豊かな私になる星読みブログ

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

今日、お贈りする2016年上半期まとめとは、春分から夏至4/7~6/21までの2か月間の星模様です。

あなたがどのような星のエネルギーの受け止め方をしてきたのかを振り返ってもらうと今後、星を活用しやすなります。

夏至から秋分に向かう6/21~9/22の活用法は、明日アップします。

 

私たちの深層意識へ働きかけたエネルギー


昨日まで長年実在していたものが、今日には姿を変えてしまう。

改革スピードは速く、嫌でも危機感をあおられるものでした。政治経済は上限を示しながら、失われたものの再生化を促しています。

星は、このような社会情勢を創りあなたに自立を促しています。

真剣に自分に何ができるかを考えさせ、大胆なほどに意識が冴えるよう、厳しさを伴って独自の考えを確立させてくれています。(今もです)

自分なりの理想を掲げ実現するためにまずやるべきことは、長年にわたって蓄積された感情整理、過去の金銭問題などでした。

自分を守ろうとする防衛心が強く働くと、大きな視野が奪われて、つい人生の本質を見失うなってしまう、そんな弊害も起こります。

何かに寄りかかり安心することを、許してはくれないのです。

そんな日常を離れ、体や心の緊張を解き放ったとき、向かう先は、魂が求めてやまない癒しや愛でした。

ここには試練がついてまわり、その過程の中で大いなる浄化が行われるという、混沌とした渦の中に巻き込まれていきます。

 

パワフルな二重エネルギー下の中で


5月下旬からの6月は、誰にとっても目まぐるしい変化の中に置かれました。

一時的に比べると随分と緩やかにはなってきていますが、まだまだ緊張は続きます。

意識の深いところでは、向かいたい場所はすでに決まっているのに、四方八方から揺さぶられ、状況が目まぐるしいまでに変わっていく。

ついほんの少し先のことも、予測不可能。成り行き任せ。

どう出るか、出てくるかで対応を瞬時に決めていく判断も必要になったと思います。

 

春分から夏至4/7~6/21が教えてくれたこと


この2か月間を振り返って、どんなふうに自分のことを、そして現状を感じているでしょうか。

魂レベルでの気づき、癒しは行われたでしょうか。

すべての制約を超えて、あふれてくるどうしようもない思い。

時空すらも超えて、あなたを抱き続けてくる夢。

消えては現れるを繰り返す、胸の奥深くに眠らせていた思いが目覚め、これからの現実を、そして人生を創っていくことになります。

 

はっきりとした目的や意志を持って休みなく努力を重ねてきた方も、現実はそう簡単には運ばないことを身を持って知ることになった期間だったと思います。

この春分から夏至を迎えるまでの期間、星があなたに教えてくれたことは、受け取る力でした。

あなたが望む望まないに関わらず、起こることすべてを受け取る力。安定した環境の中に抱かれ続けることを許してもらえなかったのも、受動力を高めるための作用です。

避けようにも避けられないこと、やりたくないけど、やらなければならないこと。そんな立場に立たされた人は、柔軟性が養われ、春分以前とは違った考えができあがったと思います。

求めている以外のものに目と心を向かわせ、それをその時に存分に楽しむ応用力。

そんな力がつけば、ちいさな喜びや楽しみが、やがで大きなものへと変わっていきます。

何かを得るために、走って取りに行くだけではない。

これからの新しい取得方法を教えてくれていたのです。

 

2016年 上半期のまとめ


・社会の激動は、あなたの自立を促すため

・自分の夢に向かうためには過去の清算から

・守りの姿勢に入るほど大きな視野を見失う

・自分の魂が求めているものを知る

・変動が続くのは価値観の変容のため

・避けられないことは受け取る力をつけるため

・動いて取りに行くより受け取って豊かさを知る


 

訪れるものすべて楽しめる
この感性が幸せになる秘訣だよね

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

 

 

Instagram

 


No tags for this post.

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。