私の太陽を生きる同志たち、こんにちは!京都アグニの金子元美です。 今日がお誕生日の方、おめでとうございます。10/20牡羊座満月をお送りします。 霊力を感じる太陽 ASC獅子座、太陽3ハウス満月なので当然、月とはオポジション。今回の満月は太陽が誘導しているので、まず太陽サビアンからみてみましょう。「霊的な力に気づきはじめた男」牡羊座と天秤座の主体と客観性が入れ替わり、陰陽原理が合体して大いなる一(イチ)に気づきます。(スピリチュアル用語だとワンネスとか)私たちを取り囲む大きな大きな力一見バラバラのようでいて全てが繋がっている根源原理霊的、恒久的な働き。この力とコミュニケーションを取れる力を示します。 多様な社会での私スタイル 社会に向けて自力を発動されている方は、多様な情報を元に分析しながら、太陽の向かう方向を探している最中でしょうか。もし、あなたに7ハウスの木星を担ってくれる人がいるのなら、人生の行手を誘導されれば素直に信じて行動に移せるだろうし、知力の応用力があるなら環境の中から、これから発展していく種を見つけだせるのかもしれない。(7ハウス木星) 霊的な力に気づいたとしても、自分の中で発芽させないと(太陽火星)コミュニケーションは続かず、一時的なの迷いとして立ち消えしてしまうのだから、飽きずに問いかけ続けることです。質疑応答を繰り返すほど、霊的な力と自分の思考解釈のズレを修正し、チューニングしやすくなるでしょう。 失望からの学び 月のサビアンは「失望する観衆」牡羊座と天秤座私とあなた私と私を取り巻く環境裏切りや期待に応えられない失敗を表すサビアンですが、意図は、この失敗した状況から分析して今後の材料にするということ。そして、期待に応えられなかった自分、もしくは相手を責めるのではなく、何事も相手との関係性の中で起きることを知るということがポイントです。 人間関係や、関係性によって創られる環境というのは、投げかける側と受け取る側の相合作用によって事象が起き、物事は展開されていくのだから、どちらか一方をジャッジし非難してしまうのはあまりにも短絡的な見方といえるでしょう。 失敗から学ぶというのは、ド根性で現状を乗り越えることでもなければ、負けを認めずにリベンジ戦に挑むでもなく、陰陽作用がどう働いていたのかを正しく分析し、今後の人生材料に変えていくことです。 膨らむ理想 月は9ハウスで精神性の高まりを求め、理想と言われようとも実現したい思いが膨らんでいくでしょう。感覚センスを示す金星は、射手座にあり留の水星とセクスタイル。私の中で呼応作用が続きます。私のこだわり、譲れないもの(金星)それを社会でどう実現するかの応用力(水星)この呼応を繰り返すことで、私独自の感性が磨かれ工夫が繰り返されますが、それはごく近場で(3ハウス)私のごく身近な場所ですぐに応用できないとただの理想論で終わることになるでしょう。( 冥王星スクエア) 理想を理想で終わらせないために 理想を理想で終わらせないためには、楽観主義をなくし、自分が正しいと思う見解を社会に普及させていく必要があります。そのためには自分自身があらゆる考えに開いていかねばならないし、山羊座冥王星から考えても、今後はこれまで以上に多様的に社会を捉えいくのは必然になってくると同時に、現実をよりリアルに見る力を強化していかないと、混乱に陥るばかりで実現はできないままでしょう。 大きな力とのコミュニケーション 何だろう、何だろうとと考えている間は、応用力は働かずただ迷い続けているだけなので、考え疲れを起こすだけです。思考して疲れると、夢想にふけるか過去に向かいます。太陽のサビアンが示す、主観でもなければ客観性でもない、私を取り巻く大きな力に委ね放り投げることで、これまで点でしかなかった点と点が一瞬で結ばれていくことが多々あります。瞑想したり、潜在意識と繋がるアプローチ法(アカシック)などを使うとアクセスしやすいですが、特別なことを試みなくても思考を止める習慣づけできるとと訪れやすいです。追いかけ求めると、エゴが強く働いてしまうので感知しにくくなるのが常。難しいことは考えなくて良い。なぜなら魂は全てを知っているから。私たちの人生において、こういった霊的な力は確実に働いているので、これを体感できる満月であればいいですね。 失敗万歳🙌人生は55歳からです。それでは豊かな満月をお過ごしください。次回は29日に✋ ...

人生は55歳から私の太陽を生きる同志たち、こんにちは!京都アグニの金子元美です。 今日がお誕生日の方、おめでとうございます。10/13山羊座上弦月をお送りします。 新旧ミックスの土星 ASC山羊座、土星1 ハウス新しい時代に向けた価値観を促す土星。古くて使えないものは捨て、古き良きものは残し、新時代の社会ルールを取り込もうとするほど自分のアイディンティティが確立していくのを実感できるでしょう。もし、不安や心配に留まるのなら、それは古いままの体制で今後も生きようとするからです。今回の月の品位が悪いように、自分だけが取り残されていく感覚しか得られないでしょう。 水星逆行。契約不履行 水星R・土星トライン孤立の実感があるなら、あなたの理想は叶わないだろうし、コミュニケーションも感情交流のない乾いたものになりがちでしょう。19日までの間は過去を振り返りながら自問し(水星R)それは本当に自分の理想なのか、それとも周囲の環境に影響されてしまった故の汚染された考えなのか、それとも勝ち負け競争意識からなのか、よく問い続けてみましょぅ。この時期の契約は、月の品位の悪さ+水星Rも手伝って誤魔化しやマヤカシ、利己的に出やすいすいので契約等は場の空気に流されないようにしましょう。 自分越えの季節 今の太陽季節はバイアコンバスタ自分越えの季節です。人間関係によって知る、相手の闇に自分の闇。長年のトラウマや、隠されていた欲望に気づくこともあるでしょう。人間関係も物と同じで、放置していくと無駄に増えていくので断捨離が必要です。この誰と離れて誰と密になるかですが、これまでにない自分の強さを手にする必要があるのだから、今の自分をより強くしてくれる相手でないと自分越えはできないでしょう。自分よりも強い人は基本、怖く感じます。そして必要な我慢と必要でない我慢。これを取捨選択するのも、当人の知力とセンス次第。(水星と金星)これによって、今年何を強化できたか決まるといっても過言ではないし、この毎年の連鎖によって人生の質も決まっていくのでした。 社会のリレー競争 月のサビアンは「リレー競争」山羊座のピーク度数でありビジネス社会を象徴するシンボルとなりました。サビアンが示すのは、全て成長に必要なプロセス。不必要なものは一つもありません。社会のリレー競争を良い悪いといった価値観で判断するのではなく、社会生活におけるこのような刺激的な場面において、私たちの能力は磨かれていくのです。月は1ハウスにあり、月の無自覚さがさらに無自覚さを増す配置。太陽・火星といった積極的なエネルギーによってさらに刺激され、激しい活動を続けていくのかもしれませんね。(太陽意識で生きている人は) 風サインの平和活動 太陽火星に木星トライン(天秤座✖️水瓶座)木星は煽りながら周囲を巻き込んでいこうとしますが、木星の理念がしっかりとしているなら賛同者は増えるだろうし、自分だけの利益ではなく社会利益を目指しているのなら応援も増えていくでしょう。(木星) この反対に孤立していくなら、時代がまだ追いついていないのか(水瓶座)平和精神にまだ目覚めていないのかもしれない。(天秤座)天秤座と水瓶座セットは、私たちの社会平和を願う活動です。しかも人道的、利他的でなければなりません。時代がまだ追いついていないとしても、あなたの理念が希望ある未来を見上げさせるものなら、少数派であっても同志とは出会えるものでしょう。 月の描く世界 心で描くイメージ世界は、自分の潜在意識の中にあるから描けます。ないものは描けないのだから、潜在能力を使えれば実現可能ともいえますね。あなたの描く世界は、誰かを幸せにするものでしょうか。例え一瞬でも他者に笑顔をもたらす社会や地球にとって優しいものでしょうか。 知らず知らず社会競争に呑まれながらも、そんなところからも考えて、平和にてきるためにも過剰すぎる野心は捨ててお過ごしください。 新月・上弦・満月・下弦タイミングは、基本的に思考や欲望、習慣によって増えた無用なものを削ぎ落とし、手放し調整するタイミングです。それでは次回は10/20牡羊座満月に✋ ...

同志たち、こんにちは!京都アグニの金子元美です。 今日がお誕生日の方、おめでとうございます。10/6天秤座の新月をお送りします。 働き方、生活全般の見直し ASC双子座水星逆行、火星と合仕事を通しての対人関係や自分の技術磨き、または健康の在り方などを通して、生活全般を振り返る傾向があるでしょう。熟考される方なら(水星R)自分の凹凸をなくし、社会で通用する私をトータルにまとめるために、自育による変容が促されていることに気づかれるでしょう。人生という長い道のりは、今日という1日の連鎖が創りだすもので、一長一短にはいきませんね。大人の女性なら理解されているはず。そして、度数から詠めば変容の道。いよいよ今年も、自分越えの季節到来です。今年は新月と共に、過去を振り返りながら自力発動スイッチをどう入れるかでしょう。 考えても無駄。寝よう 新月サビアンは「昼寝」いくら考えても解決できない問題は、眠って潜在意識にアクセスしようという意味です。 私たちはついつい考え込んでしまうけれど、思考は過去の情報データを引っ掻き回すだけで脳内や外部に探し求めてもナイものです。なぜなら外部に出ている最新情報すらも、過去情報のバリエーションでしかないからです。そもそも問題というのは、これまでに出会っていない知識を採用しないと解決には至りません。出会っていない知識とは、私たちの潜在意識(アカシックレコード)全人類の記憶の貯蔵庫にあり、これは誰でもアクセス可能なのです。(私見、体験談は後日のニュースレターで) 新月MCトライン 自分の存在を社会へと押し出したい新月は、トラインで決め手がなく、現状維持を続けながら足がかりをつかもうします。サインは風現実は脇へ置いて、ひとり情報の中だけで考えて暮らしているような状態で、集めても集めても着地することなく拡散していく傾向にあるでしょう。その集めた情報を知識として使うにも、今回の新月が示すのは潜在意識活用法。眠ることで左脳をお休みさせて、右脳と左脳と共同的に扱うことでMCへの足かがり、または私をトータルに整えるきっかけが見つかるのでしょう。 金星インターセプト 新月のルーラーである金星は蠍座で6ハウス牡牛座はインターセプトです。現状を維持しながらも水面下では動く金星。自分の価値観を高めるため資質(センス)を磨き、時が満ちる準備に備えます。金星は蠍座の終わりにあり、私独自のセンスやこだわりを最適なスタイルで使うには、しがらみや長年蓄積されてきた遠い過去からの自責に他責、悲しみを断ち切らねばなりません。これからの風の時代は、意識の時代。縦横無尽に軽やかに、そして爽やかに吹く風ですのように生きないと。どれほど新たな知識を詰め込み技術を磨いたとしても、過去に心が向いているなら太陽が示す未来へと向かうはずもなく、ずっと同じ場所の徘徊を続けるだけ。どれほどの体験をしたとしても、断ち切って手放さないと新月にも気づけないでしょう。 ブログを読んでもわからない、新月がピンと来ない方は、たっぷりと眠って潜在意識につながってください。それでは豊かな新月をお迎えください。 次回は10/13に✋ ...

同志たち、こんにちは!京都アグニの金子元美です。 今日がお誕生日の方、おめでとうございます。9/29蟹座の下弦月をお送りします。 理想主義者か信仰心か ASC射手座、木星3ハウス社会の理想に向けて飛び立つ木星は、自由で希望ある未来を探しに知的学習を活発に行います。12ハウス金星スクエア私の価値観にフィットするものを比較検討しながら、より深淵でより確かなものをと探し続けるものの、こだわりが強ければ学習というより自身の癒し、女性性の開放に時間とお金を使っていることに後から気づくのかもしれません。(海王星トライン)心地よい解放感の中で自己確認できるのは幸せなことだけれども、木星と海王星のセットを行き過ぎた想像力として使えば現実逃避の理想主義者をつくり出すし、社会的な肯定作用として使えれば混乱を起こす多様すぎる情報の中でも、自分なりの美徳によって信じるものを(信仰心)見つけ出せるとなります。あなたはどのように金星を通して、木星・海王星エネルギーを感知されるのでしょうか。 逆行中の水星 サインは天秤座社会や環境、人間関係において独自の考え方を発育させるタイミング。人と自分との考え方の違いがより実感できる頃でしょう。水星・冥王星スクエア意思疎通がうまくいかないと感じるのは、あなた自身の真相意識に眠る何かしらの考えがあり、興味あることには没入し過ぎ、興味ないことには無関心で軽視したりしてしまう傾向があるのかもしれない。誰でも自分ことは普通感覚にしか感じないものだし、意識の変化にも気づきにくいものです。だからこそ自身の変化は、毎日の環境で関わる他者が教えてくれるのだから、相手の変化は自分の変化として受け取ってみてはどうでしょうか。自分との考えがあまりにも違う人に対しては、排他的になったり、ゼロ百の決めつけ方をしやすい時でもあるけれど無理にいい人はする必要はなく、興味ある分野で専門的な学びをとことん追求していくべきでしょう。水星逆行を延滞や電気機器のトラブルとか、毎回同じ意味に囚われた受け身で過ごさずに、大人なら、占星術を学び続ける者なら、過去を振り返りながら自身の水星発育として使いましょう。 月の中に住むもの 月のサビアンは「二つの自然霊」月の中に住むもの、情緒や感情を惹きつけるものによって、自分の感情がすっかりと変わってしまう様子を示しています。月は7ハウス。それは他者によってもたらされ、毎日関わる人たちによって作られていく環境によって徐々に浮き彫りになっていくでしょう。惹きつけられるものとは、決して良いものばかりでなく不快感、生理的な嫌悪感も含まれます。目には見えない自分の月に住む何かによって、それは次第に大きく、リアルな実感に変わっていくのです。下弦月なので心の舵とり、心のスイッチの切り替えとして現れやすいでしょう。 蟹座・下弦月のまとめ 太陽は秋分を迎え、自力の火星と合。風のサインなのでこれまで培ってきた視点の伸びしろ、知性の獲得によって人生の方向転換を図る方が増えそうです。(土星トライン)月と合わせて詠むと心の中に住む自然霊によって、自分の月に気付いたのなら、これまで無意識に行ってきた日課、環境や相手によって繰り返されてきた無意識の反応パターンはもう繰り返せなくなります。自分が目指す未来へと向かうには、今の人間関係を断ち切っていかねばならない。水星逆行も手伝って、過去のさまざまな思いに思考を巡らせ、環境を整理整頓しながら計画を立てていく時期となるでしょう。 それでは豊かな下弦月をお迎えください。次回は10/6天秤座新月に✋ ...

同志たち、こんにちは!京都アグニの金子元美です。 今日がお誕生日の方、おめでとうございます。9/21魚座満月をお送りします。 ASC蠍座、火星は土星トライン未来への足がかりを掴むために、自力を定着させようとする火星。天秤座の他者の中へ(火星・天秤座)11ハウスのネットワークを使い多種多様な情報をしながら(土星3ハウス)日々の知的欲求を満たし続けるでしょう。 他者から与えられるショック ASCに金星、MCスクエア天王星とオポジション社会ポジションを得るまでには、金星が示す快楽を優先してしまうと残念ながら実現は不可能です。移り変わる社会ニーズを察知しながら、自己価値の金星を改革する必要があります。これまでの昭和や平成の成功法則は使えないのです。天王星エネルギーを下手に使うと、社会ルールを無視した周囲から浮いただけの人になるし、改革心も反抗心としてしか現れないでしょう。天王星を建設的に使うには地球生活の視点から宇宙視点へ。場に縛られない生き方、共通思想で繋がる仲間、多くの人たちが心に抱く代弁者となり、未来へ誘う役目を果たすことでしょう。 改革の促しは、他者から与えられるショック、もしくは目から鱗体験によって改革を促されることになります。 いつも同じ言い回し 他者と橋をかけてくれる水星は、木星冥王星とアスペクトをとります。知力の応用力によって発信内容は純粋に広がっていくものの、感受性のままに任せているといつもの同じ言い回し、同じ内容に陥りやすい時です。また、情報が溢れているので、無自覚に見聞きした言葉をステレオタイプのように繰り返してしまうこともあるでしょう。ここに自分で気づけたのなら、冥王星スクエアが示すように思い切って一定期間は情報を遮断するとリセットできると思います。水星トラインを有効に使うなら、語学取得やリーディング法など、繰り返し聞きながら学んでいく学習法はおすすめです。トラインはただ繰り返すだけなので、自分にメリット得る方法で使ってくださいね。 スクエアは大きな飛躍 そもそも冥王星スクエアは、へし折られ感です。これは出来事とすればショックかも知れませんが、トラウマやコンプレックスにしないで、自力で修正できれば飛躍的な水星バージョンアップに繋がります。実は否定や妨害は、大きく方向転換をさせてくれる作用でしかない。スクエアからしか私たちは脱却できないのだから、未来に向かって生きるのなら歓迎すべき体験でしかないでしょう。 魚座満月サビアン 月のサビアンは「プリズム」光の屈折により七色の光を放つプリズムこれは私たちのチャクラを示しています。人生にはいろんなことがあるけれど、全ては自身のチャクラによる光の屈折でしかありません。一見、無秩序だと思われる人生も、実は秩序に則った宇宙の法則通りなのです。太陽サビアンは「古代の巻物」時間を超えた真実への探究自分を超えていく度数です。 統合と解放の魚座 満月をまとめて読みます。私たちは自分の人生をいかに創造して生きていくかですが、そこには正解も不正解も、そして失敗も成功もありません。私たちは人生の一コマを切り取って、社会表記基準に合わせて好き勝手に評価しているだけのことでしょう。人生とは不確実で掴みようのない不透明なものでしかないけれど、実は自身のチャクラを通して光が反映されているだけのことです。魚座の最終度数は、個人の思考領域では認識できない世界観。私を超えた大いなる偉大な存在、そこに焦点を合わせるには自我から離れ、全てに委ね、受け入れ感じることしか私たちはできないのです。言葉ではとても言い表せない世界観なのだから、地球生活の価値観に合わせて探し続けたところで、目先の出来事に囚われ混乱しカオスとなるだけでしょう。 自己を超えた大いなる存在 満月度数から解読すると、すり合わせることでの葛藤が始まり、これまでにまだ出会っていない新しいものを守るための準備に入ります。葛藤を生むのは現実世界。まだ出会っていないのは真のスピリチュアリティ。自身の霊性の在り方。新しいものを守るとは、これは次の牡羊座(天秤座)です。 私の力の及ぶ範囲と及ばない範囲私の思考で理解できる範囲とできない範囲個と個ではない世界。ここにはそれぞれの秩序があり、ロジックがあるのです。 満月のまとめ 現実の葛藤を超えていくには、大いなる存在の宇宙に真理を求め、そこに集中していくしかありません。思考するのは現実世界の領域で思考を手放すのは精神世界後は宇宙にお任せ、です。私たちは思考で理解したと思い込んでいるだけで、実は何も理解できていないのかも知れません。理解できたからといって何かスペシャルな出来事が起きるわけでもなく、理解できないからといって宇宙に見捨てられるわけでもなく、得ても得ていなくても実は何も変わらない。ただ、真理を知っていると心は凪のように穏やかなのかもしれない。卑下するわけでもなく憐憫に浸るわけでもなく、ただその時々に動く感情を、ただその瞬間に存分に味わうことができるのだと思います。この体験を持って、次のアイディンティティの牡羊座の月、社会の入り口となる太陽、天秤座へと私たちは向かいます。 それでは、在るもないも同じの豊かに悟った満月をお迎えください。次回は9/29に✋ ...

同志たち、こんにちは!京都アグニの金子元美です。 今日がお誕生日の方、おめでとうございます。9/14射手座、上弦月をお送りします。 何を持ち何を持っていないか ASC乙女座、水星は2ハウス自分の技術を使って社会に立っていきたいと願う方は、自己価値探求のエナジーが高まる頃です。私と他者を比較しながら私は何を持ち、何を持っていないのか自己価値を確認するために水星が目まぐるしく働きます。木星の可能性、海王星の夢が加わるとカオスとなり結果的に、自分の知っているもの以外は見れなくなるので徒労に終わるでしょう。自己価値を知りたいときは、2ハウスや牡牛座が示すように、周囲を遮断し自分に問う、家族や先祖といったDNAから探ることです。自己価値を知るカギは、情報の中にはありません。私の中にしかないのです。 風の時代は水星力 自分の価値を、社会で披露するサインが天秤座。牡牛座でしっかり自己獲得できていれば、天秤座ではフェアな関係性が築けるのだけれど、ここで自己卑下をしてしまうのは金星(自己価値)が低いからです。自分虐めをして月のテリトリーに潜り込んでしまうと、現実を曇ったまま見つめ続け、思考である水星にこのパターンを刷り込むことにもなります。技術を磨くには時間がかかるし、毎日研磨しないと社会で通用するシロモノにはならないのだから、この時間浪費は大きな人生損失です。 月の中で水星を泳がし続けるのではなく、他者と比較してナイものを個性とし、アルものを強味としてどのような技術取得に励むかに、水星の工夫を費やしましょう。 ディスタンスだからこそ身体オーラから発する情報は遮断されてしまうので、自分の思考、発する言葉の水星だけでこれからは判断される時代なのです。水星磨きに時間を費やしてくださいね。 融合した新しい知性 今回の上弦月はパワフルです。月のサビアンは「中国人の洗濯屋」生まれ持った素質を生かしつつ未来に定着させるには、これまでの生まれ育った文化によって培った知性と、新しい文化の知性とを融合させなければいけません。でないと中国人の洗濯屋のように所構わずどこにでも洗濯物を干すことになり火(未知なる世界)の着地に失敗するのです。移住に失敗するのもこのパターンです。今回の上弦月は、自分に相応しい生き方を根本的に見つめ直す月。新しい知性獲得のために一旦、自己喪失される方もおられると思いますが、この喪失体験(これまでの文化知性)が上弦の月の手放しです。新しい生き方を見つける前のプロセスこれまでの私の喪失体験です。 ピーク度数の海王星Gクロス 太陽サビアンは「王家の紋章」紋章をつけるだけのステイタス、備わった気品、伝統に対する責任を示します。今回の上弦月は、アングルに乗ったピーク度数。そして海王星エネルギーを取り込みます。MCも考慮するとミュータブルサインのTスクエア。 まとめて読むと非常に多忙、仕事でなければ精神、もしくは思考が多忙、カオスがビークとなるか、肥沃なほどの夢実現となるかに分かれていくでしょう。人によっては、体調不良が続きメンタルが弱くなっていくだろうし、人によっては主導権を全く握ることができなくて環境に翻弄されていくことになるでしょう。この流れに乗ると、現実逃避に向かいます。また人によっては、可能性を具体化しようと手を広げるものの、何も身についていない矛盾を感じるだろうし、情報の差別化ができていなければ不信感ばかりが募り、社会の不条理を感じ続けるでしょう。 私物語の実現化 太陽は未来を示し乙女座は自己研磨です。これまで自分磨きを続けながら社会に対して柔軟に対応し目標を皆でクリアしてきた人は(条件が多いです)私なりの夢物語に沿って現実が動き出していることを実感できる時となるでしょう。多忙な中にいても不思議と精神は解放され、肥沃なほど良い予感は現実へと変わっていくことを実感できるはず。周囲に柔軟に応えながら、自力と他力、そして宇宙の流れを取り入れながら、私の夢を上弦月に乗って具現化されてください。 上弦月まとめ 私の夢物語が実現化ができる人はごく稀です。これはいつの時もです。なぜなら条件が揃わないと不可だから。今回は、乙女座の自己研磨を続けながら射手座の社会集団生活の中で、奉仕できた人への宇宙ギフトです。海王星が絡んでいるので想像以上の大きさ肥沃なほどの育ち具合でしょう。現実の話、時の運だけによる夢実現などなく、仮にあったとしてもシャボン玉のようにすぐに消えていくものでしょう。 他力の力によって得るのもその人の運だけれど、火星の自力とセットにならない限りは、内からの充実感を生涯得られることはありません。成果自体が小さくても他力と自力のセットには、深い喜びがあり、他者とわかちあえるのです。夢実現の実現には程遠くても、このタイミングで自己喪失体験があるなら、それは未来に向けた新たな知性作りが始まった証拠です。これまでとは違う知性を持たないと、可能性も試せないし理想にも近づけないのだから新旧の知性を融合されてください。 二極化どころではなく、四極化となって四方に分かれていく上弦月。これまでの乙女座プロセスを自分はどう過ごしてきたかを振り返り、自己調整しながら満月へと進んでいきましょう。では次回は21日、魚座満月に✋ ...

同志たち、こんにちは!京都アグニの金子元美です。 今日がお誕生日の方、おめでとうございます。9/7乙女座の新月をお送りします。 ASCASC 闇思考 SC蠍座、冥王星・火星パータイル生存本能を刺激される時で、これは社会において行われます。火星の使い方が幼なければ自責めや他責め、感情的な怒りにDVなどによる一方的な正義の押し付け、社会現象としては欲望の結果の残忍事件、コミュニケーショントラブルなど起こりやすいでしょう。11と3ハウスから未来を考えたとき、幸せ思考ではなく闇思考に捉えられやすいときでもありますね。蠍座の冥王星は臨界点突破、闇を突っ切っていくパワフルさを持ちますが、最悪の事態を想定しながら描く未来に幸せは訪れることはありません。自身の生命力をすり減らすだけでしょう。 健全な火星、11ハウスの活動 建設的な火星を使うなら、焦りや不安からではない勇気ある行動、描く未来を実現するための改革力、地球を健康に導くエコ活動や次世代に繋ぐ人道的主義な行動力として使いたいものですね。3ハウスは私個人の知的好奇心11ハウスは私たち共通の未来です。残念ながら私たちが受けてきた日本の教育は、11ハウスのグローバルさを捉えることがむずしい抑圧的な思考回路を作りあげてしまいましたが占星術を通して、私個人として考える場所と、私たちとして考える場所を学べているのは大変にありがたいことです。長雨による異常気象が続くこの夏は、否が応でも私たちの未来の地球のあり方を考えさせられるし、予想はしていたものの冷え込んでいく社会経済に対して、私個人がどう未来にアプローチしていくかを明確にしなければならないことを迫られているからこそ、11ハウスが示す未来の在り方を身近に感じられるのではないでしょうか。 未来のアプローチ法 私個人の未来のアプローチ法、自立を中心にして考えると、膨大な情報によって思考だけが先歩きし、自主活動グループを短期間渡り歩いたところで表面的な情報を知ったにしかすぎないでしょう。学びそのものは行動の火星ではないのだから、得た知識から座標を絞り込み、どのような場(市場)で私は行動を起こしていくかです。11ハウスの精神性は単独行動の自己責任、常にピンで立つマインドでないと自立には繋がっていかない。冥王星は一択です。多くを知ったならジャンルを一つに絞り込む時でもあるし、共に歩く人を一人に決める時でもあるし、一つの道、一つの成果実現に向けて行動を重ねていく時です。特に天王星、冥王星逆行生まれの方は。 新月の気づき 新月サビアンは「レースのハンカチ」家系や先祖代々受け継がれてきた気質、または過去の業績。それが1本1本の糸となって織りなすレースのハンチは気品にあふれています。家系や過去に縛られ拘束されていたとしても、それ以上に素晴らしい魚座の恩恵(スピリチュアリティ、魂の清らかさ)に恵まれているのです。それに気づいたらこの糸(意図)を紡いで相手に渡す。これを目的にする新月です。 新月の意図を知るには 新月に天王星、海王星がアスペクトこちらは日常生活レベルを超えた宇宙意識を示します。なので新月サビアンが示されている、私なりのレースのハンカチに気づくには、スピリチュアリティを優位にしないと見つけられないのかもしれない。それでなくても新月の種は見つけにくいものです。トラインの天王星は、日々気づかないうちに変わっていく、日常生活での意識変化。これは電波や意識の周波数を通して行われるので、健全な未来を描く思考が鍵となりますね。愛され守られることばかりを望んでいては気づけない。まず、私自身の自己価値に気づいて、そこにあなた自身が価値を置かないと何も始まらないのでしょう。 霊性の目覚め 相手が光であったり光でないわけでもないし私か光でないはずもない。私の太陽を生きることが成功ではないし太陽が幸せそのものを示すわけでもなく実現できないわけでもない。問題を問題としている間は問題解決はできないし理解しようとしない方が理解と出会い理解できたことを示す光が降りてくる。 真実は常にシンプル オポジションの海王星は相手を通して、自分のスピリチュアリティ、霊性に目覚めていくことです。霊性が目覚めると非常にシンプルな生き方ができるようになるのは、物事の本質は常にシンプルだからでしょう。真実はいつも身近にあって同時に常に遠いところにある。他者に対してわかろうとしないことが真の理解。今、関わりのある相手を通して、あなたはどんなことに目覚め、意図を織るのでしょうか。 それでは豊かな新月をお迎えください。次回は9/14射手座の上弦月に✋ ...

同志たち、こんにちは!京都アグニの金子元美です。今日がお誕生日の方、おめでとうございます。8/30双子座の下弦月をお送りします。 ライトに生きていこう ASC山羊座、土星1ハウス下弦月とトライン、太陽インコン劣等感を感じつつもも、未来を見つめられる人は心は軽やかに生きられる。これまでの昭和の価値観を簡単には書き換えられなくても、風の時代を感じられればもっとシンプルに、いちいち深刻ぶらなくても生きていけるのはではないか、そんな未来の希望を感じさせてくれる配置です。 月のサビアンは「ストライキ」特権に対する反抗、知性のストレス7度は落差から生まれる明暗からエゴを手放し、そこから得た知恵をどう生活に生かすかの思考応用力を示します。(双子座) 落差が生むストレス 私たちはライトなコミュニケーションを日々交わすことによって、人間関係が始まります。ここには社会立場による何らしらの感情落差があり、影では対立も生むこともあるでしょう。ストライキが示すのは、特権を持っている者はわからないけれど、特権を持っていない者のストレスは溜まっているもの、それが暴露しやすい時。笑顔で雑談に加わっているからといって、自分と同じように感じているかは別なので、普段は抑えている相手の感情を知ることで悲しくなることがあると思います。 下弦月なので、これからの関係性を活性化させるために積極性に知性を使おう、といった応用力ではありません。太陽ともインコンなので、自分と同じように相手に思えてもらえなかった悲しさに気づいてしまう体験があるかもしれませんが、どれだけの温度差を感じようとも、自分の楽観さを戒め距離を計りながら付き合っていくしかないのです。 相手と私の違いすぎる感情ドラゴンヘッドと合なので、近しい人たちとの間でこの体験をされた方は、ここで知った現実を忘れないで、これからの人生に教訓として使うようにされてください。 太陽ドラゴンヘッドスクエア 太陽サビアンは「初めてのダンス」伝統性を通して、人間全体を健康的に発達させていく段階にあります。決まった型を通してなので、オリジナル性はまだありません。ドラゴンヘッドとミュータブルサインでのスクエアは、自分の心がまだ定まっていない、もしくはまだ社会に自分の居場確保には至らないからこそ、母親ではない(過保護)身内ではない先生についてダンスの手解きレッスン中。言われた通りに体を動かす、自分研磨の段階です。 土星ともインコンゴール地点も見えず、劣等感も感じるけれど、これからの風の時代を生きていくには、これまでと同じ考え方をしていては無理があることだけはわかっている。私自身に調整をかけながら、新たな時代に向けて自己訓練していくしかないのです。しかも周囲の環境や相手に合わせながら言われた通りに対応しながら。 下弦月のまとめ 今回は太陽と月、土星以外、メジャーアスペクトはありません。しかも土星は逆行中。オーブだけで見ればあるけれど、サインが伴っているメジャーアスペクトが少ないので、外の世界と自分の世界との接点が見つからない、そんな思いをされる方が多いのではないでしょうか。ASC近くの12ハウスには冥王星意欲を失ったわけでも、ヤル気が萎えたわけでもないけれど、自分の真実は誰にも見えないところに隠し持ち、双子座の下弦月での手放しの時です。二つの月(心)を使い分け、相手に合わせ、環境に合わせ、現実生活でやりくりしながら過ごされてください。 では次回は9/7乙女座新月に✋ ...

同志たち、こんにちは!京都アグニの金子元美です。 今日がお誕生日の方、おめでとうございます。8/22水瓶座満月を贈ります。 天秤座インターセプト ASC牡牛座、金星インターセプト6ハウスドラゴンヘッドとスクエア、7度パータイル人間関係や職場の労働環境によって、水面下で二極に分かれていく時です。10ハウス土星とトライン未来に描くスタイルを目指していく人と、より内部に留まろうとする人と。表面的には幸せにしか見えなくても、心情が同じように伴っている人はそう多くはない。誰でも周囲の環境に合わせて暮らす自分とはまた別の自分がいて、私そのものの自己存在を認めてもらえる豊かな人間関係や環境を求めるものでしょう。その準備を、誰にも見えないところで進めているところです。 宇宙視点から見た人間 満月サビアンは「超古代に文化を持つ霊的な同胞団」多様性を持ちながら、いつの時代も変わらない普遍的な単一の共通性。禅の道のようなもので、地球を宇宙視点から眺めている度数です。私たちの住む地球では今、コロナに地球温暖化による気候変動、アフガン情勢などの連日のニュースで感情が揺さぶられ日々いろんな思いを抱くけれど、この環境に中和して生きていくしかありません。肉体を持つ地球視点から考えれば、嘆かわしく畏怖でしかないけれど、宇宙視点から考えてみれば全ては私たちが作ったことであり、一見バラバラのように見えても全ては繋がっています。ありとあらゆる現象や様々な感情を全てを呑み込んだ上で、目指していく人間の精神の理想像。こそが水瓶座の、宇宙視点から見た普遍性です。 甘やかし守る木星 この満月に木星合。 私たちは辛く悲しい体験からしか、学ぶことはできません。幸せ度合いも、辛い体験がないとわからないのです。そして悲しいかな、私たちは頭でわかっていても、地球を犠牲にして同じ過ちを繰り返し続けます。 木星が守り甘やかしくれているから、すぐには気づけないのだろうし、また自我に埋没していると自分の狭い範囲で何を得られたか、何が不足しているかに心を囚われがちなります。私たちは自分で考えているよりもずっと社会に守られているし、自然破壊を続けても宇宙的にも守られている尊い存在、宇宙の子供でしょう。(太陽5ハウス) 火星天王星パータイル トラインではあるものの、パータイルで強い影響がでます。14度は対象を見極めるという意味があり、天王星という大きな時代背景を伴う社会情勢からすれば、地球vs宇宙戦争なのかもしれない。現代の戦争は昔のような銃撃戦では行われないし、天王星は地球を超えた場所で土のエレメントを分解していきます。あらゆるものの一部を崩壊して、広い範囲への風に変えていくのです。 私たちが体感できる現象とすればディスタンスによって、近くのものに同化しなくなりました。まだ見たことも触ったこともないものに対して同調できる感覚は確実に育ったし、むしろ狭い地域性に閉じ込められることを避け、密な感情交流である仲間意識に対しても閉塞感を覚えるようになりましたね。もっと広く広く広範囲にもっと自由にライトに。 zoomレッスンが日常化 牡牛座と乙女座から考えてみれば到底、半日では辿り着けない場所へもネットで即座に繋がり、レッスンも気軽に受けられるようになりました。この拡大さも市場競争、ビジネス戦争に繋がっているでしょう。このコンビネーションは、良きにつけ悪きにつけも、対象化できるターゲットを絞り込み、自分の中にあるものを外に出していく実験です。火星の自力が効いている方は外に外にと、水瓶座の満月エネルギーと共に押し出していこうとする力が働きやすいでしょう。 満月の実り 満月は新月に比べて実感しやすいタイミングです。 月の無意識や感受性、潜在意識に敏感であれば、自分かの受け取りが何なのかを感じることができると思います。今回は水瓶座の最終度数なので、人間として完成した精神性、それも私個人の考えではなく古代から続いている普遍的な人間の誰しもが到達する精神思想です。精神性の在り方とは、抽象的でわかりにくいかもしれませんが、誰もが持つ心一つ一つが溶け込んでいく光の方向。この光に向かって私たちは、次の魚座体験に入っていきます。 それでは豊かな満月をお迎えください。では次回は、8/30 下弦月に✋ ...

同志たち、こんにちは!京都アグニの金子元美です。 本日がお誕生日の方、おめでとうございます。8/16蠍座上弦月を贈ります。 今は後悔でも未来は肯定できる ASC双子座水星、火星合心配から防衛力を強めると、免疫力は下がります。不安を取り除こうと完全防備に入ろうとするほど足りない箇所にしか目は向かなくなくなり、火星を扱い慣れていないと思考が暴走して、よからぬことを口走ってしまう場合もあるでしょう。火星・天王星トライン目の前の出来事だけを眺めて見れば望まない方向へ流れているようでも、長い目で見れば必要な変化だったことを未来の私は知れるはずです。ここでの長い目でとは7年周期です。水星の短い周期で捉えると、言わなければ良かったといった後悔かもしれないけれど、天王星周期で捉えれば緩やかな刷新作用が働いているので意識拡大することは間違いないでしょう。意識拡大とは過去を振り返った時、小さな範囲でしか捕らえなかった自分を知る体験です。あの時はわからなかったけれど、今ならわかるといった肯定です。過去に戻れたとしても、私たちはきっと同じことを行うはずで、失敗から得た学びこそが人生に生かせる教訓でしょう。 霊性を日常に サビアンは「霊感を受けた人の山上の垂訓を聞いた後人々は家路につく」優れた教えや霊感も日常生活に活用できなければ、取得する意味がありません。精神世界に傾くと世俗を嫌い隠遁生活を送りたくなるけれど、それが可能になるのは出家するか世捨て人のフォームレスにならなければ不可能です。それに、どれほど精神性を高めたところで肉体がある限り、お腹は減るし眠くもなる。他者から刺激を受ければ考えも変わるし意志もぐらつく。これも煩悩の一種です。 ならば精神世界と現実世界のどちらか一方を生きようとすることを諦めて、両方を行き来しながら霊性を日常に活用できる術を実践していくしかないのです。 月は海王星、冥王星と小三角形この現実をわかっていても、無意識に向き合う厳しさを避け、逃げる方向へと月は流れていきます。癒しは必要心安らぐ時間も欲しい悲しみや寂しさの中を徘徊し続けた後は、自分の月を俯瞰できなければ、冥王星の閉じた漆黒世界、巣ごもり(自閉)に着地しやすくなります。 サイキックな太陽 太陽サビアンは「霊的な内的達成」オカルトの力を得るには、他のあらゆることを犠牲にしての一点集中、意志の凝縮が必要です。これはオカルト力を得るに限らず、何事にも通じる概念でしょう。あれもこれも手を広げ同時進行していては、エネルギーの蓄積がされないのだから一つの力を得ることはできないはずです。何か一つを得てから、次に向かうそして残念ながら、大きな力を得るのに犠牲は伴うもの。これが運命です。 犠牲はつきもの 犠牲というワードを嫌う方が多いと思いますが、犠牲なくして今以上の大きな力を得るのはそもそも不可能です。強い意志や集中力も持たずに願望実現といった願いは、たまたま時が味方してくれた場合のみで、それも長続きはしないでしょう。時の運とは1年限定です。上がれば下がり下がれば上がるこれも幾つかある運命サイクルの一つ。誰もがこの幸運にあやかれる列に並んではいるけれど、時の運任せだけていると期待と失望を繰り返すことになりますね。この期待を捨てるのも上弦月の手放しの一つ。他力と自力精神世界と現実世界。全ては一対です。 日常生活への集中が霊性の道 上弦月は6ハウス太陽は3ハウス見て知って聞いての好奇心を活発にすることで、求めている霊性の道に出会うこともあれば、出会わないこともあります。出会えれば幸せ、出会えなければ不幸ではなく、与える側がいれば、受け取る側の双方の協力関係も必要になります。生きている限り霊性は進化しているはずなので、人生の老年期には誰でも統合化を図れるのではないでしょうか。ないでしょうかと問うのは、私自身がまた老年期に差しかっていないからで、そもそも霊性の道にゴールなどなく、得たと自負するのは傲慢以外の何者でもない。自らを霊能者と名乗ったり神のように振る舞うのも然り。 6ハウスの上弦月が示すのは、日々の営みです。毎日繰り返される、生活や体を維持するためのルーティン。謙虚にただひたすらに。これこそが霊性に通じる道で、肉体(生活)を維持するための日常の労働が霊性に通じる行(ぎょう)そのものです。(6から12ハウスの対極)光を求めて求めて突っ切っても、そこには日常生活しか広がっていません。私の霊性が進化し続けていれば、見慣れた日常の光景に一つ一つ光が宿っていることをサードアイで確認できるのだと思います。 霊性を日常に活用できる術を実践していく・・・こちらの入り方をわかりやすく、ある人にとっては痛くニュースレターにてお伝えします。現実生活に期待と失望を繰り返す方はご登録されてください。次回は22日の水瓶座満月に✋ ...

同志たち、こんにちは!京都アグニの金子元美です。 本日がお誕生日の方、おめでとうございます。8/8獅子座新月を贈ります。 新月の背景 ASC牡牛座、天王星合私の資質を問う金星は、自身の改革を続けます。私は一体、何ができるのかどんな才能を持っているのかこれからの人生をどう生きようかと。愛されたいとは望んではいるけれど、既存スタイルは古臭くて胸はときめかない。パートナーシップの結び方、心の繋がり方も家族といった枠だけに収まり続けたくない。自分のこともまだよくわかってはいないけれど、自立を望んでいることだけは確か。生きていくのにお金は必要だし自由に選択できる権利を持ちたい。乙女座の金星は、私の好きな世界で技術を磨こうとします。 私の自己価値 金星・海王星オポジション私の世界創りのイメージを膨らませると、海王星が無秩序に広げてくるのでよくわからなくなってしまう。学びの出会いから、魂の確認。さまざまな女性性に触れる刺激によって、眠っていた感覚も呼び覚まされてしまうから、現実生活を忘れてしまうそうになる。冥王星トライン理想を求めているつもりはないけれど、より精神の高みを目指してしまうのはきっと私だけじゃないはず。集合無意識で繋がっている私たち皆が、より美しく善行為に満ちた世界創りを目指しているからに他ならない。これから私自身が飛躍できるチャンスを手にするためにも、社会で通用する知性を身につけるために、技術取得に励む金星なのです。 獅子座新月4ハウス サビアンは「讃美歌を歌う教会のボランティア聖歌隊」ボランティアの聖歌隊は善意と無垢な感情によって、活動の喜びを感じている状態を示します。場が教会なのは、宗教の力(信仰心)によって神聖なる意味と特別な感情を持っているということ。純粋な気持ちを抱きながら活動できる喜び。そんな気持ちを分かち合える仲間や場創りが、今回の獅子座新月の種となります。 自然回帰と信仰心 次に4ハウスから考察してみましょう。 日本は神道の国、教典があるわけでもなく教祖さまもいません。自然崇拝の多神教。自然を通して自ら気づいていかなければ何も知らないままなので、日本人は信仰心から離れがちです。それに宗教に対して偏見を持ちやすいので、信仰という言葉に対しても抵抗を覚える方が多いのではないでしょうか。日々多忙に過ごしていれば自然や信仰心から離れてしまいますが、レジャーを自然の中で過ごしてホッと一息つく行為は月が求める癒し、安心感でしょう。4ハウスは潜在意識の場所。慣れ親しんだ環境へと還る自然回帰のハウス。私へと還る本能の場所でもあるのです。 純粋な共感力 自分が心からリラックスし、本来の自分と繋がれば自然を通して宇宙と繋がれます。この宇宙を別名、神と呼び称えているだけのことでしょう。この4ハウスの回帰状態の時に一緒にいる仲間とは当然、利害関係など考えるはずもなく、ただ純粋な共感だけが生まれます。本来の私、自然、宇宙(神)を感じられれば、自ずとそこには信仰心が生まれ、自分を信じ、仲間を信じ、私を取り巻く宇宙の存在を信じ、光輝く未来を創造し祈りたくなるのが自然ではないでしょうか。それが教会で歌うボランティアの聖歌隊の姿です。 土星オポジション 新月に10ハウス土星オポ10ハウスの土星は、社会での価値書や安定したポジションを求めます。これを手にするには7年周期での取り組み、7 年続けるために余分なものはカットし6割の継続力を持つ者だけが獲得できる成果です。土星は老賢者なので、縦社会構造を嫌い、古き良き伝統を学ぶ必要もあるでしょう。風の時代になっても山羊座も10ハウスもなくなりません。全てが個人主義の自由世界とはならないのです。自立を目指す金星感覚を持つなら、この現実のシビアさは見失わないようにされてくださいね。オポジションは一対関係です。4ハウスで回帰したら、10ハウスで社会に向けた積み重ねを続けなければ成果は出ないのだから、金星の趣味で終わらないよう純粋な活動の喜びの種を植え、仲間と共に育てていきましょう。 豊かな新月をお迎えください。では次回は8/16に。 ...

同志たち、こんにちは!京都アグニの金子元美です。 本日がお誕生日の方、おめでとうございます。7/31下弦月を贈ります。 やさしく排除する木星逆行 asc牡羊座ルーラー火星、乙女座5ハウス乙女座1度の火星は物事を客観的に見るために、獅子座の自分中心視点からから離れようとします。対抗の木星によって未来のイメージは広がるものの、社会性が育っていない火星なら豊かさを望むばかりでモラルへの迎合を面倒がって否定するでしょう。木星は寛大ではあるけれど、社会天体なのでいつまでもは見逃してはくれない。会社の理念にそぐわない人は、その場からやさしく排除していきます。簡単に例えると会社でなら左遷や部署移動人間関係でなら個々の正義感やモラルのあり方によって、付き合う人を区別し、付き合い方を変えていくことになるのです。 牡牛座の下弦月 サビアンは「立派に飾られたクリスマスツリー」絶望するような境遇にあっても内面に充実感を保てる人は、立派なクリスマスツリーを飾れる豊かな未来が訪れるという意味です。内面の充実というとポジティブに未来を捉えるという意志の力ではなく、信念の強さを持っているということ。信念とは信じる念。それほど強いものを持っているのなら絶望的な状況も否定的に捉えない、絶望すら絶望に感じないのでしょう。 この月に天王星が合私生活においてこのような体験をされている方はおられるでしょうか。下弦月なのでネイタルが下弦月生まれの方、または上弦月生まれの方は、自分なりの信念を感じられるときだと思います。ご自分の置かれている環境に当てはめて、読み替えてみてくださいね。 ご実感ない方は、今はオリンピック開催時。戦う選手を通して、絶望を絶望とすら感じさせない信念の強さの擬似体験されているのかも知れません。爽やかなスポーツマンシップに則った選手を通して、下弦月を味わおうとすると見方が変わって、宇宙エネルギーともリンクしやすくなるでしょう。 創造の太陽活動 太陽は5ハウスサビアンは「ガラス吹き」自分の心臓に創造という命を吹き込みます。月は絶望の中にいても、太陽は創造をやめない。裏側の月と表の太陽、陰と陽。私たちは誰でも、表から見える太陽の姿だけを見て相手を認識しますが、私の内と外が違うように相手も違うものです。なのに私たちは目に見えているものだけが全てで、それが事実だと思い込んでしまっている。絶望と創造と。今回の下弦月が示しているように、1と5ハウスの活動は月は無自覚で太陽は創造的です。信念という強く信じるものを持たないなら、新たな命(創造性)を吹き込むために、わざわざ感じなくていい月の感情を捨てたい下弦月。全てを拾い上げて大切に持ち続けることで、太陽の未来へ向かう創造を邪魔していることは多々あるのですから。 それでは今夜もオリンピック楽しまれてください。次回は8/8獅子座新月に✋ ...