本日がお誕生日の方めでとうございます。  2/6の星詠みを贈ります。満月に向かう調整として、ご参考になさってください。 アセンダント水瓶座ルーラー天王星2ハウス月・水星と小三角形未来に向けた私の世界作りに励むためには、自己価値を確認し、それをパーソナル天体である月と水星によって磨きをかけていきます。三角形が示すのは、私の与えられた環境の中での取り組み、小さな取り組みほど大切に続けていくことです。 自力を強化するには、あなたのネイタルホロスコープに示されている1・2・3ハウスの場で私を鍛えるしかなく、この何度も繰り返されるエネルギーの動きが 自力を強化し、私の生きていく力に変わります。この繰り返しによって得た力を、私の内側で感じるフィーリングをどんな言葉にして相手に伝えるかですが、天王星が示すように、私と同じ周波数を持つ人、私と同じ思想を持つ人と繋がればいいのです。ここを、すべての人になどと考えて自分を見失わないようにしてくださいね。 このようなマインドで発信したところで反応はないだろうし、自分であり続けていれば別の解釈も生まれてくるでしょう。 ただ、これが単なる自己満足なのか、そうでないかの違いを見分けるには、時間が答えを出してくれます。それまでは待つしかありませんね。 金星火星スクエア こちらもミクロコスモスの内的宇宙の促しです。 ミュータブルサインでこの揺れ感。この揺れ感が私の可能性を広げてくれる作用なら発展的だし、そうでないのであれば情報に埋もれ、社会の中で迷子になっていくだけでしょう。 私の直感とフィーリング。 これはどんなマニュアルやシステムよりも有効に働くのは間違いないけれど、現実の社会生活の仕組みと私の魂が求めているものとの乖離を把握できないのであれば、結局は無駄に動いて散財するだけで終わってしまうのかもしれません。 金星は土星冥王星ともセクスタイルで、社会の動向に対して反応しやすく、悲しみや不安に敏感になったところで過去のセオリーは使えないのだから、自分で新しく見つける必要があります。自分の喜びを自分で見つけることも、自立です。  誰かと出会ったから、誰かと繋がったから、私の世界が変わると、自分以外の他者に期待されないようにしてくださいね。これも自立です。 水瓶座時代は精神と経済の自立が必要とされていますが、頭で考えた時、このようにブログから大文字で読んだ時、多くの女性はとても大きなイメージを描かれることが多いように思います。 精神的自立とは、自分以外のものに期待を寄せながら「大丈夫だろう」と他力な気持ちで生きないこと。経済的自立とは、大金を稼ぐことではなく、自分で自分の生活確保ができる最低限のお金を得られる私になる、こちらをイメージされるようにしてくださいね。 毎日の暮らしは、ドラマのように華やかではないし、一夜にして理想が現実になることなどありません。星に意識をチューニングし、意図を込めて行動する。このマインドと行動によって宇宙の流れに乗れるのです。 水瓶座・太陽 水瓶座の太陽はアセンダントの少し上、私の太陽を生み出すために産道を通っている頃でしょうか。 難産であろうと安産であろうと、自力で生み出す自然分娩のほうが後々、すくすく育ちます。生みの苦しみを味わっているのなら、存分に味わってください。それも自然法則です。人工的な手は加えないほうがいい。 ここでいう人工的な手とは、情報をあたかも自分だと思い込まないこと、自分を押し込まないことです。 例えば、良妻賢母をイメージして、自分をジャッジしないとか。 良妻賢母といった言葉が生まれたのは、昭和の社会価値の産物です。このワードが山羊座の昭和とすれば、毒妻毒母は水瓶座ワードでしょう。これまでの世間の既存価値から離れた、インフルエンサー的な言葉ですね。 現実、私の知る限り、良妻賢母を目指している人ほど自分を責めて不幸です。 世に言う、毒妻毒母やっている人の方がご主人に愛されて大切にされているし、子供も自立心が養われて自分の世界を早くから確立しているように思います。独身であるなら、常に自分の意志を持って自己責任で生きている人は素敵に見えるようなものですね。誰しもが、私の太陽を生きることがアクエリアス時代の、平和の道だとわたしは考えます。引き止めておきたい恋人がいても、堅物の昭和男の夫がいても、自分で何も決められない甘えた子供がいても、私は私であり続ければ、周囲も期待することを止めて私であり続けることができます。これがお互いの自立の道。平和とは、あなたがイメージされているものよりも、ずっとシビアで厳しいものだとわたしは考えているのですがどうでしょうか。 私はこうありたい私はこう生きたい。このパッションは太陽の火のエネルギーなので、不安で消えてしまう火であってはならないのです。 自分に対して自尊心を持って生きている人は、相手にも敬意を示せるけれど、自己卑下しながら不安一杯生きている人は、相手に敬意を示すゆとりすら生まれないものです。この差も二極化、今後の精神と経済の自立においてどんどん開いていく現象となっていくでしょう。 9日の満月に向かうこの調整期間は、私の内側で感じる不安を未来の希望に変えていくために、自分の感情に没入しない訓練ですね。調整と書いても、本当に小さな小さな心の訓練を指しています。大きなことを願い描くほど、豊かな人生とは逆方向に向いていくこと、これだけは心に刻みながら、このブログだけでなく他の情報を得るときも、大きく引き算しながら自分の生活に即して理解されるようにしてください。私たちは小さなことしかできません。この重い肉体を引きずりながら、過去のパターンを繰り返してしまう、この癖を自ら調整しないことには、明るい未来は訪れないのです。 機能に配信したニュースレター私の太陽を生きる番外編 https://www.youtube.com/watch?v=QOCDfzh0Yj8&feature=youtu.be では次回は9日の満月に✋それまでは、定期配信するニュースレターでお楽しみください。 ...

本日がお誕生日の方めでとうございます。  2/2の星詠みを贈ります。満月に向かう調整として、ご参考になさってください。 牡牛座・上弦の月 ただ今サイトの不具合により、画像がアップデートできなくなっています。本日はホロスコープ画像なしでお届けします。 アセンダント牡牛座アングルに月が合私の自己価値とは何だろう? 2020年からは自立がテーマです。 そんな中で私の世界作りが促されていて、私の自己価値、私の才能に気づいて磨く必要があります。 これから副業を始めるにしても、起業するにしても、外側だけを整えたところで行き詰まるのは目に見えていて、私をしっかり確認しないと私の世界作りは不可能だし、社会で安定した場所は得られないでしょう。 自分で自分を認めていない間は、他者を受け入れることはできないし、仕事は全て人間関係なのだから、自信を持って仕事を提供することはできませんね。何より、お金を受け取ることもできません。 これはとても簡単なようだけれども、とても難しいテーマです。なぜなら私たちはお金の洗脳を受けているからです。そしてエネルギー循環から考えると、自己価値が完成するまでは、自己投資した分だけしか他者から受け取れないようにもなっています。 今の私たちを示す金星は、社会で認めてもらいたくて自由を目指し励む中、海王星から離れつつあります。夢から覚めて、現実世界を見渡せているでしょうか。 このブログは50代の女性に向けて書いているのですが、これからの仕事を考える時、足元を見ないで可能性ばかりを描いてれば、すぐにもシャボン玉のように消えてしまうのが現実ではないでしょうか。 ビジネスで例えれば、ノウハウやテクニックを教えてくれるところは、いくらでもありますね。それをそっくりそのままなぞって繰り返したところで、私以外の多くの人達が全員やっていることに気づかないと、海の中の砂粒と同じ。その中からあなたを見つけ出してもらうことは不可能です。 あなたにはあなたの星があり、その与えられた星の下でどう生きるかを考えない限り、結局は情報に流されてラットレースに参加することになります。焦りの中で一日を過ごしていれば、自分で自分を認めることすらできなくなるのです。 今回の上弦の月が示すのは、私の身体感覚を使って確かめていくこと。 自分に対する自己価値がどれほどのものなのか、その自分の価値をお金に換算できるために何を持っているか、です。これを確認して獲得できている自分になっていないことには、他者と愛の交換もできませんね。愛なり何かしらの与えるものを自分が持っていないと、相手から求められることはないし、寂しいからとくっつくだけでは、対等な愛の交換はできず結果的に依存するだけでしょう。 また、ビジネスではなく私の真実の愛、金星と海王星のコンビネーションから考えるのであれば、私のスピリチュアリティとは何か、そこにドラマをくっつけて現実から目を背けるために陶酔していないかと、自分に問いかけるようにしてください。 妄想が現実を生きるエネルギーになると俯瞰できるのであれば、積極的に夢を見ることで魂は元気でいられるけれど、現実世界とは別世界を自らのイメージで作り出すことによって、逃げ場を作り火星力を弱めてしまうことがあります。 海王星は、私ではなく私たちの集合無意識です。 このコンビネーションを扱えるのは、個人でなら多くの人達の感情を揺すぶらすことができる芸術家や俳優など、影響力を持っている人だけ。グループでなら同じ思いを持ち、互いを応援し合うピュアな愛のエネルギー循環によって見えない力を感じる体験を共有できるでしょう。 海王星の夢に侵食されやすい人は、隠れた場所で夢の背後に隠れている権力や支配力に動かされていないかに注意を払うようにされてください。 水瓶座・太陽 MCと合の太陽は、私の太陽を生きること私の太陽の世界を、社会に位置づけることを目指します。 今回の上弦の月は、節分の前日です。 節分とは節を分ける日で、これは冬至で確認した私の月によって、二極に分かれていくタイミングを指します。 自分のこれからの未来を考えた時に、当然意識は変わるわけで、それによって自分の放つ周波数が変わりエネルギーが変わります。 関わった人達の印象が変わるというのは、自分の周波数が変わったからで相手が変わったわけではありません。自分の放つ周波数とチューニングできる人とつながって関係性が濃くなったり、これまでの人とは関係が薄れたりするでしょう。 この体験を恐れないようにしてください。 目に見える現実の世界で問題が起きていたとしても、それは単なる浄化のようなものでそこにはすでに意味はありません。問題が起きているならむしろ放置して、自分のエゴで曲げないようにしていた方が物事はスムーズに進行していくでしょう。 現状の何か一部を壊さないと改革とはならないし、新しい未来へと繋がってはいくことはないのです。 また、社会は人間関係でできているのだから、自分の周囲の人間関係がどのように変化しているのかを観察すれば、今の自分を確認することができますね。 くれぐれも間違えないで欲しいのは、二極を上下分けと捉えないことです。分離していくだけ。分離して、くっついて、また分離して、くっついてを繰り返す中で、私の世界作りが完成されていくし未来に通じる社会のコミュニティが作られていきます。作られたからといって完成ではなく、生きている限りくっついては分離を繰り返します。2020年からはこのスピードが加速していくので、昨日とは全く違う生き方をする人、自分の世界作りに励み続けていたからこそ、一夜にして社会から認められる人など、昨日までのキャリアや職歴が全く考慮されない水瓶座時代ならではの展開が繰り広げられていくでしょう。2023年からは、これが社会全体に普通感覚として浸透していきます。今日もわたしの太陽を生きてくださいね。女性にありがちな月や金星に留まって生きていても、わたしの世界作りにはつながらないし、社会ポジションも獲得できないままになるでしょう。 サイトサーバーの移転により、2月2日の上弦の月の頃かもしくは節分の節入りのとき。一時的にサイトが表示されない可能性があります。ご不便をおかけしますが、ご了承ください。では次回は、フレッシュな回線に乗って節分後にお届けします。👐 ...