略歴


1964/1/21生まれ 水瓶座0度
京都府城陽市在住
占星術歴20 年
セッション数1万人超え

シングルマザー経歴ありの
二男一女、孫二人

1998年占術師として活動スタート
2004年フリーとなる
2005年  占いライターになる
2015年 ルーテイーンのライター業に飽きる
2016年自分の仕事は自分で創るゾとブログ書き始めました。

占星術を仕事に

28歳のとき、自分は人生のどこにいるのか、無性に知りたくなり占星術の勉強を始めました。28歳とえば占星術でのサターンリターン、星の成人式です。

大人になる洗礼を受けて私が決意したことは、離婚を実現することでした。

母との折り合いが悪く早く家を出たかった私は、太陽と月とドラゴンヘッドが絡み合う運命の出会いが訪れ、20歳で結婚したものの夫はひとまわり年上にもかかわらず、夫にも父親にもなれない人だったのでした。


当時ふたりの息子は、小学校の高学年。

どうせ働くなら好きな仕事をと決意して、あらゆる西洋占星術の本を購入し猛勉強をはじめました。

この頃、すでに別居生活突入し、当然、周囲からは非難と反対の声。母子で生きていくなら年金や福利厚生の整った会社に勤めるべき、と家族や友人に説教されるものの、聞く耳持たず我が道を貫いて離婚成立となりました。

勉強と実践を積む日々

この頃の私
誇れる仕事のキャリアなし
学歴なし
特技なし
才能なしのなしなし尽くし。

4つの仕事をパートでかけ持ちしながら、その合間に勉強をし、夜中は電話占い休日はフリマ出店。そろそろ本格的な実践を積もうと、日本初タロットカードの普及に尽力された木星王先生のところに勤めに行きます。(占術名 運美)

当時、執筆活動にも憧れていて占星術の大家、松村潔先生と、正統派のタロット家の井上教子先生にメールで猛アタックし無料で原稿を書かせてもらいました。


占い館に勤めながら執筆のお勉強もする中、時代の流れも手伝って少しずつお仕事を紹介してもらえるようにもなった頃、大阪と京都で、単発の占星術講座もスタートさせることもできました。


この頃、めちゃくちゃ忙しくて、詳しいことを覚えません。そんな状況の中、N太陽P金星コンジャンクションのタイミングで再婚しました。

鏡

42歳まさかの妊娠

2004年にフリーになり、自宅にて対面鑑定とネット中心に執筆活動をスタートさせました。(私のICに太陽4ハウス火星とコンジャンクョン)

占星術でいう
中年の危機の42歳のとき
まさかの妊娠で長女出産。

このとき再婚してから6年目
長男22歳、次男20歳

母子手帳をもらうために入籍し、成人した息子たちに妊娠を告げるのはとても勇気がいったけど、誰よりも喜んでくれたのが嬉しかった。家族がリニューアルした感じでした。

出産後2か月か目から仕事をし、セッションでは母乳やりながらのあり得ないスタイルで、今から思うと自宅でのワークスタイル、そして心優しいリピータさまだからできたこと。

本当にありがたいお話です。
忘れられない場面の一コマです。

長男、次男は順次に自立し、夫と娘の3人の新生活に入り、20年ぶりの育児に励む中、ライター業に喜びを見出せなくなってしまい、夫がいるのをいいことに週休6日生活を1年ほど続けたら、あり余るエネルギーは夫への攻撃として、火星力を使っている自分に気づくことになったのでした。

やっぱり仕事したい!

これまで続けていた活動を一旦すべて整理。

誰かに与えてもらう仕事でなく
自分で自分の仕事を創る
活動の場を創る決意をしました。

太陽・月と共に火星のエネルギーが強いので、サイト名に火の神、アグニと命名しました。

ひとまず目指すは2020年
そして次は
私の太陽に冥王星が乗る2023年。

自分で仕事を創るのはもちろんのこと、土星期の55歳からでも可能なことを示す見本として、私の太陽を生きる決意を更に固めたのでした。

私の目的

わたしのミッションは、50代代表
わたしの太陽を生きる見本となること

人生は何歳からでも遅くない、決意さえすれば50代からでも私を生きられることを私自身が示しながら、あなたの太陽を生きるサポートをさせていただくことです。

わたしの太陽を生きていれば
心豊かに豊かになるのは当然で
そばにいる人も
わたしの太陽意識に目覚めだします。

この熱量が連鎖して
地球に住む人全員が
自分の太陽を生きれば
世界平和へとつながっていくのではないか
星を通して地球制覇から宇宙制覇へ

そんな野望を密かに抱きながら
今日もわたしの太陽を生きています。

共に同じ時代を生きる私たち
豊かな人生を実現していきましょう。