お久しぶりのテキスト投稿です。今回は小桜えりさんの、正体バラされてのリーディングシリーズが始まります。 小桜えりからのご挨拶 こんにちは。お久しぶりです、小桜えりです。 今年はメンバーの皆さまの、ソーラーリターン図を読ませていただきます。 ソーラーリターン図は、生まれたときとまったく同じ位置にその年の太陽が巡ってきたときのホロスコープです。お誕生日から次のお誕生日までの1年間の傾向を読むことができます。これから、皆さまのお誕生日に合わせて、ソラリタ読みを投稿させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。 まずは・・・1月21日。本日57歳のお誕生日を迎えられた元美さんのソーラーリターン図を読ませていただきます。 ASC獅子座 アセンダントは獅子座。フィックスドサインです。元美さんのネイタルのアセンダントは天秤座、カーディナルサインです。カーディナルが何かをスタートさせるエネルギーを持つのに対して、フィクスドは継続、維持していく力をもちます。獅子座シーズンは、太陽ギラギラ、夏真っ盛り。自分らしく生きるぞー!!!と命を燃やし続けるエネルギーに満ちています。この獅子座がアセンダントなので、いつも元美さんがおっしゃっている、「太陽を生きる」ことへのパッションを絶やすことなく、いつも以上に強く持ち続けるのだと思います。 以前に元美さんがご自分でソラリタを読んでいらっしゃるのを拝見しましたが、そこではこの獅子座アセンダントを「オラオラでいく」と表現されていました。いつにも増して、あつ~く燃える元美さんになりそうですね!今年も、私たちのお手本として、輝かれることは間違いなさそうです。 ASCルーラー6ハウス その獅子座のルーラーである太陽は、今年は6ハウスにあります。6ハウスというのは、もともと乙女座の場所です。7ハウス天秤座の社会へ出る一歩手前のハウスで、自己管理、自己調整を徹底的にするハウスです。ここには、太陽だけでなく、金星、冥王星、土星、木星と5天体も集中しています。7ハウスに入ったばかりのところに水星もあります。今年は元美さんにとって、6ハウスが大きなテーマとなりそうです。「オラオラの太陽」にとって、6ハウスはもしかしたら窮屈な場所かもしれません。健康管理、時間やスケジュールの調整、人の役に立つようにと、いろいろやらなくてはいけないことがたくさんありそうです。王様なのに、せっせせっせと働くのです。でもそうすることが楽しみ(金星)でもあるし、ここで広げたこと(木星)を定着させて(土星)、大きく変容(冥王星)されていくのでしょう。 ネイタルトの比較 しかし、元美さんのネイタルを思い浮かべると、アセン天秤のルーラー金星が、6ハウスにあります。アセンのルーラーといえば、その人自身を表す天体です。それがいつも6ハウスで輝いているのだから、6ハウスは元美さんにとってもはやホームグラウンドのようなもの。「日本一のサポート体制」をうたっているのは、この金星の働きによるものでしょう。仕事が楽しい、好き、といつも言っているのも、金星の表すご自分の能力を仕事に使えておられるから言えることで、その前提があるからこそ、今年もお仕事を楽しめるのです。 ですので、元美さんにとって、今年のソラリタテーマの6ハウスは、窮屈どころか馴染みの場所なのかもしれません。一足お先にと7ハウスへ向かった水星は、未来情報を多くの人に分かち合い、元美さんの太陽を生きるための橋渡しをしていくのだと思います。また西側に天体が集中していることからも、他者優先、サポート色が濃くなることがあらわれています。 スパルタの火星冥王星 もうひとつ、天体が集まっている場所があります。9ハウスです。月と、火星・天王星があります。月が牡羊座なのはネイタルと同じで、度数も近いので、太陽と月の関係はいつもと変わらない、ご本人にとっては違和感のない関係だと思います。ソラリタの月は9ハウスなので、いつもより精神性高く、未知の世界に飛び立ちたくなりそうですが、この月は6ハウス冥王星とタイトにスクエア。個人の力では太刀打ちできない大きな力に引っ張られてしまいそうです。身体感覚を無視して進んでしまったりもしがちなので、ご自愛ください。 また、人との関係としてみると、スクエアはどちらの立場に立つかが重要ですが、元美さんの場合だと、相手が誰だとしてもいつも冥王星は元美さんになるのかな、と思ったりするのですが、どうでしょうか。今年は、いつも以上に元美さんにじわじわと変容させられる人が現れそうです。あまりスパルタにならないで~と悲鳴を上げる人が出てくるかもしれません(笑) アカシックとの二刀流 火星・天王星はMCのすぐそばにあり、6ハウスの太陽・土星・木星とスクエア。こちらの影響も強そうです。天王星を元美さんのお仕事の占星術と読めば、火星の情熱とともに、太陽たちに圧をかけ、こだわりをもった仕事をするので、本当に目の回る忙しさになりそうです。元美さんの2021年のスタートダッシュを見ていると、いえ、年末からすでにそんな感じなので、もうとっくに始まっていたのだろうなとお見受けします。  8ハウス魚座の海王星。魚座のルーラーですので、こちらも強く働きます。天王星が占星術なら、海王星はアカシック。大切な人とはアカシックの世界を通じてさらに深くつながっていかれるのかもしれません。  11ハウスのドラゴンヘッドは、元美さんが常々言っている同志の存在。ピータークラブのメンバーはもちろんここに入ると思いますが、このドラゴンヘッドと海王星はスクエア、水瓶座水星とトライン。未来情報をいつも交わすうちに、見えない世界でたくさんの刺激を受け、つながっていく。そんなイメージが浮かびました。2021年、6ハウスをテーマに励んだその先、元美さんはどこに向かっていくのでしょうか。 2020年も見とこ 2022年のソラリタ図では、アセンダントは蠍座。ルーラーの冥王星は3ハウスで、IC付近の太陽と合。水星もICに乗ります。まだ冥王星は水瓶座には入っていないものの、じわじわと太陽に近づいており、いよいよ元美さんが楽しみにしている時が間もなくやってきます。元美さん曰く、冥王星が太陽にのることで、自分の限界をどこまで突破できるのか、それが楽しみなのだそうです。 今年2021年は、その下準備の年となりそうです。   今回元美さんに原稿を見ていただき、たくさんヒントをもらって書きました。 10年単位でも見とこ 元美さんは、当然10年単位の大きな流れでソラリタも読み込んでいるので、先手を打っていらっしゃいます。たとえば今年はいろいろ忙しくなるとわかっていたので、あゆこさんにいつも以上のサポートを頼んでいるそうです。占星術を知っていると、思い通りに生きられるというのは、そういうことなのだなと感じました。 ピータークラブの皆さん、今年も元美さんから発せられる、未来へつながる言葉をヒントに、元美さんをお手本として、太陽を生きていきたいですね。ときには冥王星級の愛のムチを受けつつ、みんなで変容を遂げていきましょうね~! そして、元美さん。お誕生日、ほんとうにおめでとうございます。いつも、私たちに大きな愛をありがとうございます。この一年も、どうぞよろしくお願いいたします。 ありがとうございまーす! 宇宙(ソラ)リタ感想 何歳になっても、人にリーディングしてもらうのは嬉しいし感慨深いものがあります。卵から生まれた子供の火星セットの太陽を持つ私。薄情な水瓶座なので、自分のことはこんな風に愛いっぱいには詠めないなと、いつも愛いっぱいのえりさんのリーディングから学んでいます。 さて、宇宙リタの示すことを自分ではどう受け取っているのか、ですが、太陽と冥王星が合になるのを狙って過ごしています。オーブ内に入っても、サインが同じでないと合の影響は薄いですからね。これは宇宙リタでは、2024年10ハウスで起きます。これはとても貴重な体験です。なぜなら今後、太陽・冥王星合体験をできるのは、N太陽サインが水瓶以降でないと不可ですから。それと同時に私P太陽も魚座から牡羊座へとサインチェンジします。魚座から牡羊座ーのサインチェンジは、とてつもなく大きいのです。360年のカルマ解消と言われています。これが2年後。どーんな影響を受けて、どーんな風に自分が変容していくのか、これがとても楽しみで仕方ないです。 そて、ここで皆さんは想像されると思います。 仕事が好きで働き続けていて、2024年10ハウスで合とくりゃ社会で有名になる? とか。 ネイタルは絶対に外さないでくださいよ。太陽4ハウスの水瓶座は望んではいないし、山羊座社会は多くの人たちが考えているような魅惑的なものでもありません。 太陽・冥王星合ですよ これまでの私をどこを探してもいないそんな変容ぶり・・・これも自分の意図を乗っけて行かなければ不可なので、前年度の2023年アカシックから浮上してきたものを意図として乗っけていこうと決めています。後3年その時まで宇宙リタ検証できる同志でありますように!☆宇宙リタ手順 ...

こんにちは! 私の太陽を生きる、京都アグニの金子元美です。 上弦・下弦月に行っている星の研究会、魔術師会。内容をピックアップして、レジュメスタイルでお届けします。 今回お届けするのは、星のお話モロモロです。 冥王星は限度超えの闇 ・冥王星は恐ろしさ。怖さ。闇。裏でヤクザいる。ヤバい人がついているか、それともヤバい心の闇を抱えている。 ・冥王星は穴。穴の中に入っていったら戻ることができない。戻ってくるには長い時間(10年以上)がかかる。穴に入った人間にしか分からない闇がある。・月・冥王星は、ホラー映画の貞子のイメージ。サインによってもハウスによっても違うけれど、肉体の限界が分からない。心の限界も分からない。深堀りしすぎて逆に、視界も小さくなってしまう危険性あり。・金星・冥王星コンジャンクションは、自分の中にある執拗なほどの愛の感性。ピンポイント。グッと金星に深く入り混みすぎるくらいの深さ。好き嫌いが極端にはっきりしている。手に入らないものを強烈に求め続ける。 ・金星冥王星オポジション、好きすぎてストーカー。行き過ぎた愛情。・金星冥王星トライン、常にその状態をキープ。ダメでも再生し続けるので往生際が悪くなる場合も。・金星冥王星スクエア、想定範囲外。スクエアは視界に入っていない。現実に変わらないから憧れ続ける ・金星・冥王星、金欲の本能にスイッチ入ったらお金を引き寄せる。稼いで大金使っても欲望スイッチ入れば、使った以上取り戻せる。・死別した場合、その人の心の印象を星から詠む。⇩・冥王星、絶対忘れない。激しさ。良くも悪くもその人を超えられる人はなかなかいないと思い込む。海王星、あの人の分まで幸せになる。いつも見守ってくれている。・天王星、突然の死で受け入れられない。「なんで?」となる。 ・土星が効いているホロの人は、トラサタかかっている人からすれば常識的で全く面白味がない。すぐに飽きて関係性は続かない。・パーソナルにトラサタかかっている人、特殊な経歴、社会おっこち具合など意外性がどんどん出てくる。・トラサタは地球外生命体の要素が入っている。👽 海王星は非現実世界 ・海王星がパーソナル天体にかかっていると、気弱になりやすい。家の顔、外の顔、そのときの顔つきも全然違う。 ・顔の輪郭がふにゃけたときは「今海王星やっている」と意識して戻す。・金星海王星、ファンタジー、ふわっとして非現実で夢的。不透明。規格外。恋愛やお金の節度ない。(例 叶姉妹の整形イメージ。)・金星・海王星、エネルギー漏れが起きやすい。他の天体で結界張ってないとダダ漏れ。輪郭がブレる。魚座、海王星の特徴。・金星海王星コンジャンクション、天使化、天界化させる。これをスピリチュアルとイメージンすることで陶酔している場合もある。・T海王星がかかると、酒量が増えたり、これまでだったら受け入れられないものが受け入れられたりする。こだわりとか、どうでもよくなる。・水星に木星・海王星スクエア、まとまりがない。話がだらだら長い。質問に対して答えが出ない。・幽霊よりも人間が怖い。幽霊は時々プレゼンしてくれるけれど、幽霊は危害は加えない。見て勝手に怖がっているのが人間。・呪縛霊は想念。海王星っぽい霊は半透明で、実は冥王星よりも執拗。佇み続ける。呪縛霊でなくても、海王星が効いているパーソナル天体は、無自覚ゆえに執拗。ゆるく続けていく。中毒性。 トラサタジェネレーション ・誕生日が近いと、自分と似ているので基本好きになれない。次の出方が予測できるから。・世代が離れていると話は合わない。(トラサタサインの違い、ジェネレーションギャップで緩和される)・誕生日が近い人同士のシナストリーは、時間を共有する、日常の楽しみ喜びを感じられる関係性ができやすい。その反面、世界は小さくなる。・金星逆行同士の相性図、コンプレックスによって互いが慈しめる。その体験を通して、お互いが解消し合えるか、留まり続けるかのどちらか。・水のサイン多々の相性図は、過去の体験共有によってくっつく。・月火星オポジションの相性図、お互いがテリトリーを超えていく。摩擦多し。互いに焚き付ける関係。 星アラカルト ・牡牛座は年齢を重ねても可愛らしくいようとする。テリトリーから出ない。自分可愛い、自分大事。・DESに月、7ハウスの月は人懐こく女性の人気が得られる。・牡牛座はテリトリーから出ない。相手のテリトリーにも入っていかない。・牡羊座・牡牛座・双子は一人称。他者視点を持照のは天秤座以降。・ASC蠍座、自我強い。 ・11、12に天体が多い人、水瓶座、魚座に天体を持つ人は隠遁生活への憧れ。・逆行天体ない人、そのままを信じる。・水瓶座・火星、他の人がやらないことにチャレンジしていける。・ヘッドは人の輪をつなげる。(そのように努力していいたらの話です)・リーディングは風が効いていないと広がらない。乙女座的(対応そうですか、はい、分かりました、ありがとうござます)マニュアル用語だけでは広がらない。・誰でも人を見るときに自分の価値基準が入る。人それぞれとはわかっていても、結局は読み手が自分を無くさないとリーディングは歪んだ物語りになる。・ハウスに天体が一つでもあると過剰。人の何倍も働く場所と心得る。 ・自分を生きているかどうか、その人の生き方がどうかとかは、天王星や水瓶座的視点の人生単位基準。・自分のことは気づかない。言われるまで気づかないのが私たち。・生きた知恵のあるなし、体験数、DNA、民族の血も考慮してリーディングする。・差別を受け叛逆精神を持てた人は、凡人と根性が全然違う。貧困から抜け出すのは知性と教育しかない。王子サマ、足長おじさんはいない。・自分が描いているスタイルを実現するためには、過去の自分のフィーリングで選んではいけない。未知のフィーリングを使う、未知数の選択しないとずっと過去の繰り返し。・意識が現実を作る。出会う人は自分と同じ波動の人か倍音の人(上下) あなたのリーディングの参考になれば幸いです。 ...

こんにちは! 私の太陽を生きる、京都アグニの金子元美です。 上弦・下弦月に行っている星の研究会、魔術師会。内容をピックアップして、レジュメスタイルでお届けします。 今回お届けするのは、ソラリタ図を中心にした星のお話モロモロです。 ソーラーリターン図 ・ASCで全体の流れをつかむ・ASC牡羊座→種を撒く・ASC牡牛座→去年獲得したものをキープ・ASC双子座→去年の思考バラエティに・ASC蟹座→去年得た感情を育む・ASC獅子座→去年得た自分拡大・ASC乙女座→去年得た技術磨き・ASC天秤座→去年得た社交性広げる・ASC蠍座→去年得た関係性を深める・ASC射手座→去年得た知性でジャンプ・ASC山羊座→去年得た仕事力で新たな試みを・ASC水瓶座→去年得た物をリニューアル・ASC魚座→去年得たものを統合、手放し・ASC蠍座29度は涙の度数。なかなか断ち切れない思いを悲しみの年と捉えていても進展はない。泣いたら執着を断ち切る。縁を断ち切る。・アングルに乗る天体は強く働く。冥王星はどんどん強くなる。強くならざるをえない。支配的にもなりやすいが無自覚。 ・アングル海王星なら自分を掴みきれない。何も決められないグニャグニャ。スピに傾倒。ヒーリング受けまくる。 ハウスリーディング ・ASC射手座。明暗は木星が12ハウスか1ハウスかで決まる。(12ハウス木星は受け入れるしかない。1ハウス木星は思う方向に向かえる) ・水のハウスは執拗。・火のハウスはバカさがカギ。バカじゃないと飛べない。真面目に深刻になっていると、火のエレメントは使えない。・1ハウス土星は、自分に対するコンプレックス。・2ハウスに天体だらけだと牡牛座的な年になる。太陽が他にあっても2ハウス、牡牛座解釈して詠む。価値をどれだけ確かめて、何ができる、何を持っているか。・冥王星は変容・土星は本質だけを残し他は落とす・水星は思考バリエーション、応用力・木星は広がり・金星は自己価値が上がる。(実践すればの話)・3ハウスのトラサタは、思考がついていかないくらいの混乱。予知不可、発想の変容。・1,2,3ハウスに天体が集中は、どこまでも自己中的。・今まで眠っていたものを目覚めさせ自分と繋がり直すのは4ハウス・5ハウスは人生拡大。自己プレゼン、自己表現は太陽活動を拡大するため。・5ハウスは承認要求。幼稚だと恋愛至上主義者となる。・5ハウス太陽は、1,9ハウスと連動する。9ハウス太陽の年でも、5ハウスの体験いないと(獅子座の主張)9ハウスにいけない。 ・月6ハウスは奴隷部屋。先回りして世話を焼く。それが落ち着く。嫌じゃない。・7ハウス天王星は、突然の環境の変化。人間関係の入れ替わり。これを恐れるのではなく、積極的にやると現状が刷新できる。・9ハウス グレードアップ 夢や理想が高い。・7,8,9,10に天体が集まると大人年。大人になって社会で人と関わって過ごす1年になる。・N9ハウス太陽、バージョンアップ、試していきたいならお羊座と獅子座のパッションを常に持っていないと不可。せいぜい遠方のお出かけくらい。・2-8ハウスを絡めたTスクエア、スクエアは基本的に予想外。予想外にお金いっぱい使うとか、借金するとか。・10ハウスは平凡。ありきりたり。ずーっとコンスタントにこなす。・12,6,3のTスクエアは、思考葛藤。引っ込んだ場所で悶々。ライバル現れて悶々。バリエーションうめなくて悶々。・12ハウスは犠牲意識、ニート、引っ込み意識 アスペクトリーディング ・アスペクトは、自分をどっちに立たせるか。・スクエアは自分からしかける。でないと想定外が起きる。自ら打ち出せば、外部からきたときにショック小さくて済む。・自分に力がついていたら、スクエアはぬるま湯から抜け出せるチャンス。自分超えしよう!・火星・土星・土星・天王星のハードは職人的。めちゃめちゃこだわりがある。使えないとただの曲者。偏屈さ。・牡牛座火星と水瓶座土星のスクエア、急な方向転換。価値が変わる、アナーキーにガンガンいく。行かないと急き立てられる。・月と10ハウス冥王星スクエア、仕事で大きな区切り。・N太陽土星スクエア、一般的なルールを否定する。・オポジションはお互い意識している。スクエアはいきなり来る。・月天王星オポジション、プライベートで引っ張られる。飛び出したい無意識。・太陽海王星オポジション、木星のサポートはわかりやすいけれど、海王星はわかりにくく不透明。よくよく考えたらサポートしてもらえたなぁっていう実感。・太陽・海王星の水のサインハウスは、アル中、依存症。犠牲者意識。・N月海王星コンジャンクション、ソーラーリターンで太陽海王星オポジション、社会活動に使う。乙女・魚だとボランティアとか社会奉仕とか。でないと依存に使うことに。・金星・天王星によって生まれる恋は花火。一時的。天王星は刺激。スクエアはパッと燃えてパッと散る、いきなりくる。オポジションは相手が見えているから「来たな」という感じ。夏に始まった恋は3ヶ月の運命。翌夏には終わっている。 サインリーディング ・ルーラーは強く働く。振り回される。振り回す。パーソナル天体は特に。・喋るは双子座の水星、書くは乙女座の水星。・山羊の金星は、未来の見えない恋はしない、ムダ金使わない。結婚が見えているから付き合う。ゴールが見えないことは無駄。ヤル意味なしと考える。・山羊水星は「ああやってこうやって」と着実に組めるが、水瓶水星は未来情報キャッチ、または中性的な思考、オリジナルなこだわり。土星超えした価値観で考えないと解明できない。・太陽は社会活動。太陽金星は感性を使う。「楽しい」は月金星。・木星は道徳。道徳守っていなかったらどれほどのサポーターがいても後で制裁がくる。社会の木星土星は、常識守らないと手痛いしっぺ返しが来る。・木星、金星はあまりマイナスに出ない。だから懲りない。同じことを繰り返す。・崩壊は天王星。しかも一部だけのリフォーム。・イメージ、ビジョンをどこまでも増やすのは海王星。・冥王星はゆっくり変容。パンと瞬間的にくるのは天王星。・蠍座は蟹的要素が強い。魚座は蠍っぽい。蠍は無自覚に蟹をやる。・蠍座やDESや西の偏りは、誰かとくっつく。・N蠍座太陽は一人の人と結ばれるのが目的。・射手座、二刀流でいける。理性と本能。射手座はそんなに崇高ではない。夜と昼の顔。本能で官能的。・魚座を優しいとナメてはいけない。蠍座を超えているから、思いのほか執拗。蠍座を終えて魚をやっていることを忘れずに。・月魚座は受け入れる、ゆだねるしかない。 その他モロモロリーディング ・ホロスコープは自分中心で読むが、パーソナルでなければ社会や時代背景として読まないと辻褄が合わないことになる。・天体は意識。公転周期で階層ごとに分けて詠む。・全て意識。ソラリタもネイタルも意識がなければエネルギーが強くならない。・ホロスコープを読むときは、過去の行いと今の意識がセットで影響を与える。・きれいに読んじゃうと現実から離れてしまう。サインもアスペクトも一方向しか見られない人は本質を見抜けない。創始、根源、ソースの意味がわからない。・ソーラーリターンを知ったら意識が変わるから、3か月前から影響が起こる。・グレコンはネイタルとタイトにアスペクトしている人でないと、影響は出ない。木星土星は社会天体だから社会活動をしている人にだけ使える。作用する。・木星はノリ、1年限定のノリ、巻き込んでいく力。オーバーリアクションで大きく見せて乗っていく。・土星は木星で無駄に広がったものを落としていく。木星で巻き込んでいって土星で現実なものに固めていける。・取り組みは(種づけ)やってくる直前にやっていかないと不可。・太陽を中心に生きないと、どんどん過去に行ってしまう。終わっても求めてしまう。月に留まり続ける。・水(ハウス、個人天体)を持っている人は感情記憶、絶対忘れない。火はすぐ忘れる。風は変化するから興味を失えば、忘れてしまう。 ハイ! ご苦労様でした。ここまでしっかり読み込んで下さった方は素晴らしい!!!あなたのリーディングの参考になれば幸いです。誤字見つけた方は、ご一報ください。m(_ _)mリターン図モロモロソラリタチェック法 ...

こんにちは! 私の太陽を生きる、京都アグニの金子元美です。 上弦・下弦月に行っている星の研究会、魔術師会。内容をピックアップして、レジュメスタイルでお届けします。 今回お届けするのは「etcから学ぶ占星術」です。 ダブルボディサイン ・双子座、射手座・魚座のダブルボディーは、周囲の環境や反応によってどんどん変わっていく。自らは変えられない、変わらない。 ・ミュータブルサインは目的を持てない、と嘆く方が多いけれど、そもそも持たない、目指さないのが目的。・射手座の人(高学歴、崇高な職業)は、対向の双子座(日常のチープ話)好き。逆も然り。高学歴だから、専門分野に長けているからと小難しい話題を振るよりも、バカ話してはっちゃけた方が楽しんでもらえます。 ・ミュータブルサインは、求められることで存在意義を見出す。リクエスト、要望に応える自分が好き。ただ、相手が甘えて横着しだすと意表を突いてくる。・カーディナルは環境から抜け出す力があるけれどミュータブルは弱い。引っ張ってくれる人がいないと流されていく。 ・カーディナルは、ただただ忙しい。・フィックスは頑固、こだわりが強い、こだわる分野以外は無知でバランス悪し。一つしかできない不器用さ。・フィックスはキャパ以上のことはしないけれど、ミューダブルはキャパ超えても無自覚。だからこそ可能性は無限。 30度の連携プレー ・隣同士のサインのカップルは建設的。先にあるサインがリードする。 ・個人でなら、先行く天体を使うと背後にある天体が後に続く。 ・応用力の必要なセクスタイルより使いやすい。 ・魚座と牡羊座の連携力は弱い。共に無自覚なサインなので、ずっと自分探しが続く。 ・双子座の蟹座の連携プレーは、お喋りタイプならどこにでも居場所をつくれる。・蟹座と獅子座の連携プレーは、家出を楽しむ。・乙女座と天秤座に天体が偏っている人は、裏方でサポートし人間関係が調和的。センスある。ただ隠れた場所では、とても意地悪。 ・天秤座と蠍座に天体が偏っている人は、お金儲けがうまい。天秤で多くのタイプを相手にし、蠍で裏メニューを出す。欲望にスイッチ入れば、有力者を引き寄せ仲良しになる社交術。 ・蠍座と射手座の連携プレーは弱い。自信家の冒険者でない限り、理想を語るだけになりやすい。・射手座と山羊座の連携プレーは、成果を出しやすいコンビネーション。地味でも内面は熱く、満足を知らない終わりなき挑戦者でいられる。・水瓶座と魚座の連携は、完全スピリチュアル。不確かで曖昧な精神世界をロジックで裏付けできる宇宙人。 ・サインとハウスの法則 天体アラカルト ・金星6ハウスは、仕事が趣味。仕事が楽しい。 ・天秤座の金星は当然、人間関係に配慮し美しい自分でいようとする。NOを言わない。言った後で一人罪悪感に打ちひしがれる。・金星&海王星は、メルヒェンか詐欺師。女性に夢を与えられる。使途不明金など引き寄せやすい。女性を相手にするニッチな領域を攻め込んだら、大きいお金を引き寄せられる。 ・基本的に蠍座、冥王星は見せない。結界の張り方が強力。・水瓶座、天王星を間違って使うと自律神経がヤラれる。体を壊して初めて気づく生身の限界。・火星&冥王星はDV、ヤクザ。裏社会で権力を握れる。本質を突き根性あれば確実に大物になれる。忘れたように見せかけて、復讐は果たす。・蠍座は他人の力を借りることに自力を使う。根回しうまく、力を持つ者に近づくのもうまい。・太陽&木星は、保護されるゆえに懲りない性分をつくる。・太陽&木星は良い人。そこに海王星が絡むと社会を超える。「なんでそこまでやるの」となるか、時代の波に乗れれば想像以上の成果を出せるが、海王星はツメが甘いのでここを補填する働きが必要。・太陽&冥王星は、トラインだと死ぬまで付き合う。再生力。時代が変わってもずっと同じことを続ける。ギアチェンジが下手。・木星&土星は、社会天体。木星は基本的に裕福。お金で裕福でなければ、裕福な人からサポートしてもらえる。・満月生まれは理想が高く、結婚は自分と真逆の人とする。周囲から見れば不釣り合いカップルに。 ホロスコープを読むコツ ・ホロスコープだけで読まない。当事者の現実の生活に過去、どんな言動をしているかも見る。・ホロスコープは感情移入したら読めない。傍観者になって自分の価値観は捨てることが絶対条件。・中年の危機、40歳前後で意識が変わる。・閉経を迎えシルバー仕様に変わる50歳前後も意識は変わる。ここで大きく二派に分かれる。残りの人生をエンジョイしようとする人と、言い訳ばかりして引っこむ人と。・55歳過ぎるとリアリティしかない。・下手に過去のキャリアを持つ50代は未来が霞む。 ・社会で求められる50代でいるには、ミュータブルサインを見習って柔軟に考え、対応し、生きることです。・人生は55歳から✊ ...

こんにちは! 私の太陽を生きる、京都アグニの金子元美です。 上弦・下弦月に行っている星の研究会、魔術師会。内容をピックアップして、レジュメスタイルでお届けします。 今回お届けするのは「YouTuberから学ぶ占星術」です。 YouTuberの水星 ・水星、海王星スクエア → 相手に夢を見せることができる。話を膨らませられる。ただし嘘も含まれている。(本人は無自覚、または盲信している)・水星・蠍座 → 本質をつく。言葉がえぐくても「事実だよな…」と納得する押しの強さが水星に含まれている。(だだし、功績を残せている人の場合)・太陽・蠍座、火星、水星コンジャンクション → 一刀両断。痛快さ。結果だけを簡潔に伝えられる。なのでとてもわかりやすい。(例 「モテるのは顔がいい」「性格悪くても許されるのは顔がいいから」)・功績ある蠍座 → 当然、不労所得。過去に破産経験あり。財産莫大なほど、身なりはみすぼらしくなる。・本物の資産家は、服、車などにあまりお金をかけない。使いたいときにボン!と社会のために使う。その額は大きく、またそれによって利益を生む。・蠍29度(後半) → 人との関りを持って生きている人は自分と他者の闇を見る。・ASC射手 → 心がまっすぐ。育ちの良さ。・ユーチューバーの話すフォーマットは同じ。(結論→「1○○、2○○、3○○」→まとめ)・自分の星と似た配置のユーチューバー、良いと思った水星力は取り入れやすい。癖付けしやすい。・自分の星と似た配置の配置のユーチューバーに対して嫌う場合は、自分の水星力が軟弱、使いこなせていな可能性が高い。・双子座、水星 → 話すほど余計なこと言う。喋りすぎて調子づくと話を広げすぎる傾向、または嘘が入る(ユーチューバーの特徴?)。ただどちらにしても、若者を巻き込む力はある。・人をいじりながら話すは気が弱い、返しがないと話せない、その場での出たとこ勝負タイプ。面白ければ納得できる。 海王星マジックの嘘 ・火星、海王星スクエア → ミサイル。北朝鮮のミサイルのようなもの(どこに飛んでいくか分からない。)なので不発、読みが甘い。または読みが外れていく。・海王星は扱いが難しい。ツメが甘くなる。自分以外の多くの人の夢代理人として使うなら、多くの人たちに夢を与え共感を得られるけれど、そうでないなら欺瞞扱いされる。・太陽、月スクエア → 葛藤が多い。常に自分の中にある分離感。外と内の顔が違い。それを有効活用できる人は魅力的。・太陽蠍、獅子 → 一人ではイケイケにならない。神輿をかついでくれる人を作れて、初めてイケイケの自信が生まれくる。太陽獅子座だから初めから自尊心があるわけでもなく、カリスマ性が出せるわけでもない。・獅子 → 年齢を重ねるほど、マスコットキャラクター的存在になれる。ただし、それだけのキャリア、功績を保てればの話。・海王星(信じる愛、信仰心 等)をうまく使えるのは夢見ている間だけ。なので見続ける執拗さが必要。水は基本的に執拗です。この力を発揮できないと水ではありません。間違った思い込み、思考癖。・信じれば信じるほど、当然ながら信じる力は大きくなり、現実を変えていける力として作用する・海王星は現状維持になったら根腐れしてしまう。海王星は木星の大きいバージョン、保護、サポート。アテにした途端に消える。・海王星は風の時代が進んでから、重要になってくる。今後、注目すべき天体です。・海王星はなんでもアリの同時存在、パラレルワールド。安楽死、ホログラム等、境界線を無くすからこそ無限に広げてくれる。この要素をワクワクできる人は、水星力が長けている。そうでない人は、迷い混乱を繰り返すことになります。・木星のサポートは誰の目から見てもわかりやすいけれど、海王星のサポートは不特定多数だからわかりにくい。・信じ続けることを辞めなければ、人を変え品を変えサポートがやって来る。しかし、人に求めると依存になるし期待外れにもなる。 半端ない冥王星 ・太陽・蠍座・冥王星とコンタクト。→ コラボ好き。強力な協力者が背後にいる。・金星冥王星コンジャンクション → 大きなお金を得られる可能性。または愛憎劇。ビッグな権力を持つ女性に支配される、過剰に愛されるが受け取る力も半端なく必要。凡人には扱えないエネルギー。・肉食 → 蠍(スタミナ)、対抗サインの牡牛(肉)が支えるのでグルメ家が多い。尋常じゃなくたべる。貪欲。・冥王星は分かりやすい。死、恐怖、背後に忍び寄る気配、並大抵ではない権力者、全財産つぎ込むスポーサー。裏切れば殺される。笑 リーディングまとめ 上記に書いてあるのはほんの一部、ピックアップしやすい、読みやすいところだけを抜粋して書いています。本来は、他の天体がどのように働いて、上記の星の影響を強めているか、もしくは塞いでいるかを全体を眺めて総合的にリーディングされるようにしてください。基本ホロスコープは、人生地図→DNA→当人の行動力→過去の体験や実績を混ぜて詠む、です。くれぐれも一つ当てはまるからと盲信しないこと。自分の人生に活かすにはとことん得たい部分は真似をして、自分流になるまで繰り返し地球生活で実践し続けてください。 ...

こんにちは! 私の太陽を生きる、京都アグニの金子元美です。 現実生活で活用できる占星術解釈をお届けしています。人生は55歳から、に共感できる方はご参考にされてください。 今回お届けするのは「火星」です。 火星エネルギーとは 自立とは、独力自分の力に頼って修行することです。(Google先生より) 火星の年齢域は35〜45歳までで、この時期に当人がどれだけの火星力、自力を発揮したかによって火星の読み方も当然変わってきます。トランジットから受ける影響も同じくで、火星が〇〇座だから〇〇座のようになになる、とは限りません。 自分が持っている周波数と同じレベルしかキャッチはできないし、扱うことができないのです。 火星は太陽の道を切り開いていくエネルギーなので、社会活動が大前提です。 火星期の年齢域に自分の能力をとことん社会で発揮し、勝った負けた体験を通して私たちはパワーバランスを学びます。 この時期に肝心なことは、勝ちを目指し、負け体験の後に再び火星力を取り戻せた人は、勇しく生きていくエネルギーに満ち溢れるということ。ここに他者の存在は考慮されません。「やりたいからやる」 果敢さを持つ火星は、孤高とはセットです。 つるむなら同志とだけ、感情共有だけを目的とする人とは繋がらない。未来へ向かう協力体勢は惜しまないけれど、見定めている方向性は私の太陽なのです。 そして何より自力の火星を獲得できたなら、次の木星期(45〜55歳)では他者に対して嫉妬心を抱くことなく、偽善心からでもなく、純粋で寛容に人を応援することができるようになります。 勝ちを目指したこともなければ負け体験もない火星は、愛の共有だけを求め、自攻めに他責、イライラが募れば自分の月のテリトリー内だけで消化させようとするでしょう。 ネイタルの火星逆行の特徴 ネイタルで火星逆行天体を持っている方は、自力を発揮する場をなかなか与えてもらえない特徴を持ちます。 自分では忙しく動き回っているつもりでも、与えられた役割をこなす予定に振り回され、自分の人生に対する冒険心やチャレンジ精神を養う機会を奪われてしまうのです。 この忙しく動き回る起因となっているのが、私の太陽の目的なのかどうなのか、ここを見極めなければなりません。 周囲のリクエストにただ忙しく動き回って応えようとしているだけなのか、それともリクエストに応えることが私の太陽の目的なのかどうかです。 ここをゴッチャにしていると、火星のドライブ感は実感できないでしょう。 また人によっては、男性に対するコンプレックスを抱えている場合があります。 女性としての性的な部分をふさわしくない場で求められた体験により、その人の金星(他力)と火星(自力)がアンバランスなまま置き去りにされてしまい、必要以上に警戒心が強くなったり、人前に出ることを避けるようにもなるでしょう。 火星逆行生まれの方は、トランジット火星の逆行中はチャレンジ精神が旺盛になります。いつもならできないこと、過去2年単位で積み重ねてきた欲求を行動に移せる時となります。 牡羊座の無自覚さ 牡羊座は一番目の始まりのサイン。だからこそ本能的で直感的、自分の内側で感じる感動や興奮によって初めて、生きている自分の存在を確認することができます。 そして始まりのサインゆえに無自覚(1ハウスにある天体も同じ性質を持ちます) 無自覚なために、自覚して成長させるまでにとても時間がかかりるといわれていて、牡羊座(1ハウス)を知るには天秤座の他者(7ハウス)である写し鏡のパートナーが必要です。でないと独りよがりが増えて、それを自由と勘違いし、そのことにすら無自覚なままでしょう。 牡羊座は思考が働かないサインなので他者を通して私を確認し、私と他者の違いを通して生きる法則を本能的に取得していきます。 なので言葉では説明できないし自分だけがわかっていて自分だけが使える知恵のようなものでしょう。 私と相手の違いから学ぼうとするのは自分が生きていくため、です。 本能と直感の実態 私たちは安心で安全な暮らしを過ごしているが故に、本能が発動する場面などほとんどなく、この純粋なエネルギーと出会うことは少ないものです。仮に出会えたとしても、本来のパワーには到底及ばない微弱なものではないでしょうか。 直感も同じくで、私たちがよく使う直感で決めたというのも月の気の迷い(感情)が多いように思います。 小さな選択の直感に迷いはないけれど、大きな選択には常に迷いが生じます。これも直感や本能を通り越して、思考が働いてしまうからでしょう。生死を決めてしまうような瞬間でないと、本能と直感は作動しないように私は思うのです。 本能と直感の実態とは、野生動物が持つような粗野で荒々しい誰も手なづけられるものではないはずだし、それほど瞬時に発動するエネルギーでしょう。 実際の話生死を脅かす自然災害に遭った時、性欲を異常に感じる男性は多いと聞きました。(子孫を残すため)震災後に、結婚が増えるのも私たち人間が持つ生命の本能によるものでしょう。 野生動物から考えれば、飼い慣らされてしまうと本能と直感を失い、寝そべる時間が増えてブヨブヨの脂肪をまとうようになり、飼い主の顔を伺い続け臆病になっていきます。 2020年の火星逆行 2020年は、火星が牡羊座に半年間ほど留まり火星逆行も続きました。 本来のサインにある天体はとても強く働きますね。あなたはどのように体感され 、社会活動に参加されたでしょうか。 私たち女性のほとんどは火星力を使って生きていないのが現実なので、火星(本能)を思い出す、自力を身につけ始めた、というリーディングが正しいように思います。 2020年はコロナによって命の危機を感じた人もいただろうし、山羊座社会の変容により転職はしないまでも、これからの仕事を真剣に考え始めた方も多くいたのではないでしょうか。昔なら、狩猟=生きる現代なら仕事=生きる、に直結します。 2020年11/14に火星は順行に入りましたが、火星(本能)を思い出す、自力を身につけ始めた私たちが、これからどのように創造エネルギーの根源である火星を使って生きていくことができるかでしょう。 これは冒頭にも書いたように、本人の獲得具合と、トランジットのエネルギーの組み合わせにより当然に変化してきますが、牡羊座の火星が促すのは、常に自分の頭上にあるエネルギーを創造の知恵に変えられるかです。 牡羊座の特徴は、生死を分ける瞬時にパワフルに働くように、永続的なエネルギーではありません。本能なので、持続させようとすると死にます。この特徴が牡羊座なのです。実際に牡羊座にパーソナル天体を持つ方は、出だしは調子はいいけれど長丁場になると消耗し枯渇してきます。これを占い記事では、飽き性、猪突猛進と表現します。発動させて順々に陰陽サインが移り変わっていくように、次の牡牛座で捕獲し自分のモノにして、次の双子座で火星の使いやすくするためのバリエーションを増やしていく、というように進化の旅を続ける中で私の太陽ルートを切り開いていくのです。 まとめ ・自力とは独力(Google先生より)・自分の持つ周波数しかキャッチできない・火星は私の太陽を生きることが大前提・勝ち負け体験、七転び八起き体験が必要・火星逆行はコンプレックス・役割に振り回されていると機会を失う・逆行生まれは逆行時が好調・牡羊座、1ハウスは無自覚・牡羊座は天秤の他者から法則を解き明かす・本能は生死、直感は思考しない時に訪れる・火星は長丁場は死ぬ・2020 年は生き残る力の目覚める時 ...

こんにちは!人生は55歳から 私の太陽を生きる、京都アグニの金子元美です。 こちらの記事は毎月、上弦下弦月に行っている星の研究会、魔術師会でのリーディング例を抜粋してお届けします。今回お届けするのは「龍頭図」ドラコニックチャートです。 龍頭図とは ドラゴンヘッドを牡羊座0度に合わせてだしたチャートです。ドラゴンヘッドは、太陽と月の交点天体ではなく架空ポイントです。ヘッドは現世、テイルは過去世を示すといわれていて様々な解釈がありますが、私的には「宇宙のへその緒」として解釈をしています。「宇宙のへその緒」と解釈すれば、生まれ落ちた地球ではネイタルチャートを目指し、龍頭図は過去生を積み重ねてきた私の魂の歴史でしょう。この両方を読み比べることで「私の太陽を生きる」相乗効果を起こせるし、自分の魂の癖を知ることでネイタルだけでは詠みきれなかった謎も解けます。 アスペクト、ハウスはそのままでサインの天体度数が変わるだけで、人によっては、変わらない人もいます。龍頭図を出すにはこちらのサイト出生チャートを選択して、チャートタイプの中の龍頭図を選べば出せます。 過去世注意報 過去世をテーマにする時、私は注意していることがあります。魂の癖や、過去世を知るだでけでナチュラルに自己ヒーリングが起きます。深い意識からの目覚めは、潜在意識が動くからです。この作用がどのように働いているかは顕在意識では確認できませんが、癒しはある種の麻薬要素を持つので「私の太陽を生きる」ならそこに留まり続けないようにされてください。癒されたら手放す。(忘れる)未来に向かうために過去を知り癒されたら自分の足で歩く意志を持ってください。自分を知り、癒すだけではなく未来へと繋げる意志や意図に気づくことがリーディングにおいての有効手段です。ここに留意されながら、ご興味ある方はこのまま読み進まれてください。 龍頭図toネイタル 龍頭図は、もともと持っているもの、過去世で散々やってきているので、私の背後にいる私としてイメージしてもらうとリーディングしやすいと思います。占星術を学んでおられる方なら、龍頭図を見た瞬間に「ああ」と頷かれると思います。ネイタルで実感できなかったものが深く納得できるからです。この頷きが起きた瞬間に、過去のシーンが走馬灯のように思い出されるかも知れません。あの世の私の魂が龍頭図ならこの世の私はネイタルチャート。龍頭図が「私っぽい」と思えるのは、これまでやってきたから実感があるのです。「そうそう、そうだった!」という感じでしょうか。 龍頭図に比較して、ネイタルは実感しにくい方が多いように感じます。その理由は、いつも「今日の宇宙エネルギー詠み」で書いているように、私たちは天体意識を獲得して生きるのが目標で、多くの女性は月と水星、金星までしか使って生きていません。 2020年はコロナにより世界中の価値観が変わり、生活習慣を強制的に変えられました。そしてこれから迎える風の時代は、これまでの社会組織の在り方そのものが変わるので(山羊座冥王星・土星)否が応でも太陽意識に目覚めが促されています。今後の仕事はもちろん、私の人生の在り方をこれまでとは違ったリアル感を抱きながら考えておられる方も多いのではないでしょうか。このタイミングで、それぞれの龍頭図とネイタルを比較できたことは、太陽意識獲得を加速化させてくれます。幸せなことだと思います。 サンプルリーディング太陽編 サンプルとして私を例にします。 龍頭図→ネイタル・太陽 天秤座19度→太陽水瓶座0度天秤座の調和を重んじるので研究会においても皆が同じ配分で話し、質問できるようメチャメチャ時間配慮してます。私の世界を創るのも人間関係仕事を創るのも人間関係と何度も繰り返し書くのも、ここからでしょう。若い頃は天秤座を結婚相手のパートナーシップ作りにしか使っていませんでしたか、現世でのサタリタの離婚決意表明から太陽水瓶座を獲得しようと励みだしました。 ●魂詠み天秤座から水瓶座は、平和の進化サインへのジャンプです。(平和サインは天秤座と水瓶座)金星から天王星へ。 私の魂は対人間の愛という理解から、宇宙や未来へと視座を移します。「人生は55歳から✊」と、太陽意識を獲得して生きようと占星術を通して女性に働きかけ、地球から宇宙意識に向かおうと運動を起こしている太陽水瓶座の革命家です。 欠損の月編 龍頭図→ネイタル・月 山羊座10度→牡羊座座21度 私は目には見えない占星術を仕事にしていますが、夢想や癒しだけで終わるリーディングは好みではありません。結果をだしてナンボ、成果をだしてナンボ。現実生活を変える、実生活に役立たないリーディングは意味がないと思っているところがが月の山羊座に示されています。ネイタルは牡羊座。自分の月の痛みに無自覚になれるところがあります。情緒に乏しく、他者が恥だと感じることに恥を感じなかったり、他者評価に対しても気にならないところがあります。だからこそ、失敗に気づくことなく自分のやりたいことだけに意識を向かわせることはできるのだと思います。懲りない無自覚な子供です。 ●魂詠み月を欠損と捉えると龍頭図では社会性の欠損。ネイタルでは自我欠損となります。欠損だから気になる。求める→欠損に気づく→また求める このループはエンドレスなので、欠損に気づいたら諦め切る。もう手には入らないんだ、私にはと。そしてす諦めてすっかり忘れたら手に入ります。月の無意識とは摩訶不思議そういう働きをするのです。 https://vimeo.com/448025873 仕事の水星編 龍頭図→ネイタル・水星 乙女座25度→山羊座座6度水星乙女座はルーラーなので強く働きます。25度なのでかなり大人の勤勉家。毎日が仕事漬けでも全く気にならず、むしろ落ち着きます。 書くことが苦手ではないのは、この天体からだと思います。過去世でもたんまりと研究を続け書いてきたと思われます。ネイタルの水星はアングルのICに乗っているので、こちらも強く働きます。そしてテイルとも合です。信じてもらいにくいのですが、私は講座で話すのが実はとても苦手(土星)でずっと避けてきた事柄でした。 ●魂詠みパーソナル天体を、サビアンチェックするとより理解が進みます。そして水星は適職を絞り込めます。(太陽と月は人生の柱なので、仕事をここから探るのはまちがっています。自己実現の方向性と詠むべきです。)太陽の質を決めるのは水星と金星といつも書いているように、商才を示す水星でお仕事チェックしてみてください。龍頭図→ネイタルサビアン高炉を持つ少年→ベールに包まれた預言者どう詠んでも神秘主義参入の占星術師です。 センスの金星編 龍頭図→ネイタル・金星 蠍座24度→魚座座6度 人生前半で深く関わった方、影響を受けた方は全員が牡牛座でした。そして人生後半からは蠍座さんばかり。 実はどちらも苦手なサインでナカナカ馴染めなかったのですが、後半からとても好きになりました。この両サインを好きになれた時、私の感覚は大きく変容しました。大切にするものの価値観が変わり自分を認められるようになりお金のプロックが外れお金と人との関わりが密になり人生は確実に豊かになりました。 ●魂詠みここで書いている牡牛座さん、蠍座さんは太陽サインだけを示しているのではありません。アセンダントサイン、牡牛座、蠍座のマジョリティ、2ハウス、もしくは8ハウスにパーソナル天体が入っている方です。(サイン=太陽という詠み方をしていると詠み間違います。なぜなら太陽は外でのペルソナとして使っているからです)金星はセンスを示すので仕事にも使えます。龍頭図→ネイタルサビアンX線→行進している将校 目に見えないものを見通し、社会全体に尽くす。そのままを生きているなと思いました。 運命の人の確認 長くなってきましたので、最後に重要なことを一つ。ドラゴンヘッドに関連することは、冒頭に書きましたように宇宙のへその緒としてリーディングすると理解は深まります。実際に私も、自分の過去世を知るために見るというよりも人との関係性の強弱、関係性を結ぶタイミングをみる時に使います。研究会では各自で検証していただいたところ、今の家族、近しい人とは龍頭図→ネイタルの太陽と月がタイトに重なっていました。(ドラゴンヘッドは太陽と月の交点なので、太陽月がメイン) 例えば 自分のN月と相手の龍頭図の太陽サインが同じとか、相手の龍頭図の月が、自分のN月と同サインとかテレコに入れ替わっています。現世での関わり深いほどオーブもタイトです。 やはり人生を共にするのは、太陽と月のコンビネーションです。金星なら好きで楽しいだけ。水星なら話すだけの友人止まりとか。前世と過去世のドラゴンヘッド、互いの太陽と月が宇宙のへその緒が時空を超えて結ばれていく。そして何よりも面白かったのは、思いを強く抱いても結ばれなかった人は、太陽月のテレコ現象は見られなかったことでした。要は、「魂は知っていた」ということになりますね。私たちは気持ちを昂らせ、思い込みのイメージを持ち、それを相手に投影をして生きているということでしょう。 龍頭図のまとめ ・龍頭図を私らしいと思えるのはやってきたから・龍頭図はネイタルを比較して読む・ネイタルは肉体を持って三次元で目指す私・楽なのは龍頭図。やったきたから簡単・ネイタルは努力が必要・アングル天体は影響力が強い・龍頭図は自己肯定に使う・全てはネイタルの私の太陽を生きるため・龍頭図では魂のその人を知れるので幻滅覚悟で・龍頭図の太陽月の季節は調子が良い ホロスコープは、宇宙調和です。一見、片割りがあるように見えても別のところでちゃんと調整してくれています。ホロスコープを詠む時は、ちゃんとそこまで読込んでくださいね。感動できますから。魔術師会でいつもお伝えするのは、ホロスコープを団子にして丸めれば皆、同じ大さだということです。私たち一人一人の価値は、宇宙と同等です。この現世で、地球という星で私の太陽を生きましょう! ...

こんにちは京都アグニの金子元美です。 占星術はむずかしいイメージを持たれることが多いですが、視点を変えると意外とカンタンです。リーディングする側がどこにポイントを置いて詠むかの感性によって大きく左右されるので、同じチャートでも全く違ったリーディングになるのもおもしろいところですね。 ではリーディング法を1分でわかるように書いてみます。 1分でわかるコツ ・新月は種付け・満月は結果の受け取り・月相によって調整していく ハイ、これだけです。 満月に願いをされる方がいらっしゃるみたいですが基本、願いは新月に行います。太陽と月が重なる新月に、太陽の未来の目的が受信機である月にプリントされるからです。 満月に願いをするのは感性がズレてます(・∀・) なぜなら満月は太陽と月がオポジション関係で、願った新月がどのような状態であるか確認できるタイミングだからです。満月は現状の受け取り、これ以上はない状態、このままいってもこれ以上の結果は出ない現実のシビアさを知るのです。 新月のコンジャンクション ↓私の中での種付け満月のポジション ↓私とあなたの関係。あなたを見て知る私現実の結果を知ります。 1分もかからずに終わってしまいましたね。 1分で満足できない方に向けて、もう少し掘り下げて具体的に書いてみます。 おさえる3つの順番 ・どのサインで起きるか  ∟ テーマがわかる ・どのハウスで起きるか  ∟場所がわかる ・アスペクトチェック ∟グラデーションが生まれる この3つをおさえれば、リーディングに幅をもたせることができます。そして太陽系の惑星はサインを変えたとき木星・土星は社会運をトラサタは時代の流れを順行・逆行を考慮できれば完璧でしょう。 誰にでもリーディングできるからこそ、現実生活に結果を出すためにはセンスと経験と実績が必要になります。実はこれには、また別のリーディング力が必要になるのです。 新月・満月チェック。現実生活に結果を出したい方は下記を読んでみてください。 オンラインサロンでの検証 オンラインサロンのピータークラブでは毎月、新月満月を検証しています。なぜ検証をするのかと言うと、自分の内側の世界であるミクロコスモスを知るためです。ミクロ知らないと、マクロに反映させられませんね。 新月・満月が自分のどのハウスで起こり、どの天体とアスペクトをとっているか、これを外の現実世界とてらし併せながら検証しているのですが同じハウスでも当然、一人一人違います。 環境が違うし置かれている立場も違う。 それぞれの今のテーマも違う。 そして何よりも毎月の検証なので、どれもこれも日常生活で埋没している感覚なので、引っ張り上げてこちらの手の平に乗せて「はい、これ」と知ってもらう必要があります。なぜなら、誰にとっても日常生活は普通すぎてすべてがあたり前。スペシャルな体験などどこにもありません。 他者の視点で他者の価値観で教えてもらわないとワカラナイ。 ここで1番の邪魔をするのは言葉の価値観です。 例えば不安を感じていたとして満月だから手放しまーす!と簡単に手放せば誰も苦労しない。 それを言葉で書いたり喋ったところで、何も変わりませんね。これは自分に嘘をつく行為です。違和感は自分には残るので、自分を騙していることに気づくことが大事。👈ここがポイント。 満月や新月によって知る、肝心ポイントを外さなければ(これはハウスで検証できます)顕在意識で確認できれば、後は無意識の領域で勝手に処理が行われます。この繰り返しです。 こんな地味なことをやって何の意味があるんですか? の話しなんですが、この微差が微差力となり人生が変化していくようになります。要は視点が変わっていくので、世界がひっくり返っていくのです。 現実が変わらない人 私はこれまで1万人以上の方をみてきましたが、占星術を知っていても現実が変わらない人の特徴を書きます。 ・理想だけが高い人・等身大の自分を知っていない人・ミラクルを求める人・努力しないで夢だけを見る人・言葉と本心が裏腹な人・星詠み言葉に陶酔する人、です。 せっかくお勉強して豊かさを求めるなら、現実生活を置き去りにしないで正しい人生プランニングしないと(ネイタルホロスコープにかかれています)時間とお金の浪費を繰り返すだけでしょう。今の私に足りていて足りないものを自己卑下することなく、根気と発想力によって付け足しては捨てていく。この繰り返しです。プログで書いている月8回の月相ポイントは調整するために捨てていくタイミングを書いています。ご参考になさってくださいね。 そう、私たちはずっと自己調整しながら捨てていく、これを月相によって行うのでした。 50代の方でうっとりと月に向かってお願いする方はいらっしゃらないと思いますが、実はドライと言われる水瓶座の私は、うっとり目線で願いはしませんが新月の願いは実行しています。 そしてこれまで8割は叶っています。 叶っていない3割はなにかというと、自分の月から出てきたのではなく願い、等身大の自分を超えたミーハー感覚からの願いでした。(*´σー`)エヘヘ 叶えるコツを書きます。 ・願ったら忘れる・月相ごとに意識を切り替え捨てる・可能な努力は続ける やるのはこれだけですが真面目に自力で続けていれば火星周期でもある2年毎に大きく変われますよ。動いても動かないときもあれば動かなくても動くときがありそれでも続けていれば必ず変わります。 私は実体験を元にして更に豊かになりたい人をサポートしています。 https://kyotoagnih.com/j55wt-welcome/ ...