皆さま、こんにちは京都アグ二の金子元美です。こちらは2016/6月のリライト記事です。仕事を自分でつくろうとブログ書き始めて8ヶ月経過した時の記事です。 今、お仕事を自分でつくろうとなさっている方の励みになれば幸いとリライトしました。今でもこの導線は変わっていないと思います。ご参考になさってください。 憧れのライターになったものの 私は2000年フリーになり自宅でセッション開始。 占いライターとしても活動をはじめました。当時は占いココンテンツが筍のようにニョキニョキ出だした頃で、それはそれは忙しかったのです。収入は夫の二倍はありました。 私の受注していたライター業は、すべてが決められた中で行われるので、私個人の感性は全く必要とはされません。制約が年を追うごとに厳しくなり、文字数3文字越したらアウト。リライトのリライト。 憧れのライター業なってはみたものの 私でなくてもいいやんか 2015年10月、仕事は自分で創るぞと決意してから8か月経ちました。 これまでの成果を皆さまにお伝えして、仕事は自分でつくぞ✊と考えておられる方の励みになれば幸いです。 顔は履歴書 初自撮りブログにアップした初画像です。人間中身が大事とは言うけれど多くの人は見た目で決める。それも見た瞬間のたった2秒で。オソロシイですねー 何がわかんるんやという話しですけど私もそれぐらいで決めてます。(・∀・)だって外見にすべて出るんだもん。何を食べ何を見て何を考えているかが。 大人の女性ならおわかりだと思います。 美醜どうこうだけを見るのはガキンチョレベル。 たくさんの人間を見たきた大人なら数秒でわかっちゃいますね。それで判断できないなら相手の話す言葉でわかります。 顔は履歴書。 これまでの自我撮り並べますので、8か月間の仕事の成果を、成長具合を検証していただければと思います。 ではレッツラGO! プログ記事は私の社員 ブログは蓄積型コンテンツ。私が眠っている間も誰か読んでくれるかもしれない。 記事1ページ1ページは私の社員と思い、発信し続けて自分を知ってもらおうと、とにかく最低1年間、1日2記事は書き続けると決めました。 コンテンツを決め、ターゲット層を絞り込む作業を繰り返しました。 けどブレる(・∀・) ターゲット描いて書いていても、つい独りよがりの記事を書いてしまったり、あなたがいつしか私とすり替わってしまうパラドックス。誰も知らない私のことばかり書いて誰が読むんだ??? ネット世界も随分と変わっていて戸惑うことばかり。IT用語もサッパリ。W仕様もPもわからん。アクセス数も二桁でした。 メンタル折れそう ブログの書く的を絞ろうにも、情報多すぎて取捨選択するのに膨大な時間がかかり、書いているうちに話しがどんどんとっ散らかって自分でも何を伝えたいのかわからなくなる悪循環。手探り状態でした。 未だガラケーのためノートパソコンで撮影している私、スマホの感覚がつかめず。ブログ書いてもスマホ画面でチェツクしないと改行バラバラでこんな汚いの誰が読んでくれるんだ??? 画像の適正サイズもわからず、表示するのに時間がかかりすぎると友人に教えてもらうレベルでした。 自分の顔をアップすれば家族からはカン違いしていると言われ、目に見えない占星術を売るんだから顔出しして私がサンプル登場しなきゃダメなんだよ。眼精疲労に脳内パンパン・・・メンタル折れそうでした。 けれど痛い体験からしか人間は成長できない。 決意を新たにできたし、誰が味方になってくれるかもわかった。自分の方向性がどんどん絞られていく効果がありましたよ。 アクセスランキング参加 アクセスランキングに参加。運気のカテゴリーで1位になれました。ブログ書き始めて5か月目。これを機に、カテゴリー参加は占星術ひとつに絞りましたが、ちょっと待って、私ブロガー目指してないよね。 目的ここちゃうやん。 ここで、また模索がはじまりました。 ちょっち待って 髪ボサボサ見る人に与える印象まで考えていないそれが今ならよくわかる。この頃はブログ毎日更新、時々の自画像アップ載せとここれだけしか頭になかった・・・これでは、仕事にはつながらなくて当然今ならよくわかる。 ゆとり出てきた 毎日のリズムがてきあがり他者からどう見られるかをやっと意識できるようになった頃です。(遅い) ブログ更新以外のことも少しずつ考えるゆとりができました。 ゆとりが生まれたら次いくで👉 ゆとりが生まれると新しいことに手を出します。 サイトをリニューアルWPを使いこなそうと励み奮闘します。 はじめてのことを取り込むまでにやっぱり50代は辛い。 自分の無知さにもホトホト疲れました。 成せば成る WPを大まかに把握できるようになった頃ひとつの壁を乗り越えてゆとりの笑顔です。 やっぱ顔、変わるわ(・∀・) FBをはじめました。投稿見れば女子起業、集客の洪水。50代の私は完全に出遅れてる。 ビジネスの勉強の必要性を感じたものの、勉強しまくっている女子たちを見ると私まだイケると思い込めたので、この時点では却下。 流されてはいけない。焦ってはいけない。 私の世界がどこにでもあるものになってしまう。ビジネスノウハウも必要だけどやっぱり最後の決め手は人間性じゃないの、と一旦着地。(※この考えはバカヤローだったことを3年後に知ることになります。) ひたすら毎日ブログ更新 他にはやることはないのか・・でもここをある程度固めないことには、次いけない私。(今から考えたら視界狭すぎ) コメントをいただけるようになってきて、書くことが以前よりも楽しめるようになってきた。応援してくれる人が、少しずつ増えてきて嬉しい。 髪を染めてきました プライベートも書いたほうがいいよ、とすすめられ書いてみたところ、反応いいんですね、意外と。 仕事とプライベート記事配分、感覚でつかめるようになりましたが、ユーザーの求めているものがまだ理解できず。 サイトの動線ができていないそんなアドバイスもいただきました。(※2020年の私ならわかる。当然だ) 夢にまでででくるようになったブログ 毎夜、夢にまで出てくるようになったブログ。 何をどう書けばいいんだろうユーザーの知りたいことは何だろうつかめないつかみきれない何なんだー!!!!!! 疲れが出てきてヘルペス発症。この後日に、眼球真っ赤、顔は浮腫み下記の有り様。↓ それでも書く書く。ひたすら書く。1日2記事と決めたのだ。 幸いなことにはネタには困らない。書くこと自体は楽しい。 けれど自分の書いていることと、求められていることの不一致感が埋まらない。アクセスが伸びても人ととつながらなきゃ意味ないじゃん。仕事はつくれない。その根本たる原因がわからない。 わからないんだよー ニッコリ変容 はいニッコリ笑顔。 朝6時半にPC前に座りひと仕事。 その後に夫と娘を送り出した後、気づけば15時とか16時。ルーティンはバッチリ、自己管理もできている。 少し痩せてきたかもというよりやつれてきたかもよ。でも24時間無駄にしていないこのままでいいという感覚だけはあった。 自分に負けません。 大丈夫大丈夫私は絶対にうまいいく今できることをやるそれも今日のうちにやる。そして仕事を創造し続ける。 アクセス数は安定して500くらい記事数が250超えた頃自分の中で何かが満タンになった気がしました。 自分のバケツが満タンになったら そしたら5月中旬あたりから、お申込みのお問い合わせが入ってくるようになりました。多いときで週に3件、嬉しい(ToT) ありがとうございます!やっとここまで来れた・・・ 一段階クリアです。 でもゼンゼン不安定安定しない売上と人とのつながり。 8か月間かけてきて、この成が大きいのか小さいのかはわかりません。もっと別の方法があったかもしれない。 まだまだ力を養えていないし、クリアできていない課題もあります。その形が何とか整うのが、星からみると2017年5月です。 またご報告します。これからもブログよろしくおねがいします。 2020年今の私から見て思うこと (時代は進化してるスマホのアプリ加工↑) いやぁ・・もっと頭を使いましょうかということを3年前の自分に言いたい。 もう少し効率よくいけたのにね。 自分が体験したからこそ今、ビジネス講座でお伝えできるポジションに立ているのだから、この経験は無駄ではなかったと思います。仕事導線はゼンゼン変わらないですからね。 最後に書いてある2017/5とは、セッション以外に講座を始めた頃です。そこからまたさらに活動は広がりました。 当時、この記事を書いてすぐ、知り合いの方が読んでくださいました。その方はフリーランスで、年収は800万超えを10年継続されていらっしゃいました。 読んだ感想・・・大笑い。😂😂😂笑いすぎて涙が出た、と。 軽蔑の意味ではありませんよ。「よくもまぁがむしゃらに、ここまでやったね」という意味でがんばりなさいとエールを送ってくださいました。 ええ、今の私ならわかります。何度も書くけどもっと頭を使おうよ。(・∀・) この大笑いしてくださった方も、口には出さなかったけど同じことを思ったと思います。もし言ってもらっても当時の私は理解できなかったと思います。人は意識が向かうものしか、取り組めないようになっていますから。 今の私は、この方に近い状態になれましたよ。 そしてこの方は、フリーランスを辞めて2020年サラリーマンになられました。水瓶座時代、コロナによってさらに変化が加速される今、生きる価値観もこれから個々それぞれが大きく変わっていきますね。 社会の節目は14年ごとに大きく変わっていくので、こちらは日々の宇宙エネルギー詠みを読んでください。 何を選択していも私の太陽を生きるなら万々歳。 ハッピーで豊かな人生です。 ...

皆さま、こんにちは京都アグ二の金子元美です。 私の太陽を生きると言ってもむずかしいですね。 どこからイメージを引っ張ってこればいいか、わからない方かも多いと思います。占星術では、太陽は私そして父親、あなたが女性なら夫を示します。実はあなたの父親が、人生最初に出会う男性性モデル。あなたの仕事運、あなたの太陽モデルのカギを握っているのです。 えーっ!!!!(・∀・)父親嫌い、と思われた方 誰でも自分の持ち物からしか、自分の可能性や才能を探れません。好き嫌いはまず置いといて、まずは受けて入れないと私の太陽活動は始まりません。2016/6リライト記事です。普遍的な内容なので、今後も充分にご参考にしてもらえると思います。 仕事運は父親で決まる 人生そのものも示す太陽は、社会での自主性の発揮。 簡単に書くと「私は私を生きるんだ!」と宣誓から始まります。 宣誓しないと始まりません。 あなたは父親に対してどのような感情を抱いているでしょうか。父親との関係は、見事なまでに仕事に反映され、あなたの人生に大きな影響を与えます。 父親が大好き、尊敬しているという方は・上司や社長に可愛がってもらえる・人生の切り替えがうまい・社会でサポーターを得やすい・自分の能力を開花できる・夫に守られる 反対に、父親が苦手という方は・上司や社長、権力者が苦手・仕事が楽しくない・人生に対して常に不安を抱えている・自分の活かし方がわからない・夫との不仲 太陽をサポートする月の状態、そして太陽アスペクトで微妙に変わってきますが、大まかには上記の要素を持ちます。これは無意識で父親を(男性性)模倣しているので、無自覚なまま行われます。 事例をあげます。 梅宮アンナ×梅宮辰夫 アンナさんは、太陽と保護の木星がタイトにトラインです。太陽の度数からして、その恩恵は飽和状態の域まで達するほとアマアマ。誰にも知られている、過保護すぎる親子関係です。 彼女のプライベートを示す月も木星のすぐそばにありますから、こちらも生クリームの上からシロップをかけたようなスイーツな状態です。月は母親。お母様も、いいよいいよ、好きにしなさいのサポーター。 自力で励む以前に、すでに人生は木星の保護によってリッチに設定されています。結婚、出産を通して過度な保護に対して葛藤を覚えた時期もあるでしょうけれど、現実生活では仕事してもしなくてもセレブ。恩恵で入ってくる。木星は落っこちないのです。 木星は善なる意識そのままなので、育ちの良い人が持つ、真っ直ぐな心と真っ直ぐな素直さ。それをアンナさんは持っておられると思います。お父様はお亡くなりになられましたから、これからアンナさんがお母様の保護者となられますね。 二谷友里恵×二谷英明 トライグループ代表取締役社長。こちらもセレブな女性です。 太陽は木星とオポ。木星を教育というエネルギーに、サインは蠍座で財産は莫大、夫との愛憎劇も示唆してますが実業家として定評あるのも、ウソではないと思います。蠍座と木星のコンビネーションは、ミリオネア。 お母さまの白川由美さんは、お手伝いさん付きで二谷家に嫁がれたお嬢様。サインから読む限りでは、昭和の大スターをご両親に持つひとりっ子ゆえ孤独さもとことん味わっただろうけれど、深く溺愛されたのは確か。 かなりのファザコン傾向も読み取れます。 最初の夫が郷ひろみ・・・上級階級特有の戯れのようで、外界を知らないお嬢様だったと思われます。 桐嶋かれん×アメリカ人父 かれんさんは、太陽に土星と木星がハードにかかわっています。 若い頃は苦労する傾向にありますが、木星域の45歳あたりから、社会的能力と人生が開花いきます。ステキな大人の女性として、人気を集めておられますね。 自ら努力し責任を全うする中で、人生が発展していくに従い、父親に対する考えも変わられたのではないでしょうか。ご主人は写真家です。存じ上げてはいませんが、海外の大手企業との契約もされているようで、写真の世界ではスゴイ人なのかもしれません。 木星は社会権威を持ち拡大させる作用があるので、この3組の親子はとてもわかりやすい形でしたが、ここで庶民感覚に戻ってもらおうと私をサンプルにします。 一般庶民の私と父の関係 父とは、幼少期に別れました。(リッチな木星はなく天王星・土星が関与しています) 数年に一度、突然に電話して会うというパターンだったからか、水瓶座の0度だからか、私の社会性はひとつの仕事に勤め続けるという考えは持っていませんでした。むしろ時間も行動も制限されまくる企業に勤める方が不思議でなかったです。 安定?保証?なんでしょう?という感覚です。 なので若い頃は勤めては辞めるの繰り返しでした。 会社組織に魅力も感じることなく、好きを仕事にフリーで自由に生きていく。これが私の人生観でした。 父親に対する好き嫌いという感覚はなく、異性の親という部分では母親よりは好感を持てる、そんな感じでした。 私が仕事そのものに対する考え、真剣度が増しだした頃、21年ぶりに父から突然に電話があり再会しました。 その時は、ただ単に再会を喜びました。 そして昨日のブログにも書きましたが https://kyotoagnih.com/2016/06/17/shigoto-3/ どーなってんの???年老いて病気しているにしてもかけてきすぎじゃないの? もう私にとっては、スペシャルな人でも何でもなく、毎日関わってあたり前の父になってしまいました。 さて、いよいよここからです。 太陽エネルギーをどう使うか 父親は海を愛する風来坊魚を求めてジプシーのように、日本を渡り歩いていました。祖父が起こした事業を父の兄である、頭キレキレの心優しい長男が引き継ぐことになっていましたが、その長男は家柄が違いすぎる女性と大恋愛をして心中してしまったのです。 父はある日突然に跡取りとして家業を継がねばならなくなり、家に引き戻されたのでした。 随分と後になってから母から聞いた話によると、父の兄である長男の人間がデキすぎていて、私の祖父母は父をデキの悪さを嘆きひどい暴言を吐いていたようでした。今なら毒母ですか。私の祖父母は絶望の悲しみからか、初孫である私を溺愛しました。そのせいか私の月は木星と共にあります。祖父が健在の間の幼少期、贅沢に過度の保護の中で過ごさせてもらいました。 さて話しを戻して父の太陽は山羊座の29度。 悲しみと諦めの中で、祖父から継承された会社組織で生きていくことを果たさねばならなくなりました。 父と私は誕生日が一日違いです。そんな父の人生を予測してか、長女の私は水瓶座0度の太陽で父の願う人生、希望だったのかもしれません。 家族を捨て、両親を捨て、風来坊のように海を渡り歩いていた父の印象が刻印されていた私の太陽は転職あたり前、渡り歩いてあたり前。社会的に認知してもらえなくても、お金に困ることなく今を楽しく過ごしていればいいじゃん感覚しかなかったです。 今から考えれば、社会性など何一つ身についていない自己管理能力の持たないひねくれ者でした。 後年の父との会話を通して知ったのは継承した古い体制との葛藤続きの中、運命を受け入れ考え抜いて生き新しい家族を養い、愛し、今の地位を築いてきたわけです。 これは父を通して土星という影(シャドー)から、太陽(人生)の光を見いだせた瞬間だと思いました。 これは私(社会)という基盤モデルを得たということです。年齢から考えたら遅いのかもしれませんが、けれど皆さんそんなものではないでしょうか。父親や仕事や夫を通して、自分の人生に光と影を見られるようになるのは。 父と関わりを密に持てた2年間。連絡があったは癌で余命を知っていたからで、私に太陽を生きることを教えてくれた貴重な時間でした。 その後、確実に私の太陽活動は拡大しています。 ...

皆さま、こんにちは京都アグ二の金子元美です。2016/8/20記事です。令和に合わせてリライトしました。ご参考になれば幸いです。 男は火星から女は金星から 愛に関することは考えるほど複雑になります。 男は火星から女は金星からやって来たのだから理解できるはずのない異星人同志です。 価値観が違うのはあたり前理解できないのはあたり前。もし理解できているというなら奢りもよいところでしょう。 パートナーを望んでいるのにできない結婚したいのに結婚相手と巡り会えない この現実は30年ほど前私の周囲では皆無でした。 適齢期になれば恋人という存在がいたしある程度の交際を経て結婚する人が多かった。 京都のローカル住まいということもあるでしょうが考えるほど自分の気持ちはわからなくなるし損得勘定をするほど好きなのかどうなのかわからなくなってくるものです。 純粋に求めたところで社会では若くて可愛い子が好まれ肉体年齢で除外されていきますね。 高齢化が進みある程度の年齢を重ねてもこの基準値はまだまだ変わらない。 これはきっと世の男性の精神的自立が果たせていない故の社会現象だと私は思っています。 中身より外見美人より可愛い子知的より無知が好まれる(・∀・) 火星男は自分の手に負える可愛い子が好きだし金星女子は夢は見ていても現実的なお金の算段はします。 特にある程度の年齢を重ねれば尚更で持ち物が多いほどややこしい。 お金じゃないけど愛さえあればは現実的ではないこと50代なら誰だって熟知してます。 さて、そんな現実のなかであたり前すぎる定義をもう一度思い出してもらいましょう。恋愛は思考ではではなくハート(本能)でするものです。(何歳になっても!!!!) 愛したいと願うほど愛する人と出会えない。 特に年齢を重ねるとゆとりが生まれるから愛したい。寂しさをヒシヒシと感じるから更に愛したいんだよ。 運命の人と求めると出会えずこの人かも、と尽くせば飽きられる。 男は火星から女は金星からやって来た理解できるはずのない異星人同志。 だからこそ現実はいたってシンプルに捉えましょうか。 セッション数1万人超え平成の終わり頃から熟年再婚や年の差カップルも増えました。 自分の経験も通して運命の人と出会う3つの前兆をお贈りします。 運命の前兆その1人間関係 多くの人は一日の大半を職場で過ごします。 日々繰り返されるルーティン生活そのものといっても過言ではないでしょう。 あなたは職場の人間関係がそこそこ円満ですか? 苦手な人もいる嫌いな人もいるけれど対応の仕方はわかっている。 時々ぶつかったり険悪なムードにもあるけれどとりなし方も知っている。 ストレス抱える日もあるけれど楽しいと感じられる日もある。 転職も考えるけれどとりあえずしばらくはこのままでいっか。 誰とでも、そこそこ仲良しまぁ、楽しくやってます! そう思える自分がいるなら運命の人と出会う前兆は引き寄せていますね。 運命の人とは人生を共に生きていく人。 私の価値観と相手の価値観を共有しながら生きていくことになります。 これからの水瓶座時代はジェンダーでなくても同性もありですね。 これから出会う人だけでなく家族も含め今、関わる人たち 実はその全ての人があなたの運命の人なのです。 私たちは錯覚している 私たちは錯覚しています。 SNSなどの影響によりより多くの人と関わってこそ人生は豊かになるしお金も稼げて幸せにれると。 私は今年で56歳になりますが人生を通して出会う人は想像するよりも遥かに少ないしましてやご縁ある人など一握りです。 仕事で新規集客しなくっちゃとセッセと励む人がいますが小さな数人のコミュニテイがあれば仕事は成立します。 この社会システムは縄文時代から変わっていませんよ。 運命の人はどこだ、と今ここにいない人を探し続け今ここにいる人たちと折り合いをつけて共存できないなら一生ナイナイを探し続けるのでしょう。 なぜなら未来を創るのは今の自分だから。 今を創れない人は望む未来も創れない。 どこまでいっても私が人生を創るのです。 私と特定の誰かさんとの関係職場の人たち毎日関わる人たちは私とその他大勢の対人関係です。 ホロスコープで例えたらASEのDSEの関係ですね。 私と家族私と心のつながった仲間ならICです。 要するに相手がひとりか不特定多数だけの差でこれは残念ながら自分に見合う人としか出会えない付き合うことになっています。 パートナーは敵国の人 昔むかし占星術では結婚相手を見るポイントは戦争相手をみる場所でした。 敵国の様子を知らないと自分がどう動けばいいかはわかりませんね。 敵国を知り作戦を立てるうちに自分の強味も弱味も知れる。 生まれも育ちも違う二人が同じ屋根の下で寝食を共にして働いて子育てをし互いの家族や友人と関わりながら生きていく。 そこでは親よりも長く心も密な時間を過ごすのです。 その間は、楽しいこと以上に大変なことが多く協力できる間はいいけれど互いのエゴが邪魔して孤立してしまう時期もあります。 まさに戦争。(・∀・) そんな中で相手を見て自分を知り相手を通してさまざまな人生観を学び私たちは大人になっていくのです。 不特定多数の人とそこそこ円満に日々やりこなしながら時々楽しさや充実感を覚えられないなら運命の人と出会って交際しても楽しさや充実感は得られないでしょう。 出てくる感情は「こんなはずじゃなかった」 何度も書きますが自分と見合う人しか出会えません。 人格=波動の粒子としましょう。 粒子が細かいほど透明になり上から下は見えるけれど下から上は見えないのです。 自分の意識が変われば環境が変わり付き合う人が変わります。 そして更に書くと運命の人とはカルマの人で互いのカルマ解消のために出会うのですね。 話を地球生活に戻します。 その他大勢の人たちと折り合いをつけながら時々でも楽しい自分がいればOKです。 自分に与えられたものを素直に受け取りやりくりできるようになればあなた自身の発するオーラが変わり好ましい前兆を引き寄せられるようになります。 運命の前兆その2ひとりの時間 プライベートの何気ない時間をどれほど楽しくひとりで過ごせるか。 ひとりで部屋で過ごす時間料理したりテレビ見たりお昼寝したり・・・ この他愛もない単調でありきたりな時間を楽しみ幸せと楽しむことができる人は運を引き寄せていることになります。 なぜなら 運命の人との出会いは人生のスペシャルイベントでも出会った後は日常生活の繰り返しだからです。 まだかまだかと待ちわびて寂しい気持ちになっていると他者から見ると魅力的ではないし固執していない感情が出会いを遠ざけるでしょう。 ドキドキときめくのも最初の3か月間だけ。 後は日常へとシフトしていき恋から愛が育んでいけるかどうかの段階に入っていきます。 この愛を育む能力というのは他愛もない単調でありきたりな時間を愛せる人です。 恋愛期間は、非日常のイベントで結婚生活は変わり映えしない毎日。 ただ、ここで注意してほしいのは大人の女性ほどこだわりが強くなりがちなところ。 〇〇志向なライフスタイル食材はこれでないとダメとか〇〇は〇〇ブランドでないととか。 講座ジプシーも実は男性からは敬遠されがちな要素です。 社会中心に生きているマトモな男性からすればスピリチュアルどっぷりの自己啓発好きはイタイ女性でしょう。 私の知る限り円満なライフスタイルを共有されている方々は出会ってから2人で共有のこだわりを見つけらています。 すでに女性側が持っているこだわりを洗脳しようとすると失敗するしすんなり洗脳される男性なら手のかかる依存症タイプだし年々、重荷に感じるようになりますね。 母性に勝る愛はなし 基本的に男性は母親的な要素、癒しを女性に求めます。 愚痴や弱味を聞いてくれる話やすい雰囲気を作れる人を。 多くの男性はカタカナ文字の創作メニューは苦手だしイベントは面倒くさがるしおねだりする女は絶対に避けたい。 日々の暮らしにオシャレさもお勉強も求めてはいません。 母性で包んでも運命共同体として生きるのかただの教育係になるのかあなたはどちらでしょうか。 精神的に自立している男性ほどこだわりの強いタイプは選ばない。 これまで多くの女性を見てきて求められる女性というのは飛びぬけておしゃれでもなく美人でもなく個性的でもなく素朴でこちらの気を緩めるムードを持つ方です。 一見、女性から見れば垢抜けていない感じのタイプ。 誰だって毎日がんばって疲れてる。 プライベートでは気を緩めてデレデレ、ダラダラしていたい。 外で張り詰めた緊張をゆるめられる心地良さ気を遣うことなく話せる雰囲気こういった女性ほど求められるのだと思います。 運命の前兆その3運命を求めなくなったとき 仕事もそこそこ充実してるプライベートも気楽でまぁ幸せ。 運命の人と出会いたいけどこのままでもいいか。 今の暮らし、気にいってるし。 そう心から思い今の自分にくつろげたとき運命の出会いはやって来ています。 恋人が欲しいけどどうしてもというわけでもない。要らなくはないけど今の時間を失うのが惜しい気もする。 あきらめたわけでもなく熱く望んでいるわけでもなくどっちでもなく現状に満足している状態。 これがよくいわれる今に生きている今ココ状態でしょう。 欲しいけど欲しくないかもというこの時が本当のベストタイミング 運命の人と定義づけて現状をガラリと変えてくれる人を待っても永遠には現れません。 宇宙は私の太陽を生きる人しか応援しない。 運命の人が現れる前兆とは相手の特徴にあるのではなく私の中にしかありません。 今の私を今の生活を何の力も入っていない状態で愛したら愛してくれる人が現れるというとてもシンプルな法則が働いているのだと思います。 現実話のまとめ 過去にご報告いただいたものをまとめます。 ・出会いは友人の紹介が多い・運命の出会いの瞬間( ゚д゚)ハッ!・運命の出会の瞬間は何とも思わなかった・運命の出会いの瞬間は大嫌い、のいずれか・欲しい欲しいと求めるほど進展しない・経済的自立している女性は有利・口数の多い女は本命を外される・強い女性には軟弱男子がつく・強い男性はいない・色気ありすぎると結婚まで至らない・マッチングアプリはこれで最後と・コミットすると本命と出会える・理想を語る間はまだまだ・逆プロポーズできる女性がゴール・すべてにおいて普通、これが最強魅力・熟年カップルは理解力がカギ・熟年カップルは個人主義者同志が◎・熟年カップルほど幸せ感度高い・熟年カップルは男女の役割が入れ替わる・熟年カップルほど星の関与微弱(人間愛が勝るからだと思います) ご参考になれば幸いです。 https://vimeo.com/436018377 ...

2016年6/10の過去記事リライトです。人生は55歳から✊あなたのご参考になれば幸いです。 地球生活 私たちは、肉体という乗り物に乗って地球生活を過ごす限り社会という枠組みの中で働いて人と関わりお金を得る必要があります。 占星術でたとえたら土星と木星社会で個人の能力を伸ばす場所です。 天秤座の社会生活に出ると仕事をすれば税金を払い結婚したら婚姻届けを出すように社会生活のルールが決められています。 サインやハウスで例えたら10ハウスの山羊座でここでポジションを獲得できれば社会承認されたことになり自己肯定感を持つことができます。 10ハウスの社会のポジションとは起業したから獲得したというものでもなく専業主婦であっても妻や母という肩書も含まれていて役割を担い社会貢献できている自分か否かという基準です。 MCは人生をかけて到達する場所と解釈されている方がいますがアングルのすべては社会との接点です。 自分を押し出す架空ポイントです。 ホロスコープは対で詠むので10ハウスの山羊座で社会承認されれば4ハウスの蟹座で心の居場所を得ることができます。 4ハウスの心の居場所とは家族がいるから心の居場所を得られた未婚だから得られていないというものではなく家族や仲間といった小さな共同体の中で自分で努力して獲得していくものです。 家族がいても自分の居場所がない人はいますね(・∀・) さらに付け足すと対で詠むのとサインの前後も詠みます。 すべてはつながっているので前を獲得しないと今はない今を獲得しないと未来はないのですね。 10ハウス、4ハウスは人生の縦軸でどちらを先に獲得するかは星の偏りによって違うし片方を獲得できればもう片方にテーマが移り獲得したくなるでしょう。 1ハウスは、わたし7ハウスはあなたまたは社会の入り口です。こちらは人生の横軸バリエーションを広げてくれる場所です。 宇宙生活 トランスサタニアン 宇宙生活とは天王星や海王星、冥王星のトランスサタニアンが示します。宇宙全体わたしたちの集合無意識でもあり時代の流れを生み個人の力ではあらがえない運命もつくりだします。 土星の地球生活を超えた銀河の世界無限の夢や可能性を示してくれますが宇宙生活に比重を置きすぎると単なる夢想家の地に足の浮いた人となり精神世界ばかりが拡大していくことになります。 スピリチュアル好きな方の落とし穴はここにあり精神論を並べてもかすみを食べて生きてはいけないし自分が豊かでないのに他人を豊かにすることはできませんね。社会生活を置き去りにした自己実現は不可能です。 宇宙生活は個人の力は及ばない範囲で地球生活で努力すべきことはすべてした後に宇宙にお任せする部分です。しかも時代とマッチしてないなら発展はしないし衰退の運命を辿るでしょう。 地球と宇宙の二重生活 肉体という乗り物に乗り社会生活の中で過ごす私と魂となって銀河に生きる宇宙生活の私 あちらの世界とこちらの世界。 この二重生活の行き来が豊かな生き方ではないでしょう。 豊かな生き方とは欲望を叶え続けることではないし運命の輪が示すようにそれは不可能なことです。 この二重生活をおくると意識のパスが通り願望実現していくのも事実で予想を超えた展開も起こりやすいです。 ホロスコープは、生れ持つバイブレーションを示し、あなたの可能性が示されている宝地図、自分をより深く知るためのツール、道具です。 占星術を知らなくても、私たちは本来は魂という光の存在で宇宙と呼応関係にありますから、感じるままに任せていれば自然と天体リズムの流れに乗っている、そのようになっていた、という方が多いのも事実です。 ただここで忘れてならないのは私たちが過ごすのは社会でここでのシステムは自然界を無視した世界だということです。 感じるままに生きるにしても太陽という私を決意して毎日努力という魔法をかけて私を生き続ける必要があること。 好きだけを優先し感じるままに生きる意味を履き違えないことです。 私の太陽を決意して生きると意識が天体と強くつながり月を通して宇宙エネルギーを受け取れるようになります。 大人のあなたへ 私はわりと厳しい現実を書くことが多いので夢や希望を奪うかもしれません。私は淡々とした日常生活の中にしか幸せはないと考えています。 なぜならどれほどの願望実現しても食べて寝て、人と関わり必要とされる私でいないと豊かさなど感じられないからです。私たちは結局は利他の中にしか最高の喜びを見つけられないのです。 もし、今あなたが豊かさを感じられないなら欲しいものを自力で獲得してください。 豊かな心で生きるには毎日の小さな積み重ねしかなく何かを獲得したいなら日々の努力、実践力しかありません。 親や夫のサポートは得てもお金や権力という力を借りずに自力で獲得してください。 成果がどれほど小さくても自己肯定感は上がるし精神論も空論ではなくなります。 30代は、若さで突進し40代は、残された可能性に無理しながら賭けるべきだし私自身もそのように生きてきました。そして50代さらに豊かに生きれるよう私の太陽が示す方向にブレずに向かって生きていく。そんな姿を知ってもらうことであなたの太陽を生きるきっかけになればうれしいです。 ...

私の太陽を生きるとは? 占いは太陽サインだけを取り上げて宿命的な読み方をしますがホロスコープは運命論です。 どのような運命を創るかはあなたの意識と行動次第。 太陽はわたしの中心身体部位では、心臓です。 私が人生の創造主といわれるように、創造主となって生きるには、太陽意識を獲得して生きる必要があります。 創造主 人生 獲得 太陽 文字にすると壮大すぎて自分にはむずかしい、と感じる方が多いのですがいたってシンプル。 朝陽と共に今日も私の太陽を生き夕陽と共に終える。これだけです。 どう生きるかは、あなたのホロスコープに示されています。 プロセスとしては私が私を知り心の住処を自分でつくり他者と対等に価値交換し社会での居場所をつくります。これがあなたの人生の縦軸と横軸となり、あなのた世界を強化してくれます。 また、MCを人生で目指す最高の目的と捉えている人が多いのですが、ただの一つの環境接点でしかありません。有名になり名誉を獲得することでもない。ましてや、人生最高の自分像でもありません。 MCは可視化できる世界なので深みはなく、むしろICの心の世界が無尽蔵な領域となるのではないでしょうか。私たちが求める幸せは、心でしか感じることしかできません。多くの人達が目的と思い込んでいるものは、心が感じる幸せの手段であって目的ではないのです。 太陽意識を獲得しよう 太陽サインはもちろんのことその度数の意味そしてどこのハウスに在るかどの天体とアスペクトをとっているか それを知って、私になるために励み続けることが、私の太陽を生きてください。この太陽をサポートしてくれるのは、あなたの月です。 太陽と月未来と過去男性性と女性性父性と母性これを自分の中で両方育てながら、私を自己実現していくのが人生です。 自己実現とは私であり続けること。これだけです。 獲得しても終わりじゃない 私の太陽意識に目覚めました。だから私の太陽をずっと生きています。ではないのですね。 わたしたちには月という感情があります。 毎日、毎分コロコロ変わります。 さっきまで思っていたこと幸せだと感じていたのに右向いて、左向いたらもう忘れてる なんてことは、しょっ中です。 ここでコロコロと変わる私の感情にフォーカスし続けると過去に戻りすべてが面倒になり身体の不調を感じ続けることになります。 月の感じるまま 感じるままに、という言葉あなたはどのように捉えているでしょうか。 私が嫌だと感じてるからやめてしまうのか私が行きたくないと感じているから行かないのか。 太陽は男性エネルギーです。 男性は社会活動において感情優位などしませんねむしろ殺してしまうでしょう。 感じるままに過ごしていたら私の太陽を生きているとは言えず天体で例えたら月や水星・金星止まりの私の好きや気分で生きている状態です。 これはミクロコスモス内に留まり続けていれば社会の現実生活に橋は架けられずマクロコスモスにも届かない。 全てはあなたの心の中の夢物語で終わってしまうでしょう。 気分がコロコロ変わるのは日常茶飯事です。 あたり前の話ですがこのアップダウンによって微調整しまた今日も、そして明日も私の太陽を生きていけるか、です。 月は心の寝床 月の寝床でエーテル体チャージ 傍観者のように自分の月を眺めてください。 ああ、わたしは今気にしているんだな傷ついているんだ心配しているんだ不安なんだそこに意識をフォーカスしているんだな、と。 この傍観ができるようになれば月の受け取りが上手になり地球生活で一喜一憂することは随分と減るし太陽を生きるサポートとして月がヨシヨシと慰め役として働いてくれるようになります。 月優位に生きていると社会性は育たない。 これが現実です。 太陽は東のASCから昇りMCの南で眩しさを増しDSEK西に沈み、そしてICの北で死にます。 0時のICの北で再生しそしてまた東から昇る、の繰り返し。 私の太陽も毎日昇っては死んでを繰り返し再生し続けています。 人生の目的は私を生きること。私を生きるためにこの地球に生まれてきたのだからこれ以外の目的はありません。 あなたはあなたを生きてくださいね。私の太陽を生きましょう。 ...

こちらは2017/10/9リライト記事です。私は50代に向けた、現実的な占星術展開が得意です。私の実体験が、あなたのエールになれば幸いです。 ブログを書くぞ✊ 日付は忘れましたけど、毎日ブログを書くぞと決めてから10月で満2周年を迎えます。 50歳過ぎても全然問題ナシやればできるもんだ。刻々と変わる外見の様子と併せて、皆さまにも自分らしく生きるエールをお届けします。 浮腫みまくりの木星期 朝はここから始まる PCの前に座っている時間は一体何時間なのでございましょう。 全然、苦にならず楽しすぎるんですけど、でむしろ肉体の疲労感が邪魔。 空腹や眠気を面倒と感じ食べることを飛ばしていたら痩せていた自分に気づきました。 痩せて老けたよ(・∀・) 同じ洋服を着てる去年のショット。 1年でこうも老けるのか・・・髪の量も違うじゃん!!!! 地球生活から考察すると、50歳を過ぎてからの劣化が激しいのか、それともPCのブルーライトがイケないのか。 42歳で出産してからやたら浮腫むようになって、暑い日は特に膨張し続けるような感覚。月が木星とコンジャンクションからなのか。ホルモンバランスの力はスゴイね。逆らえない。 では、この1年間の振り返りです。 1年間の振り返り 自宅で魔女クラブを開催しよう♪と思いつき、満月・新月に合わせた食材をスープでおもてなし。瞑想とタロットリーディングをして魔女サマ方と密会しました。 嬉しいのは魔女サマ方と形を変え、場所を変え、今もお付き合いが続いていること。 喜ばしい何よりでございます。 たまには外でとイベントをしようとあれこれと企画を考えました。 正直なところこの頃は自信も持てず(いやホント) 私が募集したところでどれほどの人が来てくださるのか全然、自信なかった。 サッパリ検討つかないままでした。 ただその時、その瞬間内から湧いてくる思い失敗してもいいからとにかくやってみようと兎にも角にもトライし続けました。 来てくださる方が0人でもそれはそれでブログに紹介してありのままのわたしを見ていただこうと正直に書きました。 この0人発表記事を読んで勇気が出ました、という魔女サマが参加してくださいまして嬉しかったなぁ。 お正月は息子たちが帰ってきても仕事で頭いっぱい。 本来のペースでない日が三日も続くと、こんな顔になる。 生活リズムだだ狂いの中でもあなたサマとどうやってつながれるのか毎日毎日考え続け あーでもないこーでもないと試行錯誤しまずは、私がもっと豊かにもっと仕事を充実させないことには理解してもらえないと心得て 自分の今できることほんのちょっぴり今の自分を超えてできることをここだけを意識し続けてきた。 懐かしい顔ぶれを見てはあぁ、わたしはこのままでいいんだと自己確認させてもらう日々。私が元気をいただいてまた新しい自分と出会いに行く。 少しでも自分が成長できるよう 誰か見てくれている人の励ましになる存在でいられるようアホぶりも失敗もそのまま公表し 私が疲れていても相手には関係ない。今を目いっぱい私の太陽を生きようと過ごして参りました。 うまくいかない日があっても場数を踏めばそれなりに整えられていくものと牡羊座の月らしくいつも出たとこ勝負の本番で挑み 空気を読み、相手の気を読詠むホロスコープを詠む詠む詠む。 一緒にいる時間サポートさせていただく時間だけに集中しそんでもって自分が一番楽しむ♥ これに尽きる。 誰だって、そんなに強くないし自分の力など、たかが知れている。 いつもどんな時も、何歳になっても性別や年齢を超えた人たちとすぐにも分かち合える感性だけは持っていたいし相手を理解できる大人でいたい。 ママ業も家事もバタバタでもこなしながらホロスコープの天底IC、心の土台ここが満ちていなきゃ仕事に繁栄されるワケないじゃんかと与えられたものをすべて素直に受け入れられるようにもやっとこの年齢でなりました。 結婚したからハイ夫婦の絆できたよ、ではなく出産したからハイ母子との絆できたよ、でもなく仕事をしたからハイ収入が安定しないように どれもキャリアを積まないと何一つ構築はされていかないのだと時間を積み重ね続けたこの一年間。 今年は真由美魔女サマの力によって、新幹線に乗って他府県で講座を開催させていただく機会を得て新しい出会いがまたたくさん生まれました。 やっぱり私はこの仕事が大好きだし関わった人すべての人とは共により豊かにより愛に満ちる人生を生きたい。 私が豊かに生きて成果出してなきゃ信用ゼロじゃんか。 セッション、受講していただく方にはただお勉強するだけじゃないただ知識を増やすだけじゃない結果を出してもらうためにサポートを万全に尽くす。 仕事をはじめた時の仲間も自分の場所での活動をわたしと同じように20年近く続けていてこれも、わたしにとっても大きな励み 今は起業しても5年後には廃業が8割と言われている時代 ここだけ考えても私たちはうまくいってるんでない?と、褒め称えあっているけどまだまだだ。常に自分の中の可能性を探してる。 他人は外側しか見ないけど誰も見ていない時間に何をするかどんな意識で過ごすかでこれを時給換算したらきっとブラック企業並みにちがいない。 だからこそここが自信となっているところ。 私の未来は今よりももっと輝いているはずだし今までにない喜びの経験が必ず待っているはずで野心とは違うもっと別の何か新しい時代に在るまだわたしの知らないスタイルそれを確立したい。 わたしの60代はもっとステキなものになると思う。 わたしのプログレス太陽は魚座の24度にあって後6年後に春分点である牡羊座に入る。 進行の太陽が魚座から牡羊座へ入る時360年のカルマ解消のとき。 晴れてカルマ解消する年はわたしの太陽に冥王星が乗り人生がどのような大きな変貌を遂げるのかがとても楽しみで どのような状況を迎えようとも今夜、死んでも後悔ナシと目いっぱい生きて、後はすべては宇宙にお任せです。 講座に参加してくださった50代女子のご感想 昨日、夜のテレビの話 一世風靡した歌手が今では衰退し、もう一度復活するために4人の音楽家の前で競うという内容。初めて見た。で、ひとりの音楽家のコメントがめちゃくちゃキツい! そのコメントに対しての歌手の持論がすべて的を得てる。知識や専門性が半端ないのが嫌みでなく、話しの内容すべてに生き方が伺えるのね。なんといっても根底に歌手さんたちへの愛となぜ、今ここにいるかの使命感があるの。かっこ良かった~。元美さんみたい! 私も仕事で感情でものを言うのではなく、愛と使命感を持って仕事していきたいです! 何歳からでも私の太陽を生きれます! ...

2016/3/6リライト記事です。私は50代に向けた、現実的な占星術展開が得意です。私の実体験が、あなたのエールになれば幸いです。 再婚を考えておられる方へ 私のバツイチ時代、そして再婚話を綴ります。今シングルマザーで励んでおられる方、子連れで再婚を考えていらっしゃる方の参考になれば幸いです。 太陽水瓶座・金星魚座 夫とは、友人の紹介で知り合いました。第一印象は・・・まったく何も・・・そんなものです、男女の出会いは。 ホロスコープ見てないの? と疑問に思った方あんまり見てません。特に夫のは。笑 ただ、自分のN太陽にP金星がかかるタイミングだけは見ていました。この時から、私はもっと豊かな楽しい人生にするんだ、と決めいた。だからこの時期に誰と一番、交流が深くなっていくのか、そこだけはチェックしていた程度です。 シングルマザーでしたから、現実は仕事と星の勉強で手いっぱいでした。 良妻賢母を美徳とされる方は、少しでも時間を作って子供との時間を、と思うでしょう。でも現実は、息子ふたり思春期だったので、一緒にいたがらなかった。 母親より友人だから再び、私も青春してました。親子共々、遊びまくってた。 時間とは、本当に自分で作れるもので、思い返しても、よくあれだけ遊んだなと感心します。そして、うれしいことに、独時代よりもモテました。 今、シングルマザーの方、精神と経済的自立を果たしていると間違いなくモテます! 私は離婚して自由を獲得できた喜びいっぱいでしたから、草食男子には、大人の女性としてカッコ良く映ってたんでしょう。相手からすれば、責任を負わなくていい気楽さがあったのだと思います。 太陽・水瓶座 私は水瓶座。息子は水瓶座と魚座。 慎ましく仲良く暮らす母子家庭というより、個性の強い三人が同居している感じで、それぞれ自由に、生きたいように生きようスタイルでした。 普段はそれぞれのプライベートに突っ込まないけど、何かあったときには瞬時に一致団結。問題解決して日常に戻れば個々それぞれ好きに、プライベートにあまり突っ込まない暮らしでした。 一方、主人とは出会ったものの、私は再婚なんて全く考えていなかったし、夫は一生独身で子供は持たず遊んで暮らすと宣言しておりました。 にも関わらずどうしてそういう流れになったかです。 私、たぶんどこかでは疲れていたんでしょうか・・・ 彼のソフトな返答の仕方がとても好きだったんです。(過去形) 話していてとても癒されたんですね。 何が何でも恋人にもなりたいとか、この人と結婚したいなんてサラサラ思わなかったけど、デートを重ねてどこへでも遊びに出かけました。 デート代は、ワリカンでした。なんてケチな男なんだろうと思いましたけど、私がこれまで出会ってきた男は、金を見せびらかすタイプばかりだったので、夫の対応が新鮮だった。エスコートなどしない踏み込んでこないお金もない代わりに力もない(・∀・)性を意識することなく、何でもフランクに話せる関係が心地よかった。 3年ほどその状態が続いたかと思うのですけど、その間に意識せずとも振り返ってみれば、愛にもお金にも豊かになるプロセス踏んでいたのでした。 豊かプロセス ⚠タロットの小アルカナにあてはめて読んでみてください。 その1出会いました。遊ぼう! と意欲燃やしました。 その2周囲から批判されました。年下の軽そうな男という評価いただきました。 その3話しが弾みました。何でも話せて、楽しかった。占星術で生きていくことを応援してくれた唯一の人でした。 その4心の居場所を確認しました。結婚は、もうええわ・・・このままデートしたいときだけして、楽しく付き合っていけばいいと思いました。 その5彼は他にも女がいました。私、シングルマザーで年上ハンディだらけ。けど私は今のまま自由でいいし、付き合い方もこのままでいいと決めました。これが私の人生さ。その6友人でも恋人でもない関係、互いの領域に入り込まず無理しない関係。いつしか生活習慣になり、安定していきました。その7彼は毎日楽しく生きてました。私も負けじと自分の世界を大切に、他にも彼氏作って遊びました。(・∀・)その8気持ちが募っていきました。好きな気持ちがどんどん強くなっていきました。その9自分は欲張りだなと感じました。楽しいだけの関係は面倒に感じてきたのもあって、彼以外の中途半端な関係は清算しました。 そして最終段階友人から恋人へ恋人から人生のパートナーへと変わっていったのは、お互いの愛を示す金星の魚座要素でした。 人生ズタボロ真っ最中 実は彼はその頃人生のズタボロ時期真っ最中。人間関係がこじれて、心身ともに行き場を失っていたんですね。 でもって私は、思春期の息子ふたり抱えている年上の占い師。社会からすればハンディありまくり、怪しさ全開の私のところに流れ着いたというわけです。 もう私のところにしか行く場がなかったのが正しい表現かもしれない。私は私で、息子もいて仕事もまだ中途半端。どうやって彼を受け入れようか。もしかしてお互いが同情なのか、哀れみからなのか、うれしさよりも不安や怖れのほうが正直強かったです。 魚座の金星って、なんでこうもやるせない悲しみがつきまとうのか・・・ 社会から見れば、ふたりとも完全な敗者でした。私の心は元気だけったけど、彼は死んでた。実際に死にたがっていました。 お互いが人生ドン底。そんな2人で生きるんかい。(・∀・) これまで考えてもいなかった、あり得ない世界へと突入したといったほう近いかもしれない。そういう意味で、とても勇気が要りました。 お金がなくても宇宙意識で生きよう 今、再婚してから16年 昔からの友人と家族全員が口を揃えて、私には勿体ないほどの夫と絶賛中。 それぞれ苗字が違う郵便屋さん泣かせの家でしたが、息子たちとは、これまで一度も問題なくこれました。むしろ感謝しるみたいです。自分が夫と同じ立場だったら、私のような妻を選ばないと。 個々それぞれのスタイルを持つ者同士が、家族という形態で暮らしているといったほうが近いかもしれませんが、愛にも豊かになれましたし、お互い貯金もなかったのに宇宙意識で生きていたので、オーダーメイドで家も建てられましたよ。 2020年6月現在 時代も変わり私も変わったのでこれからはわかりません。また数年後に、ご報告記事をアップすることにします。 当時に別サイトに書いた記事です。リライトしてないので読み辛いと思いますが、ご興味ある方は読んでみてください。 再婚して6年後まさかの42歳の高齢出産しました。 詳しくはこちら 金子 元美さんの人生のストーリー ...

2016/3/26リライト記事です。私は50代に向けた、現実的な占星術展開が得意です。私の実体験を元に、あなたのエールになれば幸いです。 まじまじ見ない 50代ともなれば、目じりのシワがとっても深くなってきたし、原稿書きの宿命である首のシワ。毎日、顔を下に向け続けているから、更に更に深くなってきましたワ。 ここで肝心なことは、自分にとって都合の悪い肉体は見ない・・・ 見なくていい健康であればいい。 年齢を重ねるほど、どこかしら不調は常にありますけど、体を動かすことで忘れてしまえる程度であれば、健康ということではないでしょうか。 気にすると、よけいに辛くなるそして更に老ける(・∀・) 50代の美は健康少々、脂肪で凹凸が激しくなってきても全体に見てバランスがとれていればOK。シワが深くなり全体にたるむことで、謙虚になれますしね。「 もしシワがなかったらドヤ顔の強気、鼻についた目障りな女になってますから、都合の悪いことは見ないでおきましょうね。 ちょとだけ気づいて謙虚になる。これで十分。 後は、見ない、知らない。ほっとこー、ですわ。 (カメラ性能もあるけれど、2020年の今より老けテーラ(・∀・) 歯は土台、土星 歯は、占星術では土星、土台です。 命を保つための食べ物を噛み砕いて、栄養を取り込ませてくれます。胃袋は月ですが、口は暗く冥王星に続いています。 口臭は臭い。身体の穴の奥にる体臭全て臭い・・・ 体液は臭いですし、病気になると異臭が発生します。だから私は体の穴の全ては、冥王星だと思っています。冥界につながるものは、全て臭いです。 怨念ドロドロの霊も、異臭を放ちますからね。 顔がその人の玄関だとすると歯は玄関の門にあたりますね。 門が錆びていたり汚れていたりしたら入りたくない。 歯は見た目も非常に大事です。 私は離婚を決意する頃ストレスを抱えていたせいか、一日に10回以上歯磨きしていたんです。それもゴシゴシと目いっぱい歯ブラシを握りしめて、力を込めて磨き続けていました。 今から思うと、心のモヤを晴らすために、歯磨きしてたんでしょうね。 歯茎がめくれあがるくらい磨き続けまして、ここから雑菌が入り放置プレイしていたので、後に重度の歯周病になりました。歯をくいしばって眠っていたようで、ボロボロと奥歯が抜けていきました。相当ヤバい状態になってしまいました。 重度と診断されましたので、口腔外科で専門的な治療を2年間受けました。トランジット土星がアセンダントを通過し、1ハウス運行中の出来事でした。(私のメンテナンス) 治療は歯の土台である歯茎からそれが整ってから歯の治療に入ります。 もうね、これ完全な外科手術です。 歯科で行う、ウィ~ンというレベルではない。 全身麻酔を勧められましたが、その日に帰りたいので通院可能な範囲での治療、それでも麻酔の量たるや相当なものでした。 また、先生がアメリカの学会で発表するのがお好きらしく、重度の私は恰好のサンプルだったみたいで毎回はパラッチのごとくこれでもかというくらい口腔写真を撮られて、研修医のつたない手さばきのおかげで何度、唇と口内を切ったことか。 このときに、痛感しました。歯の大切さを。 丁寧に歯を扱ってメンテナンスを怠っていなければ、ここまでにはならなかったはず。そしてそして、こんなにもお金がかからなかったはず・・・・ 歯の治療費ってバカ高い。 歯茎を全部めくって治療し、インプラントにセラミックかぶせて250万かかりました。そんでもって、後にこの尋常ではない麻酔量と、オペ室の恐怖感とでパニック症になりました。最悪どしたわ。 これが今から5年前のお話。治療途中ですがお金が底を尽きて中断しました。 これからは左側奥歯にインプラントをいれるために、あごの骨の再生からしないといけないと言われましてねこれが一番大がかりな処置になると。 2年間で250万もかかって、それでパニック症になって、それでここから一番の大がかりな治療って・・・ もう私、このまま人生閉じます。奥歯なくていいです。このまま墓に入る決意しました。 なんとか人前で笑える前歯にしてもらいましたから、これ以上は精神的にもお金にも無理、限界。 歯の大切さ・・・時間と治療時間・・・骨身に沁みました。(今なら治療が進んでもう少し安いと思います) 血走ってる私のお目👀 私の目、濁ってます。血走ってます。 万年眼精疲労にドライアイ娘の白目を見たら何と美しく潤っていることか。 一日に数回訪れるドライアイによる染みる痛み。 うずくまるほどの染みっぷりですが、このときに嘆いても仕方ない。 「毎日よく働いてくれて、ありがとう」 夫の労働に対しては何も思わないのに自分のお目めには感謝の涙で潤わせる。 視力もどんどん低下しているから細かなことは見なくてすみます。 見えないから見るのが面倒だから、もう見ない。 ひと目も気にならなくなるし、視界が狭くなる分、集中力上がります。 性はを失われていきますがその分、心を豊かになります。 ええ、ぼんやりしか見えないからすべてがゔエールにかかってが美しい。 お互い美しくナチュラルに年齢を重ねてまいりましょう。 2020年は ・・・ 動画配信、励み始めました。(・∀・)去年の今頃も同じことしてます。笑 今年はアプリとお手伝いしてくださる力を狩りて、5Gの時代の流れに56歳なりに乗ろうと思います。 VimeoYou Tube ...

2016/3/14のリライト記事です。(画像も悪いです) 私は50代に向けた、現実的な占星術展開が得意です。私の実体験が、あなたのエールになれば幸いです。 ネイタルホロスコープがナビ 今は具体的な目標も何もない状態です。そのずっと先にある、なりたい自分の姿はぼんやりと描けている。夫や家族に認めてもらうこと。自分で仕事をつくり、一定収入を獲得し続けること。 それが社会信用につながると考えていて、私は占星術でその時期を探り、そこへ向かっていこうとしています。 通過ポイントは決めてあるので、そこから逆算して今何をすればいいか・・・考えたら私の場合は、まず仕込みが必要であることがわかりました。 とりあえず通過ポイントを通るには、今できること、しなければならないことは逆算したら見えてきますね。 今やるべきこと 私の場合は仕事の再構築なので、これまでの実践で積み上げてきたもの、それを使って毎日ブログを書きコンテンツをため込みながら、そこから展開させていくことに必要なノウハウを知ることに、この一年使うことにしました。 ようやるな、思う人もいるかもしれない。関東の同業者からすれば地方に住む人間は、情報弱者のノーテンキ者と思う人もいるかもしれませんね。 ただ今がキラキラなら後は落ちるだけー(・∀・) 運命の輪である輪廻上がれば下がるし下がれば上がる、順番です。 今は精神性に重きをおける美しい時代になりつつありますが、でもね、まだまだ社会には差別があります。優劣の判断したり○×つけたり、つけたがるといってもいいのかな。 私が経験したことでは、これだけ離婚率が高くなってもシングルマザー時代は、どこかしら哀れみの目でみられていたし、特に男性には半端者? のような対応をされたことが何度もありました。 社会はまだまだ男性社会 今は多くの女性が社会進出して、自由なライフスタイルになりつつあるものの、その人の技能よりも背景、バックグラウンドによって判断されている状況があります。 情報の大部分は都会の一部であって、日本全体のことではありませんね。 幸せな結婚生活はおくれているか、子供はいるかとか、経済状態や資産などコツコツと積み上げてきたものがないと信用が薄れてしまう現実があるんです。 なぜ男性社会なのかは、私たち女性はまだまだ仕事に対して腹をくくれていないし、自分では一生懸命でも趣味の延長のような内容だったり、家庭事情によって仕事への意欲が反映されてしまうからだと思います。 私は基本的に昔話を好む人とは付き合いたくないし、苦労話を美談にすり替える人も好きではありません。 ただ、これからの自分が何かしらの力を社会でつけられれば、やさしく応援できる大人の女性でありたいです。特にシングルマザーの人には、せっかく離婚というプロセスを通ったのだから、私の太陽をめいっぱい生きてほしい。 今の私は応援してもらいたい立場にいますが、いつかそんな力をつけられる自分を目指します。   ...

2016/3/10ノリライト記事です。(画像も悪いです)私は50代に向けた、現実的な占星術展開が得意です。私の実体験が、あなたのエールになれば幸いです。 経過報告 今日の太陽サビアンは、私の進行の太陽と同じ。節分からはじまった、52歳の人生再構築、経過報告です。 去年の11月からはじめたこのブログ、初日のアクセスは、クリックしてくれた人をフルネームで言える4ビュー。(・∀・)毎日書き続けて4か月半の現時点では、多い日では500近くまで届くようになりました。ありがどうございます。 ジュゲムブログで書きだしましたが、カッチョいいWPに移行したいとMちゃんにお手伝いをしてもらいながら、徐々にサイトが整ってきました。ITノウハウがある人からすれば、何てことないことですが、私にすれば投稿に慣れるまで、全体を把握するまでしんどかった・・・ 52歳ともなれば、慣れるまで時間はかかるし、ポイントの絞りどころ間違えるし、目は痛いし、肩は凝るわでホント大変。野口整体的に表現すると、ぎゅ~っと縮かむ。胸腺も詰まってくるし、久々に動悸続きヨ。もうあちこちゴリゴリです。 新しい経験を避けようとするのは、心身ともの弊害も避けたいからでしょうが、この第一段階を通過しないと、次に行けませんからね。何事も、信念と闘志が、この壁を乗り越えさせてくれます。(まだまだ他に山積みだけど) 今 ?  もうラクっラク~一つ自分を超えた気分です。 プログレス無人島 天空にある星、宇宙からのメッセージを読み解きながら、私の内面をそのまま反映させていく場所がこのサイトです。 周囲からいろんな声が聞こえてくるときもありますが、私は私の理想とする世界を実践していくだけ。この一年間、裸で島の土を耕し続けるだけです。 瞑想の効果もあって、朝方にクリアな夢をよく見るようになりました。 それによって、今の自分の心理状況や、現状などが知れたりします。ブログには強気なことを書いていても、やっぱり不安になったり怖れがでてきたり・・・ 無人島で見上げた星が美しく輝いていると、このままで何もしなくていいやんか、という気持ちにもなったります。 今のままで十分何もする必要はないし何かになる必要もない。 今、与えられているもの、それだけを存分に味わい尽くし、楽しめばいいと自分に言い聞かせています。 ただ太陽が昇ると今ここにないものを探して、それに向かいたい自分がいます。 理想を描くスピードと現実が創られていく時間には大きな隔たりがあって、そのジレンマに襲われそうになるときもあるけれどこれも結局すべては経験のひとつでしかありませんね。 この考えは、若いときはできなかったことのひとつです。年齢を重ねる喜びは、こういったときに訪れてくれますね。120歳ぐらいまで生きれば何とかなるのかもしれません。 ブログ更新にやっと慣れてきたので、土を耕しながらどんな種をまこうか、しばらくの間はその創造に力を使いうことにします。残された時間を逆算するとのんびりしたことも言ってはいられないんですけど、今夜はとりあえず家族集まって、豚🐽しゃぶ食べて英気を養います。 ...

2016/2/7のリライト記事です。(画像も悪いです) 人生は55歳から、と奮闘してきた自分記です。50代のあなたのご参考になれば幸いです。 家族は社会の縮図 ひとりではじめてますけど昨夜、こてんぱんにやられました。 昨夜は、妹家族と食事をしました。我が家は、言いたいことをストレートに言う家族で、歯に衣をきせることはありません。もう、ズケズケと。そこで批判を受けまくりました。 FBのアップ回数がウザいからはじまって自信過剰自己中心物事への理解度が低い変わり者非常識 などなど。 この批判は、男性陣からです。 一人をよってたかって批判し、中傷しまくる社会構図そのものですね。腹が立ちましたけどこれが、私の今の社会評価でもあるんでしょう。 ここで、私が本を一冊でも出していたら、一定の安定収入を毎月得ていれば、褒め言葉をもらえたかもしれませんが、再構築を決意してまだ3か月あまり、何も結果は出せていませんから、こう言われても仕方ありません。 社会では結果がすべて努力は、加算されません。 妹の反応はどうだったかというと「かわいそう」と憐れむ表情で無言の、エールを送ってくれていました。(妹も私と同じ口は悪いけど夫に従順なタイプ) 太陽=社会 男性月 =家庭 女性なので家族の意見は、社会の声でもあります。 月は大衆でもありますから、これが今、私のブログやFBを見てくださっている方の率直な反応だと思いました。 正直、凹んでます。昨夜は眠れなかった。悔しいなぁ・・・家族に言われるのは辛いです。 でもこれが現実だし事実です。知れてよかったと思うことにします。 資本は健康と根拠のない自信 今の私の資本は、健康と根拠のない自信、これしかありません。 長く凹んでいたら自信がなくなってしまうし、資本を減らす訳にはいきませんから今の判定結果、いただきました。そんでもって終わりにすることにします。 やさしい褒め言葉しかもらえないなら、考えないし燃えないし、まぁいっか。 今日セッションさせていただいた○○ちゃんにFBのことをたずねたら「ウザいと感じたら個々でどのようにもカスタマイズできるから心配しなくていいんじゃない」と聞いてひと安心しましたけど、今後は、一日一記事アップにしておきます。(連投しまくってよ私(・∀・)) もちろんブログは、じゃんじゃん更新します。 そしてですねここからが本題です。長くなりませんから、重要なことなので読んでください。 私の太陽とは夫と父親 社会的成功(自分なりの)求めているなら、父親との関係を良好にしておかねばないと私は考えています。 もし他界されているなら、会うことができない関係におられるなら、あなたの心の中で受け入れてくださいね。 やはりというか、太陽の意味そのまんまの私の体験です。 私は太陽みずがめ座の0度 社会の権力や地位に興味なく、マイナーのB級好きです。 父とは、幼少期に別れ、まあそれから数年に一度、それも徐々に離れていきまして、一昨年に21年ぶりに再会したのですね。 私の中で父と仕事 頭の中で何のつながりもなく、星的な考察ゼロなのに、年老いた病気の父と関わり、自分の中で受け入れていくのと同時に、社会意識が目覚めてきたのです。 本当に遅すぎて今更ですが、この時期でないとスイッチ入らなかったんでしょう。母のことも、よく考えたら、一昨年ありたから可愛く思えてきました。それまではいい歳になっても、反抗しまくりでした。 父と母太陽と月 私の中でやっと足並みそろったから、今このタイミングで私の太陽と月の自己実現に向かう時なのだと思います。 ...

2016/2/15ノリライト記事です。(画像も悪いです) 私は50代に向けた、現実的な占星術展開が得意です。私の実体験が、あなたのエールになれば幸いです。 初の自撮り スマホを持っていないので、ノートパソコンで自我撮りしてみました。さて、今日は節分、節入り、2016年が本格的にはじまりましたね。 今日は、人生をあきらめかけている40代、50代の大人の女性に向けて自分のことを書いてみます。 職歴 私が占いの仕事をはじめたのが2000年頃。毎日、猛勉強し占い館やイベントなどで実践を積み、2004年に自宅を拠点としフリーになりました。その頃と同時に占いライターのお仕事もはじめました。 学歴なしコネなし。 頭から突っ込んでは砕けるを繰り返し、時代の流れも手伝って毎月安定したお仕事をいただけるまで2年ほどかかったように思います。 原稿は打ち切りになるまで、こなしてさえいれば毎月収入が入ります。それを10年ほどしていましたが、後半の4年ほどは惰性。このあたりのことは、占い原稿を書いた人ならわかると思います。 好きではじめたた仕事なのに、お金だけを追いかけている自分。でも仕事はしたい、同じことばかりもう書きたくない、でも書き続けたい気持ちもある。ある日、担当者が代わられたのを機に、いきなり「辞めます」とメールに書いた自分。戸惑ったけど、解放気分しかありませんでした。 とんとこん仕事しまくっていたから、それからは週休6日。夫がいてくれてのことですが、ダラダラと怠惰な日々を過ごしました。 お客様とはつながらせてもらっていたので、定期的に連絡をくださる方、顔を見せに来てくださる方、応援してくださる方、これは私の財産、宝物。本当にありがたいです。 さて、ここからが今日の本題です。 もう無理、別れよう 夫がいる身ですから、このまま週休6日、いや7日を続けていてもいいわけです。日本の平均的サラリーマン、それなりの生活ができます。 世間で誰もが言うセリフ。何とかなるよ何とでもなるよ。 何とかなると言われればなんとかなる。なんともならない日が来ると言われれば、そうかもしれない。この日本で働いてさえいれば、餓死は免れるでしょう。節約だけをしながらチマチマ生きるのか、私の人生・・・  何とかなるよってどのレベル? どんな何とでもなる? その基準は誰の基準??? エネルギーの強い私のようなタイプは、家事だけでは全然ツマラナイ。太陽・火星コンジャンクション持ちなんだから、消化しきれないところがありました。 週休6日、7日をウダウダ中途半端に生きていた去年の夏のある日、夫に言われました。 「もう無理、別れよう」 はぁ??? 「( ゚д゚)なんで?!」 とならずに 「そんなこと言うんや。ええ根性してるね。(・∀・) 今、どんな気持ち」と、根掘り葉掘り質問して星から分析しようとした態度に、また怒られました。きっと、もてあまされていたんだと思います。 思い返せば、あり余ったエネルギーを夫を責め立てることに使っていた私。あぐらもかきまくってた。 そこでスイッチ入りました。再び仕事しよう! と🔥 どこかに所属することなく、どことも契約も結ばずに、自力で一から自分で仕事を創ろうと、決意しました。 ㊟夫は私を毎日気にかけ、とても大切にしてくれています。家族全員が口をそろえて、私には勿体ないすぎる夫と日々絶賛中。 年齢は関係ない ここで40代、50代の皆さんもう歳だからとか 今さらとか   何とかなるさの他力で半場あきらめ気分で生きていらっしゃなら方、それは、あなたの本心でしょうか。 そういった生き方を選ぶことで、あなたの魂は喜んでいるでしょうか。 この地球を去る日、笑顔満開でサイナラできるでしょうか。 やりきった!  となるかあかんかったわ  どうなるかは私にもわかりません。今はゼロ状態ですから。あかんかったら、来世に持ち込むまでのことです。 正直、目的とか理想などありません。描いている自己像もありません。私の太陽を生きる、のみ。 実のところこれ以上も以下もないと思っています。 無人島でたったひとり 今、私のサビアンシンボルを羅列してみます。占星術を知らなくても、だいたいのイメージはつかめると思います。 無人島(ええ、たったひとり) プリズムを通った光(価値観のふりまき) ライオン使いが技術と気骨を示す(本能の教育) 復活祭のパレード(魂の歓喜) サマリアの女(積極的な関わり) 私の最終的な目的地点は2024年です。それまに一旦結果で出るであろう年は2020年。 もう若くはない私が、面接官に協調性がないとすぐに見破られ田舎のパート採用もされない、社会システムに収まらない私が、いったいどこまでできるのか。どうぞ気長に応援して、見届けてください。 やるどー✊ ...