太陽を生きるブログ

皆さま、こんにちは
京都アグ二の金子元美です。

2019/1/21は獅子座の月食を迎えます。

その日は、マイバースデー。

誕生日に月食が重なることは
そうそうありません。

生涯、経験しない人もたくさんいます。

わたしの知る範囲で
同じ誕生日の人が他3名

二人は出生時間は不明
一人はわかってる。

もちろんリサーチ中。

 

その方々のご報告は月食以降にするとして
本日はわたしのソラリタと
月食図を重ねたリーディングを
数日に分けてお届けします。

 

これがわたしのソーラーリターン図です。

略して、ソラリタ。

生まれた日の太陽に
トランジットの太陽が
ジャスト度数に乗る瞬間のホロがソラリタです。

これで一年間の運気を読むのです。

 

過去をさかのぼり
曖昧な記憶で検証できる範囲まで
チェックしましたが
ソラリタは、意図を込めて過ごさないと
実感できないことがほとんどでした。

 

エンタメ占いのように一年間の運気はどーなる?

と読んでも実感できることは少なく
そのような気もするし
そのような気がしないでもないような・・・

 

誰でも輝かしい未来を望んでいるので
期待ばかりが大きいと
後で検証したとき
トンチンカンな読みに失望するし

人生はナント平凡で
つまらないものなんだろうと落胆してしまいがち。

 

やはりホロスコープというのは
ネイタルと同じく
自分を知る道具であり
太陽意識を獲得しながら生きていないと
実感できることは少ないと思います。

 

では2019年のソラリタ読む前に
2018年がどうだったかの検証からします。

 

 

アセンダントは蠍座
ネイタルのアセンダントは天秤座なので
活動から不動でキープの年となります。

天体は3ハウスに集合し
5度前ルールを適用すると
土星も3ハウスとなり山羊座に5天体集合。

 

日常的なやりとりが増えることは
ここから予測できます。

 

水星・冥王星で
どれほどのやりとりが増えるのか

そこからわたしは何を学び集中し
自分の仕事に生かせるのか
それを楽しみに過ごしておりました。

 

3ハウスは移動の場所でもあり
山羊座で
仕事を通しての移動が増えるのだろうし
仕事のパターンも変えたかったので
そうなることを願っていました。

 

この水星・冥王星は
火星・木星
月・海王星によってTスクエア

 

火星・木星の社会的なチャンス
月・海王星の女神のサポートが
水星・冥王星に集まります。

 

 

わたしは太陽・水瓶座で
天王星が効いているネイタルです。

55年も生きていたら
自分の星の持つ癖というのは
嫌でもわかるもので
ブログにでもよく書いている
天体の癖付けというものですが

天王星は予測したら外れます。

 

予測通り、想定内だと
天王星の意外性は
起こらないことを知っているので
月・海王星はすっかり忘れることに使おうと思いました。

ソラリタ読んだけど忘れる。

 

そうでなくてもホロを読むとき
期待が大きいと大抵はハズレまちゃう。

おバカなわたしは
最初このコンビネーションを見たとき
月・海王星でチャネリング
あちらの世界が無尽蔵に知れると読みました。

 

落ち着いて考えてみたら
そんなことになったとしたら
地球生活では夢遊病者。

いずれ死んだとき
あちらの世界のことはわかるのだから
焦ることはないと気持ちを沈めて
得意の忘却に徹しました。

 

すっかりと
いつものように日付もわからなくなった頃

ネータル水瓶座の対抗サインである
獅子座の夏に
月・海王星の女神がお二人現れました。

魚座のタブルサインで、お二人

5ハウスで
わたしの創造力を抱擁してくださる人。

 

ソラリタの太陽は
天王星とカーディナルのスクエア

変化は求め続けていたし
予測していなかったから
いきなり現れてくださったし

現れてくださってからは
スピーディーに話しがまとまりました。

 

お一方は
スマホの電池の不具合により
わたしのサイトを発見することになり

もうお一人の方は
休めない勤務環境の中
お電話で話した翌日が奇跡の空きの日で

お二人とも京都まで
足を運んで愛に来てくださいましたヨ。

 

お二方の女神の申し出により
名古屋と東京講座がスタートしました。

 

これによって
仕事スタイルも変わり
移動に対しての意識も変わりました。(水星・冥王星)

京都→東京の移動は
通勤圏内という感覚。

 

今から十数年前のライター時代
打ち合わせに東京行くのも遠かった。

スマホのない時代だったのも
移動時間の長さを感じさせる要因だったと思います。

 

3ハウスの移動が増えることで
情報だけでは知れない
実際に足を運ぶことで知る見識も増えたし

コミュニケーションでは
どうだったかというと
多い日では一日40人近くとチャットしました。

 

最初はヒーヒー
ホント、死にそうだった。

毎日毎日、このペースが続き
臨界点を超えると
大変でも何でもなくなるのですね。

フツーになる。

 

そんなときに知ったのは
わたしの冥王星は40人レベルだということ。

教科書に書いてある冥王星の意味から
もっと
とてつもないものを想像していたけど
わたしの冥王星はこの程度

ショボい冥王星だなと感じました。

 

どの天体もサインも
人によって影響力が違うのは
やはり当人レベルのエネルギーしか訪れないということでしょう。

 

乗り越えられる壁しか訪れない

コレは本当。
でなきゃ、死んじゃうもの(・∀・)

 

 

 

Instagram