わたしの太陽を生きるブログ

皆さま、こんにちは
京都アグ二の金子元美です。

お誕生日の方 おめでとうございます♥

月は牡牛座に、水星とセクスタイル。

火星と天王星のエネルギーを吸収し
何かを決意したり、奮闘したりすれば
次は何も考えずに
まったりと過ごしたい気分になるかもしれませんね。

 

本日は連休で
ゆっくり過ごす方も多いと思います。

温かい家でゴロゴロとして
美味しいものを食べ
お昼寝したり
映画を観たり
ペットとじゃれたり。

山羊座の金星との土のトライン
時は金なりで

わたしペースで静かに過ごせる時間が
お金には代えられない
高価な価値ある、豊かな時間です。

 

つい自分を急き立ててしまうのであれば
何もしていない自分を無能と決めている
わたし自身がいるだけのこと。

 

特別なことは何もしない

だからこその贅沢な価値を
見いだせる人は
土のトラインの豊かさを感じられるでしょう。

 

太陽サビアンは
座ってすべての手足を振っている大きな熊

自分のチャイルドや
女の部分に幻滅し

わたしを自育して
子供(感情)と大人(思考)のパランスが
とれるようになると
熊は手足をふるようになります。

熊とは月、感情です。

 

水瓶座は
個性の強いサインだといわれますが
この個性も
実は個性ではなく
凝り固まったエゴか
わたしの心の癖が表面化しているだけかもしれない。

そのまま放置しておくこともできるし
個性と勘違いしたまま
表現し続けることだってできる。

 

わざわざ自育する必要もないと
自閉する人もいるけれど

本能という熊を
わたしが主人となって
理性でコントロールできるようになると
まっすぐな自分を生きられるようになるのです。

 

太陽は木星とトライン

この自育を
何らかの精神体系を学ぶことによって
わたしの衝動や欲望を手なづけて

わたしが描く、理想のわたしを
わたしたちは生きたいのだと思います。

 

 

 

 

このサビアンは、わたしの土星です。
同年代の人は、皆おなじですね。

近いところでは
1991〜93年生まれの方。

 

試練や停滞、暗い、厳しいとか
恐怖に感じている間は
土星は脅威でしか無いだろうけれど

わたしぐらいの年齢になれば
土星がどれほど人生の尊い師であるか
それを実感できるようになると思います。

 

1964年の水瓶座・土星の方

自育し
わたしの太陽を生きておられるでしょうか。

 

※ホロリーディングするとき
社会天体やトランスサタニアンは
パーソナル天体とのアスペクトや
ハウスから考察するようにしてくださいね。

 

わたしの場合だと
この土星は5ハウス
月がセクスタイルです。

土星の年齢域に入ったからこそ
実感できますが
この自育、20年はかかりましたね。

 

占星術を学んでいたからこそ
月の日々の感情を追いかけながら
自育の日々を過ごしてきました。

だから今では
占星塾の月のワークを通して
自育方法を伝えられるし

他の講座でも
夢から深層心理を解くことができます。

 

5ハウスの土星の意味も
随分と長い間、わかりませんでしたネ。

創造を土星で固めるとは、ナンゾや???

 

創造とは
自分の人生は自分で創るものなのだと
決意したときから湧き起こる情熱のようなモノで

それを形付けるには
トライアンドエラーの繰り返しで
とても長い時間、模索しました。

 

これか?
いや、こんなもんじゃない

いや、これとも違う
いや、まだまだ違う・・・

 

わたしの創造の形(土星)とは
この毎日綴るブログでもあるし
わたしの仕事スタイルでもあるし
わたしの生き方そのものです。

わたしの熊は、ひっくり返って
両手足を振りまくって喜んでるし
その姿を見てわたしもうれしいと思える。

わたしの中にある衝動や願いは
わたしの可愛いペットちゃんなのでした。

 

Instagram