豊かな私になる星読みブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。

思いを込めすぎて、タイトルが長くなってしまいました。
ひとつずつ解説します。

 

運命の人は自分 


 

鏡

あなたがこの世に生を受け、はじめて出会うのは自分です。

地球に降り立つ時間と場所を狙い、自分の魂にぴったりと合う両親を選び、自分が自分らしく生きていけるよう、山あり谷ありの演出をあちこちに用意し人生を生きていきます。

人生の最初から終わりまで共にする運命の人、それは自分なのです。

自分の顔は、鏡を見ないと確認できないし、自分がどういう人間なのか、他者と関わらないとわからない。

つい自分を置き去りにしてしまいがちですが、自分以上の運命の人はいないのです。

人生のパートナー探しも大切ですが、まずそれよりも存在のはるか大きい自分。

自分で認めて大好きになること。

人生は、ここからすべてがはじまります。

 

占い好きな女は未来を見通す力を持つ


女性は皆、占い好きです。
(ここでいう占いは占星術です。エンタメ系の占いではありません)

つい興味が向いてしまうのは
未来を知りたいからです。

今の自分がどうなっているか、どんな人と出会うか、どんな生活を送っているのか。それを少しでも知りたいからですね。

女性は子宮という月の世界を体内に持っているために、見えない世界や力がこの世に働いていることを本能的に知っています。

自分で得た予感や確信。

それを少しでも肯定するために、現実になるタイミングを知りたいのです。

占い好き、大いに結構。
自営業者ほど、占い好きです。

いい大人になって恥ずかしいと思う必要などありません。そう思うのは、世間で捉えられている占いのイメージをあなた自身が持っているからでしょう。

占星術は、星の動きを知る学問です。

隠れ占い好きでも、占い好きな人は、未来を見通したい思いが強く、何らかの願い、強い想念を持っている人なのです。

 

二重生活で自由に思いのままに生きる


 

 

ここにも書いているように
現実な社会生活と、天体リズムが織りなす宇宙生活

この両方を同時に生きる人が、自由に自分を生きれるようになります。

社会生活だけを重点に置いてしまうと、生活の安定は確保できても、規則やルールに縛られたツマラナイ人生になりがちです。

世俗嫌い宇宙生活中心に生きようとすると、貧困を招き、行き過ぎると孤立してしまう可能性だってあるのです。

この世に生きている限り、物心両方の豊かさが必要。

そのためには二重世界を生きて、社会生活でやるべきこと、努力すべきことを重ねつつ、宇宙生活において視野を広げ受容力を高めていく必要があるのです。

どちらか一方に偏りすぎない
社会生活と宇宙生活
物心のバランス

あなたなりの均等がとれたときに、あなたの器に見合った量、両方手にすることができるし、この状態のときに平和な幸せを感じることができるのです。

 

私たちは、霊的な存在なので、何もしなくても豊かさは得られるし、人生を振り返る年齢になると気づきは自然と起きてきます。

けれどもっと有効に、あますことなく望むままに行きたいと願う貪欲な女性ほど、結果的に思う人生を生きていくことになるのではないでしょうか。

すべては、あなたの決意からはじまります。

運命の人、自分との約束からです。

 

 

motomi33

今日のわたくし

( ↑ よくあるよね)

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

Instagram

 

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。