太陽を生きるブログ

皆さま、こんにちは
13番地の魔女の家
京都アグ二の金子元美です。

お誕生日の方 おめでとうございます♥

☆…………………………

目次
〇本日の宇宙エネルギー

〇検証記事
1.化石化された森

今日の宇宙エネルギー


月は牡牛座に、土星・冥王星と。

土や水のサインが強い方は
物事をゆったりとした気分で受け止められて
傷つき疲れた心も回復していくでしょう。

風邪をひくのは整体で
土星のメンテナンスです。

春を前に、花粉やアレルギーなど
体調変化を抱えている方は、体質改善や
生活習慣を穏やかに変えていける時となります。

金星・火星・海王星

金星サビアンは、キツネ皮をまとった女性

愛とお金に関すること
これまでの体験を活かして人生を広げていきたい。

憧れを象徴する人や物
少しでも描くヴィジョンに近づくには
負荷のかかる労働やプレッシャーを避けながら
より多くのメリットを得るために考え
臨機応変に立ち回ろうとするでしょう。

これまで他者との関係性で
深い感情の極限体験を味わったのなら
相手の心理のつかむべきポイントがわかり
深い信頼を得て
ひとつの転換期を迎えられるでしょうし
単なる我欲の強さからだけなら、かえって
立場を悪くしてしまうかもしれません。

自分のメリットは、もちろん大事だけれど
それと同じくらい相手のメリットも考えたい。

間接的に、かつソフトに
互いの潤滑油になる工夫を凝らすことに
エネルギーを使えれば大きな愛の発展が込めるでしょう。

水星・太陽・火星

太陽サビアンは、狭い半島での交通混雑

わたしだけが知る大切な価値を
人に教えたくなります。

愛からの行為であっても
相手が受け取る力がないと押しつけになるし
あなた自身も誰かから差し出されたとして
興味がなければ迷惑に感じると思います。

どちらにしても
お互いの
混乱が起きないようスムーズに行うには
求められたことに応えつつも
相手に逃げ場を与えた上で、行うようにしましょう。

 

続きはnote
自分にかける魔法の書
(夜遅くに更新)

絶賛発売中
※今回は2/16〜3/1までとなります。

それ以降は、当サイトでの
有料コンテンツとしてスタートします。

 

昨日のエネルギー検証


化石化された森、でしたね。

数字から読むと
1で、市場に並ぶ価値観の市場を知り
混乱が起きました。(始まり)

2で、対立要素を知り大切なものを隠します。

3は、隠したものの内で、不要なものと
さらに大切なものの選別をし
化石にして残します。

化石にするのは、風化しないよう
価値をわかってくれる人に出会うまで
永久保存しておくためです。

タロットカードでは、3は女帝
化石にして閉じ込めるのも
魚座なりの発展させるための作業なのです。

 

価値観は人の数だけありますが
すべての人に自分を理解してもらうのは無理だし
あなた自身も、すべての人を理解するのは無理です。

天秤座の7ハウスで対人関係が始まり
蠍座の8ハウスで特定の人との関係を深め
12ハウスの魚座で、隠し持っておきたい価値は
蠍座と魚座でトラインを形成するように
深くて広い
魂同志での交流が行われるのです。

天秤座の解釈を間違えて
金星の上辺だけを取り繕っていると
8、12ハウス体験も人目や評価ばかりを気にして
存分に味わい尽くすことはできず
化石にしておきたいほどの大切な価値観も
見つけられないままになるでしょう。

人生において、人との出会いは多いように見えても
魂同志の交流が行える人は、本当に少なくて
しかも一期一会で、出会いと別れを繰り返しています。

魂の記憶に刻み込まれた人とは
過去世で約束した再会を果たしているのかもしれないし
来世で再び会う約束をして別れているのかもしれません。

顔は見えずネットを介するだけにしても
わたしに
価値を見出し
深い共感を得てくれる人は
ドラゴンヘッドの宇宙家族なのです。

本日もありがとうございます。

続きはnote 
自分にかける魔法の書
(夜遅くに更新)

絶賛発売中
※今回は2/16〜3/1までとなります。

それ以降は、当サイトでの
有料コンテンツとしてスタートします。

🔵LINE@アカウント
ネットワーク魔女クラブ
ID【@upa3846r】

ボタンを押すと
「魔女の祝福♡シャワー」が降り注ぎます☆笑

京都Run講座

次回は3/10 13時から
参加できない方のために、音声or録画配信検討中です。

取り上げるテーマは
・わたしの月運検証
・わたしが挫折しやすいところ、乗り越え方

只今、スタッフ&ママ友&イラストレーター&サポーター&バトラーさんの力を借りて製作中。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ

 

Instagram

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。