こんにちは! 私の太陽を生きる、京都アグニの金子元美です。 現実生活で活用できる占星術解釈をお届けしています。人生は55歳から、に共感できる方はご参考にされてください。 今回お届けするのは「火星」です。 火星エネルギーとは 自立とは、独力自分の力に頼って修行することです。(Google先生より) 火星の年齢域は35〜45歳までで、この時期に当人がどれだけの火星力、自力を発揮したかによって火星の読み方も当然変わってきます。トランジットから受ける影響も同じくで、火星が〇〇座だから〇〇座のようになになる、とは限りません。 自分が持っている周波数と同じレベルしかキャッチはできないし、扱うことができないのです。 火星は太陽の道を切り開いていくエネルギーなので、社会活動が大前提です。 火星期の年齢域に自分の能力をとことん社会で発揮し、勝った負けた体験を通して私たちはパワーバランスを学びます。 この時期に肝心なことは、勝ちを目指し、負け体験の後に再び火星力を取り戻せた人は、勇しく生きていくエネルギーに満ち溢れるということ。ここに他者の存在は考慮されません。「やりたいからやる」 果敢さを持つ火星は、孤高とはセットです。 つるむなら同志とだけ、感情共有だけを目的とする人とは繋がらない。未来へ向かう協力体勢は惜しまないけれど、見定めている方向性は私の太陽なのです。 そして何より自力の火星を獲得できたなら、次の木星期(45〜55歳)では他者に対して嫉妬心を抱くことなく、偽善心からでもなく、純粋で寛容に人を応援することができるようになります。 勝ちを目指したこともなければ負け体験もない火星は、愛の共有だけを求め、自攻めに他責、イライラが募れば自分の月のテリトリー内だけで消化させようとするでしょう。 ネイタルの火星逆行の特徴 ネイタルで火星逆行天体を持っている方は、自力を発揮する場をなかなか与えてもらえない特徴を持ちます。 自分では忙しく動き回っているつもりでも、与えられた役割をこなす予定に振り回され、自分の人生に対する冒険心やチャレンジ精神を養う機会を奪われてしまうのです。 この忙しく動き回る起因となっているのが、私の太陽の目的なのかどうなのか、ここを見極めなければなりません。 周囲のリクエストにただ忙しく動き回って応えようとしているだけなのか、それともリクエストに応えることが私の太陽の目的なのかどうかです。 ここをゴッチャにしていると、火星のドライブ感は実感できないでしょう。 また人によっては、男性に対するコンプレックスを抱えている場合があります。 女性としての性的な部分をふさわしくない場で求められた体験により、その人の金星(他力)と火星(自力)がアンバランスなまま置き去りにされてしまい、必要以上に警戒心が強くなったり、人前に出ることを避けるようにもなるでしょう。 火星逆行生まれの方は、トランジット火星の逆行中はチャレンジ精神が旺盛になります。いつもならできないこと、過去2年単位で積み重ねてきた欲求を行動に移せる時となります。 牡羊座の無自覚さ 牡羊座は一番目の始まりのサイン。だからこそ本能的で直感的、自分の内側で感じる感動や興奮によって初めて、生きている自分の存在を確認することができます。 そして始まりのサインゆえに無自覚(1ハウスにある天体も同じ性質を持ちます) 無自覚なために、自覚して成長させるまでにとても時間がかかりるといわれていて、牡羊座(1ハウス)を知るには天秤座の他者(7ハウス)である写し鏡のパートナーが必要です。でないと独りよがりが増えて、それを自由と勘違いし、そのことにすら無自覚なままでしょう。 牡羊座は思考が働かないサインなので他者を通して私を確認し、私と他者の違いを通して生きる法則を本能的に取得していきます。 なので言葉では説明できないし自分だけがわかっていて自分だけが使える知恵のようなものでしょう。 私と相手の違いから学ぼうとするのは自分が生きていくため、です。 本能と直感の実態 私たちは安心で安全な暮らしを過ごしているが故に、本能が発動する場面などほとんどなく、この純粋なエネルギーと出会うことは少ないものです。仮に出会えたとしても、本来のパワーには到底及ばない微弱なものではないでしょうか。 直感も同じくで、私たちがよく使う直感で決めたというのも月の気の迷い(感情)が多いように思います。 小さな選択の直感に迷いはないけれど、大きな選択には常に迷いが生じます。これも直感や本能を通り越して、思考が働いてしまうからでしょう。生死を決めてしまうような瞬間でないと、本能と直感は作動しないように私は思うのです。 本能と直感の実態とは、野生動物が持つような粗野で荒々しい誰も手なづけられるものではないはずだし、それほど瞬時に発動するエネルギーでしょう。 実際の話生死を脅かす自然災害に遭った時、性欲を異常に感じる男性は多いと聞きました。(子孫を残すため)震災後に、結婚が増えるのも私たち人間が持つ生命の本能によるものでしょう。 野生動物から考えれば、飼い慣らされてしまうと本能と直感を失い、寝そべる時間が増えてブヨブヨの脂肪をまとうようになり、飼い主の顔を伺い続け臆病になっていきます。 2020年の火星逆行 2020年は、火星が牡羊座に半年間ほど留まり火星逆行も続きました。 本来のサインにある天体はとても強く働きますね。あなたはどのように体感され 、社会活動に参加されたでしょうか。 私たち女性のほとんどは火星力を使って生きていないのが現実なので、火星(本能)を思い出す、自力を身につけ始めた、というリーディングが正しいように思います。 2020年はコロナによって命の危機を感じた人もいただろうし、山羊座社会の変容により転職はしないまでも、これからの仕事を真剣に考え始めた方も多くいたのではないでしょうか。昔なら、狩猟=生きる現代なら仕事=生きる、に直結します。 2020年11/14に火星は順行に入りましたが、火星(本能)を思い出す、自力を身につけ始めた私たちが、これからどのように創造エネルギーの根源である火星を使って生きていくことができるかでしょう。 これは冒頭にも書いたように、本人の獲得具合と、トランジットのエネルギーの組み合わせにより当然に変化してきますが、牡羊座の火星が促すのは、常に自分の頭上にあるエネルギーを創造の知恵に変えられるかです。 牡羊座の特徴は、生死を分ける瞬時にパワフルに働くように、永続的なエネルギーではありません。本能なので、持続させようとすると死にます。この特徴が牡羊座なのです。実際に牡羊座にパーソナル天体を持つ方は、出だしは調子はいいけれど長丁場になると消耗し枯渇してきます。これを占い記事では、飽き性、猪突猛進と表現します。発動させて順々に陰陽サインが移り変わっていくように、次の牡牛座で捕獲し自分のモノにして、次の双子座で火星の使いやすくするためのバリエーションを増やしていく、というように進化の旅を続ける中で私の太陽ルートを切り開いていくのです。 まとめ ・自力とは独力(Google先生より)・自分の持つ周波数しかキャッチできない・火星は私の太陽を生きることが大前提・勝ち負け体験、七転び八起き体験が必要・火星逆行はコンプレックス・役割に振り回されていると機会を失う・逆行生まれは逆行時が好調・牡羊座、1ハウスは無自覚・牡羊座は天秤の他者から法則を解き明かす・本能は生死、直感は思考しない時に訪れる・火星は長丁場は死ぬ・2020 年は生き残る力の目覚める時 ...

こんにちは!人生は55歳から 私の太陽を生きる実践者の京都アグニの金子元美です。 こちらの記事は、毎月上弦下弦月に行っている星の研究会、魔術師会でのリーディング例を抜粋してお届けします。今回お届けするのは「龍頭図」ドラコニックチャートです。 龍頭図とは ドラゴンヘッドを牡羊座0度に合わせてだしたチャートです。ドラゴンヘッドは、太陽と月の交点天体ではなく架空ポイントです。ヘッドは現世、テイルは過去世を示すといわれていて様々な解釈がありますが、私的には「宇宙のへその緒」として解釈をしています。「宇宙のへその緒」と解釈すれば、生まれ落ちた地球ではネイタルチャートを目指し、龍頭図は過去生を積み重ねてきた私の魂の歴史でしょう。この両方を読み比べることで「私の太陽を生きる」相乗効果を起こせるし、自分の魂の癖を知ることでネイタルだけでは詠みきれなかった謎も解けます。 アスペクト、ハウスはそのままでサインの天体度数が変わるだけで、人によっては、変わらない人もいます。龍頭図を出すにはこちらのサイト出生チャートを選択して、チャートタイプの中の龍頭図を選べば出せます。 過去世注意報 過去世をテーマにする時、私は注意していることがあります。魂の癖や、過去世を知るだでけでナチュラルに自己ヒーリングが起きます。深い意識からの目覚めは、潜在意識が動くからです。この作用がどのように働いているかは顕在意識では確認できませんが、癒しはある種の麻薬要素を持つので「私の太陽を生きる」ならそこに留まり続けないようにされてください。癒されたら手放す。(忘れる)未来に向かうために過去を知り癒されたら自分の足で歩く意志を持ってくださいね。自分を知り、癒すだけではなく未来へと繋げる意志や意図に気づくことがリーディングにおいての有効手段です。ここに留意されながら、ご興味ある方はこのまま読み進まれてください。 龍頭図toネイタル 龍頭図は、もともと持っているもの、過去世で散々やってきているので、私の背後にいる私としてイメージしてもらうとリーディングしやすいと思います。占星術を学んでおられる方なら、龍頭図を見た瞬間に「ああ」と頷かれると思います。ネイタルで実感できなかったものが深く納得できるからです。この頷きが起きた瞬間に、過去のシーンが走馬灯のように思い出されるかも知れませんね。あの世の私の魂が龍頭図ならこの世の私はネイタルチャート。龍頭図が「私っぽい」と思えるのは、これまでやってきたから実感があるのです。「そうそう、そうだった!」という感じですね。 それに比較して、ネイタルは実感しにくい方が多いです。その理由は、いつも「今日の宇宙エネルギー詠み」で書いているように、私たちは天体意識を獲得して生きるのが目標で、多くの人は月と水星、金星までしか使って生きていません。 2020年はコロナにより世界中の価値観が変わり、生活習慣を強制的に変えられました。そしてこれから迎える風の時代は、これまでの社会組織の在り方そのものが変わるので(山羊座冥王星・土星)否が応でも太陽意識に目覚め始めておられる方は多いでしょう。このタイミングで、それぞれの龍頭図とネイタルを比較できたことは、太陽意識獲得を加速化させてくれますね。幸せなことです。 サンプルリーディング太陽編 サンプルとして私を例にします。 龍頭図→ネイタル・太陽 天秤座19度→太陽水瓶座0度本来の私は天秤座の調和を重んじるので研究会においても皆が同じ配分で話し、質問できるようメチャメチャ時間配慮してます。私の世界を創るのも人間関係仕事を創るのも人間関係と、うるさく書くのも、ここからでしょう。若い頃は天秤座を結婚相手のパートナーシップ作りにしか使っていませんでしたか、現世でのサタリタの離婚決意表明から太陽水瓶座を獲得しようと励みだしました。 ●上級詠み天秤座から水瓶座は、平和の進化サインへのジャンプです。(平和サインは天秤座と水瓶座)金星から天王星へ。 私の魂は対人間の愛という理解から、宇宙や未来へと視座を移します。「人生は55歳から✊」と、太陽意識を獲得して生きようと地球から宇宙意識に向かおうと運動を起こしている革命家、と自負しておきましょう。 欠損の月編 龍頭図→ネイタル・月 山羊座10度→牡羊座座21度 私は見えない占星術を仕事にしていますが、夢想や癒しだけで終わるリーディングは好みではありません。結果をだしてナンボ、成果をだしてナンボ。現実生活を変える、実生活に役立たないリーディングは意味がないと思っているところがが月の山羊座に示されています。ネイタルは牡羊座。自分の月の痛みに無自覚になれるところがあります。情緒に乏しく、他者が恥だと感じることに恥を感じなかったり、評価に対しても気にならないところがあります。だからこそ、失敗に気づくことなく自分のやりたいことだけに意識を向かわせることはできるのだと思います。懲りない無自覚な子供ですね。●上級詠み月を欠損と捉えると龍頭図では社会性の欠損。ネイタルでは自我欠損となります。欠損だから気になる。求める→欠損に気づく→また求める このループはエンドレスなので、欠損に気づいたら諦め切る。もう手には入らないんだ、私にはと。そして諦めて忘れたら手に入ります。月の無意識とはそういう働きをするのです。 https://vimeo.com/448025873 仕事の水星編 龍頭図→ネイタル・水星 乙女座25度→山羊座座6度水星乙女座はルーラーなので強く働きます。25度なのでかなり大人の勤勉家。毎日が仕事漬けでも全く気にならず、むしろ落ち着きます。 書くことが苦手ではないのは、この天体からだと思います。過去世でもたんまりと研究を続け書いてきたと思われます。ネイタルの水星はアングルのICに乗っているので、こちらも強く働きます。そしてテイルとも合です。信じてもらいにくいのですが、私は講座で話すのがとても苦手(土星)でずっと避けてきた事柄でした。●上級詠みパーソナル天体をサビアンチェックするとより理解が進みます。そして水星は適職を絞り込めます。(太陽と月は人生の柱なので、仕事をここから探るのはまちがっています。自己実現の方向性と詠むべきです。)太陽の質を決めるのは水星と金星といつも書いているように、商才を示す水星でお仕事チェックしてみてください。龍頭図→ネイタルサビアン高炉を持つ少年→ベールに包まれた預言者どう詠んでも神秘主義参入の占星術師ですね。 センスの金星編 龍頭図→ネイタル・金星 蠍座24度→魚座座6度 人生前半で深く関わった方、影響を受けた方は全員が牡牛座でした。そして人生後半からは蠍座さんばかり。 実はどちらも苦手なサインでナカナカ馴染めなかったのですが、後半からとても好きになりました。この両サインを好きになれた時、私の感覚は大きく変容しました。大切にするものの価値観が変わり自分を認められるようになりお金のプロックが外れお金と人との関わりが密になり人生は確実に豊かになりました。●上級詠み牡牛座さん、蠍座さんは太陽サインだけを示しているのではありません。アセンダントサイン、牡牛座、蠍座のマジョリティ、2ハウス、もしくは8ハウスにパーソナル天体が入っている方です。(サイン=太陽という詠み方をしていると詠み間違います。なぜなら太陽は外でのペルソナとして使っているからです)金星はセンスを示すので仕事にも使えます。龍頭図→ネイタルサビアンX線→行進している将校 目に見えないものを見通し、社会全体に尽くす。そのままを生きているなと思いました。 運命の人の確認 長くなってきましたので、最後に重要なことを一つ。ドラゴンヘッドに関連することは、冒頭に書きましたように宇宙のへその緒としてリーディングすると理解は深まります。実際に私も、自分の過去世を知るために見るというよりも人との関係性の強弱、関係性を結ぶタイミングをみる時に使います。研究会では各自で検証していただいたところ、今の家族、近しい人とは龍頭図→ネイタルの太陽と月がタイトに重なっていました。(ドラゴンヘッドは太陽と月の交点なので、太陽月がメイン)例えば 自分のN月と相手の龍頭図の太陽サインが同じとか、相手の龍頭図の月が、自分のN月と同サインとかテレコに入れ替わっています。現世での関わり深いほどオーブもタイトです。 やはり人生を共にするのは、太陽と月のコンビネーションです。金星なら好きで楽しいだけ。水星なら話すだけの友人止まりとか。前世と過去世のドラゴンヘッド、互いの太陽と月が宇宙のへその緒が時空を超えて結ばれていく。そして何よりも面白かったのは、思いを強く抱いても結ばれなかった人は、太陽月のテレコ現象は見られなかったことでした。要は、「魂は知っていた」ということになりますね。私たちは気持ちを昂らせ、思い込みのイメージを持ち、それを相手に投影をして生きているということでしょう。 龍頭図のまとめ ・龍頭図を私らしいと思えるのはやってきたから・龍頭図はネイタルを比較して読む・ネイタルは肉体を持って三次元で目指す私・楽なのは龍頭図。やったきたから簡単・ネイタルは努力が必要・アングル天体は影響力が強い・龍頭図は自己肯定に使う・全てはネイタルの私の太陽を生きるため・龍頭図では魂のその人を知れるので幻滅覚悟で・龍頭図の太陽月の季節は調子が良いホロスコープは、宇宙調和です。一見、片割りがあるように見えても別のところでちゃんと調整してくれています。ホロスコープを詠む時は、ちゃんとそこまで読込んでくださいね。感動できますから。魔術師会でいつもお伝えするのは、ホロスコープを団子にして丸めれば皆、同じ大さだということです。私たち一人一人の価値は、宇宙と同等です。この現世で、地球という星で私の太陽を生きましょう! ...

こんにちは京都アグニの金子元美です。 占星術はむずかしいイメージを持たれることが多いですが、視点を変えると意外とカンタンです。リーディングする側がどこにポイントを置いて詠むかの感性によって大きく左右されるので、同じチャートでも全く違ったリーディングになるのもおもしろいところですね。 ではリーディング法を1分でわかるように書いてみます。 1分でわかるコツ ・新月は種付け・満月は結果の受け取り・月相によって調整していく ハイ、これだけです。 満月に願いをされる方がいらっしゃるみたいですが基本、願いは新月に行います。太陽と月が重なる新月に、太陽の未来の目的が受信機である月にプリントされるからです。 満月に願いをするのは感性がズレてます(・∀・) なぜなら満月は太陽と月がオポジション関係で、願った新月がどのような状態であるか確認できるタイミングだからです。満月は現状の受け取り、これ以上はない状態、このままいってもこれ以上の結果は出ない現実のシビアさを知るのです。 新月のコンジャンクション ↓私の中での種付け満月のポジション ↓私とあなたの関係。あなたを見て知る私現実の結果を知ります。 1分もかからずに終わってしまいましたね。 1分で満足できない方に向けて、もう少し掘り下げて具体的に書いてみます。 おさえる3つの順番 ・どのサインで起きるか  ∟ テーマがわかる ・どのハウスで起きるか  ∟場所がわかる ・アスペクトチェック ∟グラデーションが生まれる この3つをおさえれば、リーディングに幅をもたせることができます。そして太陽系の惑星はサインを変えたとき木星・土星は社会運をトラサタは時代の流れを順行・逆行を考慮できれば完璧でしょう。 誰にでもリーディングできるからこそ、現実生活に結果を出すためにはセンスと経験と実績が必要になります。実はこれには、また別のリーディング力が必要になるのです。 新月・満月チェック。現実生活に結果を出したい方は下記を読んでみてください。 オンラインサロンでの検証 オンラインサロンのピータークラブでは毎月、新月満月を検証しています。なぜ検証をするのかと言うと、自分の内側の世界であるミクロコスモスを知るためです。ミクロ知らないと、マクロに反映させられませんね。 新月・満月が自分のどのハウスで起こり、どの天体とアスペクトをとっているか、これを外の現実世界とてらし併せながら検証しているのですが同じハウスでも当然、一人一人違います。 環境が違うし置かれている立場も違う。 それぞれの今のテーマも違う。 そして何よりも毎月の検証なので、どれもこれも日常生活で埋没している感覚なので、引っ張り上げてこちらの手の平に乗せて「はい、これ」と知ってもらう必要があります。なぜなら、誰にとっても日常生活は普通すぎてすべてがあたり前。スペシャルな体験などどこにもありません。 他者の視点で他者の価値観で教えてもらわないとワカラナイ。 ここで1番の邪魔をするのは言葉の価値観です。 例えば不安を感じていたとして満月だから手放しまーす!と簡単に手放せば誰も苦労しない。 それを言葉で書いたり喋ったところで、何も変わりませんね。これは自分に嘘をつく行為です。違和感は自分には残るので、自分を騙していることに気づくことが大事。👈ここがポイント。 満月や新月によって知る、肝心ポイントを外さなければ(これはハウスで検証できます)顕在意識で確認できれば、後は無意識の領域で勝手に処理が行われます。この繰り返しです。 こんな地味なことをやって何の意味があるんですか? の話しなんですが、この微差が微差力となり人生が変化していくようになります。要は視点が変わっていくので、世界がひっくり返っていくのです。 現実が変わらない人 私はこれまで1万人以上の方をみてきましたが、占星術を知っていても現実が変わらない人の特徴を書きます。 ・理想だけが高い人・等身大の自分を知っていない人・ミラクルを求める人・努力しないで夢だけを見る人・言葉と本心が裏腹な人・星詠み言葉に陶酔する人、です。 せっかくお勉強して豊かさを求めるなら、現実生活を置き去りにしないで正しい人生プランニングしないと(ネイタルホロスコープにかかれています)時間とお金の浪費を繰り返すだけでしょう。今の私に足りていて足りないものを自己卑下することなく、根気と発想力によって付け足しては捨てていく。この繰り返しです。プログで書いている月8回の月相ポイントは調整するために捨てていくタイミングを書いています。ご参考になさってくださいね。 そう、私たちはずっと自己調整しながら捨てていく、これを月相によって行うのでした。 50代の方でうっとりと月に向かってお願いする方はいらっしゃらないと思いますが、実はドライと言われる水瓶座の私は、うっとり目線で願いはしませんが新月の願いは実行しています。 そしてこれまで8割は叶っています。 叶っていない3割はなにかというと、自分の月から出てきたのではなく願い、等身大の自分を超えたミーハー感覚からの願いでした。(*´σー`)エヘヘ 叶えるコツを書きます。 ・願ったら忘れる・月相ごとに意識を切り替え捨てる・可能な努力は続ける やるのはこれだけですが真面目に自力で続けていれば火星周期でもある2年毎に大きく変われますよ。動いても動かないときもあれば動かなくても動くときがありそれでも続けていれば必ず変わります。 私は実体験を元にして更に豊かになりたい人をサポートしています。 https://kyotoagnih.com/j55wt-welcome/ ...