皆さま、こんにちは!京都アグニの金子元美です。本日がお誕生日の方、おめでとうございます。 2/16の新月詠みをお届けします。 捨てるが先 SAC蠍座ルーラー冥王星は2ハウスそして火星とトラインです。 新しい何かが欲しい時今あるものを捨てるのが先。 それが自分にとって捨てがたいもの情がたっぷり絡んでいるもの捨てたら心がぽっかり寂しくなるもの それを捨てないと、今までを越えた新しいものは手に入らない。 今あるものを全てを持ったまま、新しいものを増やしていくことはできても、きっとそれは大きな喜びをもたらすものではないでしょう。 どれを捨てるかを選択する時 間違えれば取り返しのつかないことになるし、かといって選んだ時点では、それが自分にとって正解か不正解かはわからない。 捨ててみて一旦ぽっかり心に穴が開いての、ゼロ磁場共鳴。 どこにもグランディングできない状態になって「これしかない!」と賭けなきゃ変化は起きないし、これまでにない新しさ、今まで以上を越えた大きなものは手に入らないでしょう。 オーバーロード3ハウス 水瓶座オーバーロードは3ハウス。 ネット上でのコミニュケーションでは、クラブハウスが人気でウェブの流行の波に乗って盛んなようですね。 それに伴いインスタが蟹座の大衆化とし、50代以降の方も難なく取り込める方が多くなってきていたように思います。 私チャンネルの個別化が加速する中、人生のクラブ活動の場をネット上で見つけられた方は楽しいだろうし、そうではなくライトに楽しめない方は孤独を感じてもしまいやすいでしょう。 3ハウスはライトにただ知るだけが目的です。 ここには思想も哲学はいらない。 発信活動を有益な活動としたいのであれば、水瓶座が示すように、興味持った人の生涯ドラマを知ることでしょうか。 どのような環境でどのような思考を育てどのような行動を続けてきたか。 ここをしっかり押さえておけば、その人の発信内容の信憑性がいかほどのものなのかも理解しやすく、あなたに勇気や元気を与えてくれる言葉として受け取れると思います。 発信者のバックグラウンドを知らないまま内容をそのまま鵜呑みするのは危うい。このような1つの基準を持っていれば、情報疲れは起こらないのではないでしょうか。 自分も循環の一部になる 太陽は水瓶座サビアンは「切り倒されノコギリでひかれた樹木は冬の薪の供給を確実なものとする」 学術的知識+管理能力+文化性を巧みに組み合わすことができればどのような環境にいても、適応できる才能が発揮されるという意味です。(水瓶座後半度数は哲学的でむずかしい) 私たちは年齢を重ねるとともに、環境適応能力は落ち、慣れるまでに数ヶ月かかることも多々ですね。 これを超えるには、知性と自己管理能力と文化性が必要 知性と自己管理能力はわかるとして、文化性というのは、ここでは全体からの私の働き、在り方です。 簡単に言えば 私は朽ちていく運命です。それに対して抗うのではなく、どうぞ役立つように使ってくださいね、と個から循環の中の一部分として全体の養分になるということです。 そう、薪ストーブの薪になる。 燃料の一部になれば、寒い冬に確実に暖をとらせてあげることができますね。 アカシックリーディングは サービアンは、アカシックリーディングです。本に書かれている意味をそのまま丸暗記するのではなく、今のあなたの意識の在りようから解釈を広げてみてくださいね。 年輪を増す太陽に火星はスクエアそして冥王星とはセミセクスタイルです。 地球生活では私の太陽活動を広げようと副業に精を出したり、自己実現のために負荷をかけていこうとする流れにあります。また、深層心理では霊的な力を借りようとしたり、不安から不幸な結末を描いたりする方もおられるでしょう。 そういった個に没入するのではなく、社会全体の一部の私として循環法を考えてみる。これまで生きてきた私の年輪が多ければ、それだけ一人の人にでも多く暖を与えられることができるのだから、全体の栄養素となる働き方、在り方はできないかと考えてみてください。 若い人ほど水瓶座的 風の時代は意識の時代です。占星術を知らなくても、年齢が若い人ほど水瓶座的だと感じることが多々あります。悩んでいても割り切りは早いし、思考の切り替えもスピーディー。ひと所に留まっていないというか、感情をいちいちくっつけないから情報処理量が多く、水星進化も速いような気がします。 これもトラサタの世代的な傾向、情報社会との関わり方でしょう。この年齢の時に、私は何を考えていたかと振り返ると、恥ずかしいくらい幼い。 40代50代の私たちは、昭和の価値観を植えつけられているので深刻で、ウエットになりがちな傾向がまだまだありますね。深刻に考えるほどうまく行かなくなるし、真面目に構えるほどパフォーマンスも下がる。身軽になって生ないとね、です。では、次回は20日の双子座上弦月に✋ ...