皆さま、こんにちは 京都アグ二の金子元美です。 お誕生日の方 おめでとうございます♥ 月は天秤座に まだ下弦の月の影響下の中にいます。   仕事は 人間関係によって作られるとしたら 職場の人間関係はもちろんのこと 天秤座の示す 夫婦の関係性によっても 仕事の影響は変わってもきますね。   射手座の水星は 尊敬の念を抱きながら 互いをサポートし合えるなら 片方が専業主婦(主夫)でも 豊かなパートナーシップとなり 豊かな人生となるのでしょう。   専業主婦はアリでも 専業主夫には まだまだ偏見のある世の中で 家事を仕事とみなさない 社会傾向が根深いのが現状で これも 男女という性の区別に対する一つの偏見ですね。   わたしの周囲でも少しずつですが 奥サマが働いて ご主人が家事をする そんな選択をされる方がでてきました。   水星・天王星トラインは 時代の波の変化と共に 新しい考え方ができると チャレンジ項目が増えていく。 トラインにバンジーは必要なく ゆるりと既成概念から外れていく 楽しさをおもしろがればいいのです。   わたしの人生はわたしのもので 他人がどうこうと評価する ものではないことをわかってはいても わたしたちはまだまだ 人目を気にしながら生きているのですね。   わたしの闇と抱き合う、蠍座の金星 火星・海王星のトラインを 愛のスタイルと捉えたら 人を想う気持ちにも性の区別はなく ノーマルでも アブノーマルでも そんなものはどっちでも良くて 肩書や義務から降りたところに 本物の愛があるのかもしれない。   これも体験した人にしかわからないし 来月に順行に入る天王星は わたしの生まれ持つ愛の感覚も 牡牛座に入る3月には確認させてくれるのだろうし また時代の流れと共に 他者を見て 新しい愛のスタイルを確認したりするでしょう。     太陽サビアンは、ハープを運ぶ天使 天使は天界の住人で ハーブは自然界のリズムを示します。   今は年末ということもあって ゆったりと 本来のわたしのリズムで過ごすことで わたし本来の目的 わたしの本来の在り方などを 確認できる頃でしょう。   わたしたちは身体リズムを無視した 社会リズムの中で過ごすと 量産を追いかけ 無意識の声が聞こえなくなります。   今、のんびりとした時間の流れの中で わたしは本来の生き方に沿った 生き方をしているかどうか それを知り軌道修正するタイミングにある下弦の月。   人生の目的とは わたしが人生の創造主となって わたしの太陽を生きること   野心や欲望を叶えることでもなく お金をたくさん稼ぐことでもなく 誰かを安心させ 誰かに褒めてもらうの生き方ではなく わたしがわたしで在ることに くつろぎ 心健やかに生きていくことなのです。     https://kyotoagnih.com/2018/11/14/mages/ 今月の金星お勉強を振り返っていました。 気がついたことですが、 あれから、金星実践していました。 モテるということだったので 女子と楽しく関わるようにしています。 成果は♡ 部内15人程度の女子の中から、1人の女子からは、手作りアップルパイ🍎get! 1人の女子からは、お土産get! 1人の女子からは、部内に配られるチョコを他の女子より多くget! モテております!     ほらね、モテるでしょ。 こうやって自分の星を知り わたしの描くように使うのです! 魔術師か魔女になれますよ! 1月は、わたしの太陽を生きる の、太陽がテーマです。     宇宙家族募集ちゅう♫ 1/11 自宅で初級レッスンやります。 後1名参加可能。   ★1/5 京都Run講座 ソーラーリターン検証 その後、リストランテでランチ会 (食事会だけの参加OK) ★1/13 お正月太り解消の比叡山ウォーク ★1/28 秘密の魔女会議 アカシックリーディングで闇を知って光へ 京都市内でお昼間の時間帯です ★2/3 京都長楽館アフタヌーンティー これからの1年の計画の立て方をアドバイス ★出張個別セッション 東京 1/17  1/19 名古屋 1/20    ...

皆さま、こんにちは 京都アグ二の金子元美です。 お誕生日の方 おめでとうございます♥ 月のサビアンは グループを楽しませているコメディアン 太陽は 六番目の部族の光が七番目のものに変質する どちらも初期度数で 純粋なエネルギーがパワフルに満ちています。 この満月に土星がTスクエア 夏に続いた日食によって 魂レベルでの繋がりが引き寄せられ 地球生活では 関係の終わりを 告げられるときとなりました。 別れは出会いのはじまり。 これから学びの友たちと結ばれていきます。 それは男女関係かもしれないし 職場の人間関係かもしれないし 交友関係の入れ替わりかもしれない。 昨日に説明した太陽サビアンの光が 7番目のものに変質すれば 行動したくなるし またせずにはおれないでしょう。 最初は月のサビアンが示す 誰かの真似でしかなかったことが 太陽の意志へと変わっていくのです。 前々からやりたかったことを やろうとするのではなく やったみたら面白かった! ハマった! という純粋なエネルギーによって 起こるものです。 下記の画像のように 蝶の数だけわたしの可能性はあり どれを開いていくかによって 人生の展開は変わっていくのですね。 Tスクエアの土星は 一人一人の土星の獲得具合によって 別れの質も違ってくるでしょう。 火星のトラインは未来志向で 新しい方向へとと引っばっても わたしにとって必要なものと そうでないものを間違えたら 時間の経過と共にしぼんでいくでしょう。 金星サビアンは、歯科の仕事 こちらも昨日と同じ 無理なことを技術で 越えていくというサビアンです。 火星・天王星とTスクエアで わたしの愛のスタイルを 貫こうとするけれど 金星は蠍座で深く傷ついていて 10月は逆行するため 傷をなぞり続け かなかな抜けられないでしょう。 この対比を 宇宙のうたで表現します。 相手の反応を見てから 次の言動を決めるわたし コニコニ笑ってお喋りし 次回の約束をして別れると 疲れだけを感じるのはなぜだろう。 相手の重荷にならないよう 相手を思い、考え 知らない間に 見返りを期待しているわたし。 誰といても、わたし不在 相手の反応に 反応しているだけのわたし 天秤グループを 楽しませているコメディアン。 わたしを披露して 6から7に変われば わたしは太陽を生きれるのだろう。 自分の意識が変われば 対人関係も変わる。 別れは寂しいけれど愛する人 ただ一人がいればいい わたしはどんな時も 希望を見失うことなく 生きていけるのだ。 わたしの愛し方には 悲しみがつきまとっているからか 愛するほど 相手は離れていくし 愛されていても どこか物足りない。 わたしの愛の価値観と 相手の愛の価値観には 大きな隔たりがあること 相手を変えても きっと同じ状況になること 心の中ではわかってる。 強く抱きしめて 安心させてほしいだけなのに 火星は金星を求めないで 太陽を求めている。 愛だけに生きる金星より 情熱を燃やして生きる太陽を 眩しく眺め 同志として信頼を寄せる火星の横顔に 嫉妬すら覚えるわたし。 わたしの太陽を生きないことには 牡牛座の金星も 天秤座の金星も輝やかず わたしの人生も発展しないのだろう 地球で生きる限り 人間関係によってしか 豊かさを得られないこと 人との別れによって 愛を知る満月なのです。 蝶は変容のシンボルです https://kyotoagnih.com/2018/09/23/2-4/ ...

皆さま、こんにちは 13番地の魔女の家 京都アグ二の金子元美です。   M魔女さま 最近とてもイライラしていて、ある人物の行動や言動が許せなくて、家でも職場でもつい愚痴ってしまいます。 職場に厄介なタイプの人が、(しかも全く同じタイプ)何人もいて、神経がすり減ります。 実はほんの何年か前までの私で、その姿を見るとイラッときてしまいます。 強い人はリーダーに、弱い人は金魚の糞に、上手い人は仮面の八方美人になるのは、もう仕方がありません。 自分に近しい人の場合、他人がその人の悪口?を言ってきても同調することはできないし、こちらとしては、最大限の守りに入って、その人を守っているわけです。 なのに、その行為を無にするような行動や、言動があるわけです。 そういう人との関係を消化できてないので、流されるままであってもいいので、うまく付き合える方法がないものか。 それと、恋人や家族ではない人間 関係の場合での、あちらの世界とこちらの世界の行き来っていう部分が、いまひとつどう捉えていいのかわかりません。     自分の過去の姿なら、その人がどうしてそういう言動をとっているのかが、よくわかるのではないでしょうか。 空気読めてない 相手の心情を察知できない それぞれの立ち位置わかってない そんなところでしょうか。 そういう人は、どこにでもいます。 あちらの世界とこちらの世界(精神と現実世界)を行き来しながら、M魔女さまは今のイラつく感情をなだめたいわけですね? わたしが守ってあげているのに、相手は何もわかっていない。わかってよ、何で、わかってくれないねん!!! そんな相手の言動を見て、ついイラついてしまう。 一度イラつくと、そこにずっとエネルギーを注ぎ続けてしまうから、パワーを与えてしまうことになり、更に目につき鼻につきます。🐽 なので、イラつき倍増。 日によっては、累乗されていきますね。 わたしが守っているんやで 感謝しろ わたしは、我慢しているんやで 少しは感じろよ ( ゚д゚)オエッ!? その態度かよ ここではそれ違うやろ ある程度の図式が自分の思考では出来上がっていて、そこから外れた言動を相手がとるから、イラついてしまうのだと思います。 これはもしかして、M魔女さまが完璧主義だからかもしれません。 現実世界では 相手は非常識で何もわかっていない人、人をイラつかせる鈍い人 あちらの精神世界からすると M魔女さまは相手の自由を認めていない人、相手をコントロールしようとしている人。自分の支配欲を、相手の非常識さに乗っけて、叶えようとしている、となります。 >こちらとしては、最大限の守りに入って、その人を守っているわけです もし、相手が 守ってくれとは頼んでないし と言えば、その場で猛獣になりますね?  誰しも魂は自由なのに、つい思考は、支配欲に乗っ取られてしまいます。 危ない危ない 引き返してくださいませね。 相手を支配しようと思ったら、依存させなければなりません。強いわたしでずっといないと、相手は言うことを聞いてくれなくなる。 これも疲れますが、支配する側もされる側も、結局は共依存です。 >強い人はリーダーに、弱い人は金魚の糞に、上手い人は仮面の八方美人になる これもそれぞれの立場での、自分の守り方で、生き抜いていく方法です。 自分の正義を持ち出して ジャッジすると 結局は、自分が疲弊してしまいます。 正義も人の数だけあるし 考え方も方法も違う それに 人は自分の見たいようにしか見ていません。 じゃ、放っておいて非情人間になればいいのかということでもなく、自分の中から出るから苦しくなるのです。 M魔女さま すでに自分に中から出て、相手の中に入り込んじゃってますね? 出てください。 そこは、自分の中ではありません。 相手の領域です。 相手の中に入って 相手を動かそうとするからイラつくのです。   イラつく人とうまく付き合うには 小手先で何かやってもダメです。 すぐに戻るし、感情は抑えるほど暴れます。 わたしは、夫に対してよくイラつくのですが、そんなときは家族単位で眺めるようにしています。 わたしにとっては、イラくつ人 けれど、娘にすれば大好きなパパ 息子たちからすれば 身勝手なおかんを世話してくれる稀な人 わたしとあなただけの関係だと わかってんのかー ええ加減にしてほしいわ、となるけれど 家族単位で眺めてみれば わたしのできないことができる人 親子の隙間を埋めてくれる人 わたしの魂を磨いてくれる人、となり 全体からみれば調和がとれているのです。 わたしの母は、福祉センターに毎日出かけ、麻雀やビリヤードなどを楽しんでいるのですが、いろいろな人がいて、中にはビツクリする人もいるらしいです。 そのビックリする人が、グループから抜けたとしましょう。 皆、心のどこがホッとして喜びます。 けれど、しばらくすると、また似たようなビックリする人、場をかき乱す人が入ってくるそうです。 その人を、教育しようとする人、ケンカする人、無視する人、意地悪する人、仲間はずれは可哀想とやさしくする人と、それぞれのタイプがいて、結局はその人をテーマにすることで、それぞれが持つ個性を発揮しながらの生かしあいっこ、調和というハーモーニーを奏でているのだと思います。 M魔女さまは、イラつかせる人を見て、過去の自分だと言いました。 過去のわたし、アホやわ 誰かさんをイラつかせていたんやろな 我慢してくれていて人、ありがとう 今頃、進化したはるんとちゃう わたしに意地悪した人 今頃、別の人にいじめられてるんちゃうやろか、と思っておけばいいのではないでしょうか。 今朝、FB投稿で美しい曲が紹介されていましたよ。 わたしたちは星 そして、ひとつです。 https://www.youtube.com/watch?v=3-u3rL6m35k&sns=fb     ...