豊かな私になる星読みブログ

13番地の魔女の家
京都アグ二の金子元美です。

今はどの女性を見ても、ほんとうにキレイで可愛い人たちばかり。流行に敏感でスタイルもいいですね。

私が若かりし頃、35年ほど前までは外を出歩いていても、そうめったに美女はお目にかかれませんでした。もうね、50人とすれ違って、一人いるかいないかくらい。

それなのに私の住む田舎でさえ、美人率が上がってます。こんなスタイルよくてキレイな人いた、と振り返るくらい。

美人を見ると、同じ女性でもうれしくなりますね。

そんな中でも、エーテル体美女。
これに勝る美女はなし。

今日は私が思う、オーラ美女についてお話しします。

 

オーラであるエーテル、エモーショナル体とは


 

チャクラ

エーテル体とは、肉体から10~15センチくらい離れたところ位置するのがエーテル体。画像のオレンジと黄色部分です。

ここは肉体のコンディションを表します。このエーテル体を整える治療法もあります。

次にエモーショナル体。
肉体から30センチほど離れた位置で、画像では黄緑部分です。

ここは感情のコンディションを表します。一般によく言われているオーラカラーとは、このエーテルとエモーショナル体のカラーのことです。

画像の青、紫部分は、メンタル体と霊体。色というよりも光です。

大抵の方は、肉体があってその周囲にオーラがあると思われていますが実は逆で、魂の光が先。光の粒子が荒くなるに従い肉体が形どられているということになります。

 

オーラ見えても見えなくても 誰でも感じてる


オーラが見えるとか、見えないとか、そういうことはどちらでもいいのです。仮に見えたとしても手相と同じ。日に日に変化していくものなのです。

見えなくても繊細な日本人なら、たいていの方が感じとれているし、また感じて暮らしています。

なんとなく、こう感じる
○○○じゃないかな
といったたぐいのものです。

肉体のコンディションを表すエーテル体。

敏感な人なら、横にいると次第に映ってきます。何となく腰が重くなってきたとか、肩が詰まってきたとか。大抵の方は、自分の体調不良と思われるようですが、いつもそうだとは限らないんですけどね。

それに比べてエモーショナル体は、映りやすい。特に女性は、感情が優先しますからね。

前向きな人と一緒にいると元気になれたり、グチや不満ばかりの人といるとくたびれてきたりしますよね。そういった体感です。

 

エーテル体とエモーショナル体が輝いている人は



エーテル体が輝いていると健康です。

自己治癒力や自立性が高まっているので当然、ハツラツとした雰囲気があります。

ストレスやトラウマを抱えていない状態であると、エモーショナル体が輝きます。なので、何事も受け入れられるようになるんですね。

だからエーテル体とエモーショナル体が輝いている人は、シミやシワを嫌悪してませんね。

素直に妥協して、受け入れている方が多いです。スタイルも同じ。体重の増減、ボディの崩れも一応は気にしているけど嫌ってない。

肌質は持って生まれた資質と食生活が大いに関与してますけど、その人なりの髪とお肌の光沢感があります。

これは、時間が経過するほどに見えてきます。そう怖いのでございますよ。

エーテル体、エモーショナル体で輝いている人は、第一印象がさほどでなくても、ムンムンと魅力を発散されますね。見えるものに対する価値判断のみみっちさ、すべて覆いつくしてしまうほどに。

そういった方とお話ししていると、本当に楽しい。私の濁った眼も、少しは輝きを取り戻せるような、そんな気持ちになります。

 

誰でも言葉交わす前に気で交わしてる


トーク

女同士が集まると、始めに独特な雰囲気を作るでしょう。

それぞれの持つ気が交じり合いひとつになるまで、無言のけん制が繰り広げられるのですが、それもこのオーラによるものです。

この時間、結構めんどくさいですね。

感情や肉体のコンディション悪い人ほど、交じり合えてひとつになれたとき、これまたしつこいし、うるさい。(いや失礼)

女性の集まりが苦手だと感じる方は、多分こういった空気を苦手に感じてしまうからでしょう。

普段からエーテル体、エモーショナル体レベルで輝いている美人というのは、最初から別格。そんな波動には、交わらないというか交われないんですよね、きっと。

こういう人を見つけて自分から交わっていくと、まちがいなく輝けますねキラキラと

ひとりで、自宅にいてオーラ美人になりたい方
そんなあなたのために新メニューをご用意しました。

 

 

美は肉体と心と魂がセットです

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

 

 

Instagram

 


No tags for this post.

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。