豊かな私になる星読みブログ

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

つい感情を、人に持っていかれてませんか。
人は人、自分は自分と割り切ろうにも、ついつい人に目がいっちゃう。

避けよう避けようと思うほど、エネルギーを向けていることになるので、こっち来いこっち来いと、呼んでいるようなもの。

勿体ないですよ
時間もあなたのエネルギーも
だからね、自分研究しましょうね。

自分の興味あるものしか見ない
人は皆、自分の価値観でしか喋らない


友人との会話です。

もとみ
ああ、あれね。いつも使っているソフトメニューに入ってるよ
友人
ええっ、ないない。私のソフトには入ってない。バージョンが違うんじゃない
もとみ
えっ!?  だって○○でしょ。一緒だからあるよ、絶対に
友人
ないない、だって20年近く使ってるのに見たことないもん、ないよ
もとみ
あるって! 家に帰って見てみぃ~

 

友人
・・・あったわ・・・

 

先日、強い風が吹いていた日の会話。

もとみ
龍が泳いでいるーっっ 
A
猫バスだ
B
仕事やりにくくなるわ
C
雹が降ったら車キズいくやん。風、止んでー

 

私たちは、自分の見たいものだけ見て、見たいように見ています。

般若心境でいう、観自在。
観たいように観てるし、観ようにによってはどんな世界にも行ける、パラレルワールドです。

見飽きた家族、毎日職場で顔を突き合わせなきゃいけない憎たらしいアイツ。

この舞台を日本ではなく、治安の悪いシリアに変えてみましょうか。

見飽きた家族は、自分の命を賭けて守り抜く宝物になり、毎日職場で顔を突き合わせなきゃいけない憎たらしいアイツは「あんた、生きてたのかい」と涙流して抱き合える関係になるでしょう。

でも現実の舞台は日本ですから、やはり人との関わりによって、生活や仕事が楽しくも、これ以上ない苦痛にもなりますね。

でもね、ここでごちゃごちゃと相手のことを考えてもエネルギーのムダ。

正否を問い続けても、それは自分の価値観での判断のこと。千年唱え続けても伝わらないし、相手変わりませんよ。

それに、そんなときの自分
間違いなく枯れてます。

消耗してますの。

 

 

幸せの道は人生かけての自分研究


私たちは、自分を選んで生まれてきました。
降り立つ時間、環境、親までも選んで。

顔つき、体づきがひとりずつ違うのは、ひとつりひとりの感情や思考が違うからです。

女性なら誰しも、ここがもう少しこうだったら良かったのに、と思うところがたくさんありますね。私も若い時は、毎日自分の欠点探しをしては嘆いていました。

けれど、52年も生きていると、すべてが自分仕様、高性能でできているなとつくづく感じます。これは本当に神業。意志のあり様まで、体現されている。

自分の内側を意識してみると、何でここで怒るのか、何でこんなときに弱気になってしまうんだろう自分。

ここ泣くところじゃないし、何でこの人と関わらなきゃいけないのか。

今の自分だけでなく、これまでの体験による受け止め方など、知っておけばいいこと、研究テーマは山のようにあるのです。

これは、毎日の運気や人生全般の動きよりもずっと大事な作業。

だって、その時々での受け止め方が、あなたを幸せにも不幸のどん底にも追いやってしまうのですから、いくら人生のビッグウエーブが来たとしても乗れるワケがない。

そしてパラドックス的な話になりますが、自分を知って生きるようになれば、運気なぞ全く関係なくなってしまうのです。ええ占星術もなくても平気。

自分をどう扱えばいいのか、どう受け止めておけばいいのかをちゃんと知ってるから、怒りは怒りで、悲しみは悲しみで楽しめてしまうのです。

そしてそして
自分のことを知るほどに、相手のことも理解できて、なぁーんにも気にならなくなるのです。

ここでやっと、人は人、自分は自分です。

この区別には、愛があります。
相手への尊重と敬意ですね。

自分を知らない間は、削除の切り捨てた排他的区別です。

 

あなたという華
今持っている肉体と心、魂を連動させて咲かせましょうね。

バラ

 

 

バラは愛の象徴
香りは脳へ直接働きますのよ
おほほ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Instagram

 


No tags for this post.

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。