皆さま、こんにちは京都アグ二の金子元美です。 お誕生日の方おめでとうございます。本日は31日の三日月の宇宙のエネルギーをお伝えいたします。 アセンダントは獅子座太陽は4ハウス天王星とポジションです。どのサインもフィックスドサイン頑なに価値観をぶつかり合わせるかそれともこれまでの価値観をクラッシュさせるかでしょう。太陽・蠍座は、変容期ですね。去年の私と今年の私を比較をしてみればこれまでにない視点で世界を眺められていたのならば新たな価値観を構築できた自分を実感できるでしょう。 アセンダント獅子座の太陽私の太陽を生きるここから私らしさを考えてみるならば星占いでは私の太陽はわかりません。でも占星術ならわかりますね。占星術で分かったとしても納得して終わりではなくそこからがわたしの世界創りの始まりです。これは何歳でも可能で私が推奨している55歳からでも全然可能なことです。 占星術は、あくまでツールあなたを知るための道具です。 日々星を活用するのは、誰かさんに相談したり聞いてもらうより遥かに賢い方法ですが、常にまず自分ありき、これを忘れないでくださいね。情報が先ではりません。 そして、次に現実をとりまく社会があり、そこには社会秩序やルールがあり、ここには法則というものが存在しています。 そしてさらにその外側には社会を大きく取り巻く宇宙がありここでは普遍的な法則が働いています。まずわたし。そして社会。そしてさらにその外側の宇宙。この3重構造で捉えるようにしてくださいね社会生活を飛び越して、宇宙生活に住むことはできないのですから。 射手座の月 月は射手座に木星とコンジャンクション海王星とはスクエアです。木星は保護として働きますが心理的な作用としてはガスなので混沌とさせる作用を待ちます。海王星と絡んでいるのでさらにカオス化させますね。 今あなたのお部屋は散らかっているでしょうか。部屋は心の窓と言われているようにあなたの心理状態を表しています。クリエイター作業をしていない限り部屋のカオスはあなたの心のカオスを示しています。 自分の可能性を試すために今ここではないもっと別の世界に向かうには今、何が必要なのかそれを考えだすとあれも必要これも必要そしてこれもあったほうがいいと食い散らかしだけだとどこに何があったかもわからず3日もたてばあなたの記憶からは消え去るでしょう。どれほど感動してもアウトプットし続けて実践しないことには霞となって消えてしまうのです。 木星と海王星がセットになると神秘主義を増し目に見えない世界へと思いを馳せ信仰力が高めてはくれるけれど個人的な作用としてはぼんやりすることが多く眠くなったり集中力を欠くことが増えますね。今回の三日月は眠くて仕方ないのなら、無意識の領域に預けてしまったほうが賢い方法でしょう。 無意識の領域に預けてしまうとはジャジをしない。わざわざ意味付けをしない。あるがままの状態であるがままを受け入れ現実を湾曲しないコントロールしようとしない。後は宇宙にお任せでそして眠るだけです。 火星を使って外の世界へ 眠りから覚めている時間は地球生活で活動せねばなりませんね。自意識から離れて社会活動を優先にされている方は土星・冥王星によって自分のルートをガッツリと決めていくタイミングにあるでしょう。自意識から離れられない間は現実は厳しく社会の軋轢ばかりを感じることになるでしょう。あなたの火星はどちらでしょうか。 怒りや憤りを長期間貯め込み、抑え込むことに火星エネルギーを使っているのなら、体内に腫瘍を作ることになります。怒りも防衛手段としてアクションし燃やしてくださいね。わたしたちは天体全てを自分で扱えるようになる必要があります。それが豊かな人生を創るのです。 蠍座の太陽 太陽サビアンの意味も本日の三日月と同じく、傍観です。深層意識でたとえます。自分の奥深い深海意識に潜ればそこは無の世界です。ここで何かを感じたり思考することはできません。深海の海底に到達して浮上するプロセスの中でこれまでの私の感情を整理し理解できるようになります。 このプロセスの中で心の印象に残ったものを水星の言葉に変換できないものはずっと夢の中に留まり続けます。これは現実の世界において恐れと対峙するときに逃避したくなり逃避行為も無自覚に働くので自分ではわからないでしょう。眠りの質によっては逃避行為の一つになるし普段から印象深い夢見の多い人は深層意識にこの残留物があるのです。 深層意識から浮上し私の感情である湖面を眺めた時にもう二度とあのように濡れるのは嫌だ、と辟易したら自分の感情や他者の感情を傍観者として俯瞰するようになります。ここでの傍観者は無関心からの傍観者ではありません。目に映る世界を正しく評価しようとして傍観者になるのです。 太陽は天王星とポジションで2〜3年後の私の過去と未来を同時に傍観することになるでしょう。 自分を知るには俯瞰が必要 私って○○なんだ~ 発見して納得そこで終われば毎年ループです。同じ繰り返しを続けることになるでしょう。 これからが自分創造の始まりです。 例えば嫌いな人がいるとします。何で嫌いなんだろうと俯瞰する。嫌いな人をフォーカスするのではなく、自分を俯瞰するのです。それも感情を。 自分ができないことをラクラクやっているから嫌いなんだろうか。相手に嫉妬しているんだろうか。どこをウザがってるだろうか。自分、そんな大した人間かい?(・∀・) グルグル徘徊して相手を通して見えてきた自分 行き着く先は割と単純な感情です。笑っちゃうくらいバカバカしい幼稚なもの。そんなもんなんです。わたしたちは。何歳になっても子供みたいな幼稚な感情に行きついてしまうのです。 こういう作業を繰り返しながら、自分の感情をひとつずつ紐解いて、認めることで自分を知っていくのです。そして、知るごとに賢くなり、勇気が湧いて次の新しい世界へと向かっていけるのですね。 50代なら知っておこう こうして自分の感情を俯瞰できたときに、傷ついたチャイルドと出会ったとします。このチャイルドを癒せるのは大人になった私ですがいつまでもこの癒しに留まる人がいます。癒しの心地よさ本来の自分の声を聞いてやりたいことを叶えてあけられる快感ここに留まり続けると社会生活においてはただのイタイ人です。社会生活では月である素の感情をそのまま出したまま私の居場所を作るのは不可能なことこの現実は知っておきましょう。私の子供の分と私の大人の部分私の感じるままに生きる意味とをごっちゃにしたままどれほど励んでも豊かな人生が創られることはありません。 現実的な実践力を鍛えて豊かな50代を目指しましょうネ。 ...