太陽を生きるブログ

皆さま、こんにちは
京都アグ二の金子元美です。

お誕生日の方 おめでとうございます♥

月は午後から獅子座に
水星・火星と合
天王星とはスクエアです。

金星と火星

日食でわたしの種を見つけたら、獅子座でわたしの世界を表現する必要がでてきますね。

その表現力のカギを握るのは
わたしの言葉の水星と
自己価値を示す金星次第です。

金星は蟹座に入り
お気に入りの住処を求め
安心して眠りたいと願います。

牡牛座の天王星とセクスタイルで
わたしの資質はわからなくても
こだわりだけは
ハッキリしているのかもしれない。

こだわりを持つのは
悪いことではないけれど
あまりに強すぎると
あれがイヤ、これがイヤと
結局はわたしの資質を育てるチャンスを、自ら奪っている人が多いように思います。

こだわりは
日食の種が育つプロセスの中で
関わる人と一緒に育てていくほうが
わたしにとっての新しい価値観が育っていくのではないでしょうか。

すべては陰陽なのだから
自分一人の脳内劇場だと
現実味は薄くなるだろうし

既存のものからあれこれと
選別することを価値観作りというのも違う。

これまでの価値観を壊すことを優先したほうが、宇宙の流れにはスムーズに乗れるような気がします。

牡牛座の金星を獲得することなく
天秤座の金星に先走ったなら
ただ表面を盛りつけることに
意欲を燃やすだろうし
また
見た目に振り回されてしまうこともあるでしょう。

社会全体の価値観が変わろうとしているのだから、わたしたち個人のこれまでの価値観も壊して人生をクリエイトしていかないと、お金がナイ、愛がナイ、仕事がナイ、のナイナイ尽くしで生きていくことになるのです。

あなたの日食の種は
社会の価値基準ではないでしょうか。

仕事も結婚も、ライフスタイルも

本当に、あなたが望む
心の充足感を得られるものでしょうか。

蟹座の太陽

蟹座は魚座よりも無意識の領域と深く関わる場所なので、太陽の意味から、そちらのエッセンスを汲み取った表現で書いてみます。

これまで価値観から自由になれば
何の根拠もない
わたしだけの確信が訪れます。

それは、何もないところ

何も見えないところから
自分にとって良き前兆だけを
読む力が生まれたからです。

それはとても小さな小さなもの
誰も気づかない小さなものです。

この小さなものは
1円玉の大きさもないくらいで

この小さなものは
ガイドかもしれないし
わたしの夢かもしれない。


無限大に大きく膨らんでいくことを
わたしだけが知っているのです。

わたしの捏造と
言われればそれまでで

ただの思い込みだとしても
蟹座の水はわたしの内側だけで感じるもの。

三次元の見える世界で
わたし以外の人を特別視せず
これまでの価値観を葬ったからこそ
誰よりも
何よりもリアリティある予感。

わたしだけが感じる価値の中心を
この地上へと持ち込み
それに寄りかかり
心の拠り所とするのです。

意味は伝わったでしょうか。

ではまた明日✋

Instagram