豊かな私になる星読みブログ

皆さま、こんにちは。13番地魔女の家
京都アグニの金子元美です

お母さんがキライな30、40代の子育てママたちへ

の続きでボイスで録音しましたが、またやってしまいました。容量オーバーでアップできず。すみません、吹き出しアイコンで送ります。

 

もとみ
今日は、自分の子供に対して思うことを話してください。
めぐちゃん
将来のことを考えて、春休みのドリルをさせているのだけど、本人は嫌がっていて今朝も怒ってしもた。

もとみ
めぐちゃんは、自分の親から強要されたことはある?
めぐちゃん
ないけど、子供が休んでいるのを見るのがいや、夫に対してもそう。何もしないで家にいられるとイライラして攻めてしまう。私は、子供のとき親の手伝いをしていた。

 

もとみ
それは、させられていた?
めぐちゃん
うん、させられていた。コンニャローと思ってたもん。

もとみ
じゃあ、同じことを今子供にしているよね?

めぐちゃん
はっ!?

 

以前に潜在意識ってどうやったら気づくことができるの? と聞いていためぐちゃん。気づけた瞬間です。
でも一度気づけたからといって、心のクセはそうすぐに変わることはできません。今日はできても、明日はできない、一歩進んで二歩下がる、誰でもそういったペースです。

 

めぐちゃん
世代の意識とか虐待とか、連鎖するのがわかる気がしてきた。何て悪さをするんやろ、潜在意識って。
もとみ
悪さじゃないねん。メリットはあるねんけどね。

 

もとみ
話戻るけど、子供や夫が家でゆっくりしたら何で許せないの?
めぐちゃん
自分に対しても罪悪感はあるねん。昨日は風邪ひいてしんどくて寝ててんけど、夕方になると、今日は何もしていないやん、買い物も料理もしてないやん。許せない自分がでてくるねん。あかんやん、あかんやん、て。

 

もとみ
自分に許せるようになったら、夫や子供に対しても許せるようになるんやろね。
めぐちゃん
人は変えられないやん。わかってるねん、ても変えられないねん自分が。

 

もとみ
動くだけが前進じゃないやん。何もしないことによっできることもあるし、それを見つけていけばいいんと違うかな 。何もしない自分でいることによって得るものを探そ。
めぐちゃん
あかんねん、夕方になったら責めてしまうねん。
もとみ
働いてきたお母さんをみてきたから、時は金なりと思い込んでいるのかもしれんね。
めぐちゃん
そーなんかなぁ・・・

 

めぐちゃん
下の1歳の子には何も思わないのに、上の娘には腹を立ててしまう自分がいる。でも離れると気になってしまうのに、しばらく一緒にいるとまた腹が立ってくる。何やろ、これ。ものすごくいい子やのに。また罪悪感やわ。

 

もとみ
罪悪感だらけで生きているんやな。
めぐちゃん
ほんま、ほんま、罪悪感だらけ。もう最悪・・・ 上の子に用事言いつけても、すぐに動いてくれるねん。ほならまた罪悪感・・
もとみ
罪悪感持つくらいやったら、自分で動けっちゅうことやな。

 

もとみ
罪悪感は持たなくていいの。してもらったら、ありがとう。それだけ、そこで終わる。  
もとみ
夕方まで何もしてない自分がいたら、 私ってめちゃめちゃ幸せな星の下に生まれてるやん。仕事もしなくていいし、働き者の夫はいるし、言うことを聞いてくれる娘もいる。ちょっと最高ちゃうの。ぐうたらできて、幸せーっっ。で終わろ。

 

もとみ
話しを戻すけど、娘に課したドリルのノルマを、子供に戻っためぐちゃんがお母さんから言いつけられました。半分はできても、後半分は辛い。お母さんにと゛うしてほしい?
めぐちゃん
横に一緒に座って見ててほしい。
もとみ
じゃあそれを、明日から娘にしてあげて。 
めぐちゃん
忙しいねん、私。下の子もいるし。
もとみ
でも子供のめぐちゃんは、お母さんに横に座って見ててほしいわけやん。
めぐちゃん
でもな、娘の横に座って一緒にドリルやったら、あーだこーだといちいち聞いてくるねんもん。
もとみ
それ、めぐちゃんもするやろ。あーだこーだと聞きたいたいやろ。一緒やん。その気持ちがわかっているのに、何で、できないんやろ。
めぐちゃん
私のなかのチャイルドが暴れるねん、もっともっと暴れたい。壊れるまで暴れたい。今は娘と毎日、一緒に暴れまくっているねん。

 

今は春休み。
30、40代の子育て中のママさんたち、子供と一緒に過ごす毎日のなか、自分のチャイルドが暴れまくっているママさんはおられるでしょうか。

さて、この罪悪感の正体とは。

明日再びミスないよう録音します。

 

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ
私のなかの子供が
暴れているママはクリックを

 

 

Instagram

 


No tags for this post.

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。