豊かな私になる星読みブログ

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

結婚して夫婦にはなったけれど、愛されている実感が日に日に薄れていく。言葉にして不満をぶつけても、間接的に不満をアピールしても一向に改善される気配ナシ。

そんな不満だらけのあなたへ

結婚して幸せになれる女性となれない女性

読んでいただけましたでしょうか。
尽くさないと決めて、今を過ごしていらっしゃる方がおられたとしら、うれしいです。そのまま励んでくださいね。

ただし、コツがありますよ。

好きなように生きるわ
ではダメです。

これでは、やられたらやり返すの報復にしかなりません。気持ちの気というのは、思考を簡単に飛び越えて意図だけが伝わりますからね、お家の空気がトゲトゲしくなるだけですよ

夫に愛される女性は
女から見てキレイでも可愛くもない

 

これが現実です。
まだあなたがお若い奥さまなら、きっと衝撃だと思います。浮気されていてお悩み中なら、なおさらでしょう。

でもこれが事実です。
40代、50代になるとよくわかっていただけると思いますが、夫から愛されている女性って、たいていおしゃれでもないし、美からは離れている方が多いんですよ。

あるご夫婦のお話しです。
この方とは30年ほど前に知り合いまして、奥さまも何度お見受けしてお食事にも出かけたりしていました。

30年前からスッピン
おしゃれに興味はなく
田舎生れの田舎育育ち

看護師さんをしておられましたから、細かなやさしい配慮はできる方でしたが、ご主人には「もう忙しいから、お父さん勝手にやってほしい~」と会うたびに言われていました。

先日、このご主人と友人を通して久しぶりにお会いしました。

自営なさってましてね
しばらく会わない間に、まあご立派になられていたわけです。

奥さまはいらっしゃらなかったんですが、奥さまの話ばかりされるんです。可愛い、可愛い、あんな可愛い女はいない、生まれ変わっても絶対に今の嫁がいい、と聞きもしないことをずっと話されるんですね。

私は歯に衣を着せるのができないので、つい

どこが? と聞いてしまいしまた。

そしたらね
自営なさっているから、大波小波、津波がやってきた時期が何度もあったそうです。男は外でいいカッコしないといけないから、弱音吐けないし、かといって嫁にグチもこぼせない。破産かな、と悩み続けふて寝していたときに、嫁がね

ねね、お父さん、見て見て
フラダンス

と、習い始めたフラダンスを踊りだしたそうです。腰をあっちへこっちへとひねり、上達した様子を一心不乱に見せる妻。腰を右へフリン♪腰を左へフリン♪

ねね、お父さん
上手に振れてる?
どう、どう?

腰を右へフリン♪腰を左へフリン♪

このときね
このご主人は
オレ、目の前にこんな幸せある
何を悩んどんねん、と( ゚д゚)ハッ!としたそうです。

この奥さま、心を動かそうと計算されてませんよ。踊り終わった後、とっとと部屋に戻って練習に励んでいたそうです。その後に、フラの踊り続けてお教室を持たれるまでになりましたけど、それまでの間、ずいぶんと会社の資金も妻から借りたそうです。

ない、貸して、と言えば
はい
またない、貸して
はい
ない、貸して
もうない、終わり

細かいこと一切聞かない
フラの踊りに精をだすだけ。

長い夫婦生活ですから、途中ご両親の介護もあったそうです。ご主人が帰宅するのはいつも深夜。いくら看護師だったとはいえ、風呂から食事からすべて奥さまひとりで介護するのは大変だったでしょう。子供もいるしその他の家事もある。

ここでも歯に衣を着せられない私は
サイテーやな、と。

でもね、奥さまは何ひとつ文句言うことなく

腰を右へフリン♪腰を左へフリン♪
フラダンス

ねね、お父さん、見て見てと
深夜帰宅後に、何度も見せられたそうです。

この後、奥さまと話しさせてもらったんですけど、何も変わっていらっしゃらなかった。ご主人があんなに立派になられても、私たち田舎者だし~、と謙虚そのものでございました。

 

愛される妻はどこまでもマイペース

 

夫に愛されたいとか
愛してほしい
などといった悩みを持つ妻は、その時点で夫に期待をかけて苦しくさせているのではないでしょうか。

愛は見えないんですもの。
湧いてくるものなのに
フタしてどうするんですか
という話ですね。

夫の帰宅が遅いから
お金ばかり持ち出すから
仕事ばかりしているから

じゃあ
好きなように生きるわ
ではなく
好きなように生きるわ

なのです。

私は好きなことをして楽しむ
その成果を見て見て見てと。

これが愛される極意なのではないでしょうか。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
夫より自分を見て見て

 

Instagram

 


No tags for this post.

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。