きな彼がいるのです。

にも関わらず
抽選倍率の高い縁結びの大祭より
自分の感性をとった。

もしかして、あなたサマ

皆が群がる場所にドドーッと行き
行ったら行ったで、何をしていても
頭の中は、彼のことでいっぱい?

これでは自分不在

どれほど引き寄せしても自分不在では
現実では、
恋は実りませんし
何をやってもサッパリでございます。

宇宙はね
自分という創造主をないがしろにしては
何ひとつ実現しないようになっていますの。

かといって、自己中ではいけない
かといって、犠牲者になってもいけない。

いつもいつも、わたしの中心にわたしがいて
わたしを喜ばせ楽しんでいないと
何ひとつ、うまくいかないようになってますの。

彼女は海外にも行き慣れているので
旅にアクシデントはつきものと捉えるようですが
彼女は決してアバウトなタイプではなく
むしろキチキチの几帳面で
すぐに反応してまう自分を変えようと
取り組んでいる最中にいます。

 

恋が実ったら、ブログネタにしてね〜

 

もちのロンですわ。

というか、もぅ半分書いたけど。

彼女が好きな彼は
ナカナカ今時いないいいオトコ

このオトコをどう制覇するか
尽力を尽くしている最中ですが
彼女の金星は、逆境の中でも意志を忘れない

なので
意志を忘れないような人を好きになる。

わかります?

バーテックス獅子座の0度で
存在感在る人に惹かれ
そこから自己表現を彼女自身が獲得していくというもの。

そそ、人生で出会う人は
すべてわたしの資質や能力を伸ばすためなのです。

わたくし水瓶座0度で、地球では獅子座の0度。

彼女のおめ目に叶ったのも
彼女の義務を果たすべく役割に天体があり
ちゃんとホロ通り

占星術チンプンカンプンの彼女でも
内在する星はちゃんと知っていて
引き寄せているということですね。

彼女の好きな彼は、熟成した水瓶座。

実は、頑固で偏屈だけど
皆の幸せを願いながら
全体の気を計る博愛主義者。

さあ、どう攻めて参りましょうかしら。

創造して想像を超えた人生を過ごそうの占星術講座in浜松

毎月開催・京都駅前 豊かになるRun講座

よー、働きますでしょ。

 

どれほど好きな人がいても
まずはわたしを生きるんざます♥

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

Instagram

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。